topimage

2019-10

そのつもりでケンカしている - 2019.04.12 Fri

鼻炎最悪。もう、鼻なんて要らん 状態だぞ。
偏頭痛するしねぇ。
薬飲んだら眠くてなにもできない。

ま、何十年の鼻炎キャリアでも苦しいときはある。
症状は治る。けれど体質はかわらない。
センセがこういった。確かにその通りだな。

鼻に栓ぼをしておきたい。
ティッシュの箱がまた軽くなった。
はっ、はっ、は〜〜〜〜〜〜〜っくしょん。もう...........

 19411-a3.jpg

Nikon COOLPIX P-900 というカメラには、
専属フードがついていない。後継機のP-1000には付いた。
で、ラバーフードを買ったが、これはワイド側でケラレあり。

なので、花形フードを発注しておいたが、昨日届いた。
それでいいんかい? ってくらい安くて、送料無料の584円。
余所では1200円もあったから、探してみるもんだ。

付けたが、ちょっと問題あり。
フィルターが極薄だった。ゆえにフィルターの前ネジが浅い。
花形を適当な位置に調整するには浅すぎる。

ま、社外品にはいろいろあるもんだ。
見た目はかなりいい。カメラに貫禄がついたって感じ。
と、まァ、自己満足。

 19412-zz1.jpg

「きりたんぽ鍋にしていい?」
そういえば在庫があった。
やらないと鍋シースン終わっちゃう。

豚肉、赤味噌仕立てが美味いねぇ。
オレ、鶏がダメだから........
なんでかな。毛穴ぶつぶつかな?

 ←click 

魚肉ソーセージもダメなのだ。
賄い付きアパートの隣が、セルロースの工場だったのだ。
例の学生アパートの蛞蝓の出る三畳間のね。

なんでもセルロースをつくる工場らしく、
それを添加物にして魚肉ソセージもつくっていららしい。
だから、稼働中はそのニオイがしていた。

まだオマケがあって、
家主のおばちゃんが工場に縁があるとかで、
朝が魚肉ソセージの炒めもの、晩がおなじく.........

当時で、賄い付き4000円の下宿代は安かった。
ま、1週間のうち、5日はこれ。
結果はおのずとわかるよねぇ。あれ以来大きらい。

たまにバイト代はいったときの、
カドの定食屋のアジフライ定食の揚げたて衣に、
ジューって音立てるソースの美味かったこと。

キライなものに歴史あり。
なんか、理由 (わけ) はあるもんさ。
頑なに食わないってほうも意固地もんには違いないねぇ。

 19412-zz2.jpg

昨日の雨で森の梢が洗われて、鮮やかな緑になっている。
そう、季節は桜から新緑に向かう。
小一時間、カメラもってうろうろしていた。

隣の瓦屋根にスズメが2羽。
ピント合わせて、表情待ちしているとおペケがきて、
「なにかいた?」って無神経にのぞくから「くるなッ」。

「ほら逃げたじゃないか」
雨上がりは鳥たちもうれしいようで、
スズメがハシャいでいる。

ツバメがビルとビルの間をツバメ返し。
カラスまでが浮かれて飛びまわる。
オイら偏頭痛で最悪。は〜〜〜くしょん。あ、みな逃げたァ。

 19412-zz3.jpg

朝ご飯食べてきて、ぼけぇぇ...................
正気になってここまで書いたら、
あらららァ、なんと12時まわってるよ。

昨日の「てんちゃら.........」はおやすみ。
毎日書くって義務感みたいなものが薄れてきて、
三日にいっぺんでもいいかなって思う。

集中力がないんだなァ、
予定がなかったら、その日のうちにアゲりゃイイ。
シャカリキに書くこともないや。

なんだ、このええからべぇはッ。
ふふゥ。
終わってもいないのに眠くなってきたァ。

 19412-zz5.jpg

もうじき丸4年になるぅ。はやいもんだな。
むかしから「夫婦は空気みたいなもん」だっていう。
これって、どーでもよくなるって意味か?

違うよな。
たしかに阿吽の呼吸はできてくるから、
それはそれでいいかもしれないのだが、なんかひっかかる。

ほんとは空気になっちゃァ、駄目なんじゃないか。
お互いの存在を認めあい、慈しみ合わなくてはいけないんだろ。
とくにシニア以降はねぇ。

オレたちにとっては、かけがえのない歳月なんだ。
今日一日を一緒にいられることを大事にしなきゃァ、
とオレは思うけれどなァ。

ときどき壮大なケンカをする。
「え、ケンカするの?」とどなたかがいわれた、するんだ。
あ、回数は圧倒的に減っている。

ためといちゃいけないから、なにかに躓いたら吐き出す。
で、お互いに自分の非は認めて詫びる。
これが肝心。お互いのギャップを埋める荒技だね。

はやく「K・Y」になりたいと思う。
「空気が読めない」ではない。
「空気の揺らぎを読む」なんだねぇ。

相手の空気読めなきゃダメだねぇ。
オレも天守関白ン十年、あちらも独り身暮らしン十年。
これを埋めるには荒技しかない。

まさかの定年離婚、あるいは熟年離婚がいわれる。
よもやの三行半をつきつけられて、
どーしてだ? オレが何をしたッ? って慌てるっていう。

つまりだねぇ。
それが、なぜかわからんお人だから、そうなる。
いつまでも、いままでのままでいようとするから、そうなる。

なにも感じなかったら、そりゃ鈍感過ぎるけれど、
その鈍感にどっぷり浸かりきって、知らぬはオヤジばかりなり。
で、不意打ちは卑怯なんじゃないのかぇ、っていっても遅い。

そりゃ女房殿の仇討ちだもんな。
積年の恨みはらさでおくものかァ、ってな。
なぜ、そこまでゆくのに心の内の不満を話し合わないのか。

あ、その反論も、オレ、わかってるよ。
まァ、どっぷり浸かった亭主は、
妻の胸のうちなどなにも知ろうともしない、のが世の常。

まさに、知らぬはオヤジばかりなり。
こうと決めたら妻は強い。女は強いぞ。ほんと。
世間体がなんていわないよ。

いくつかの熟年離婚したというBlogも読ませていただいた。
離婚も、再婚も、まずは経済力なのだねぇ。
オレたちだって踏み切れるかどうかは、それだった。

その憂いがなかったからこうしていられる。
できればフィフティであれば、それにこしたことはない。
どっちかが頼るってのもむつかしいかも知れない。

で、もう、思いをタメてる歳月はない。
ことあるごとに吐き出して、ぶつけあって、摺り合わせる。
そのつもりで、ケンカしているよ。

離婚したって、再婚したって、
どっちにしたって老いることからは逃れないのだ。
迎えないわけにはいかないのだ。

大切なことは、その日々をどう迎えようかってこと。
ここまでの来し方がは様々であったように、
どう迎え、どう過ごすかも様々なはず。

ひとついえることは、
それに決まった尺度はないってこと。
他人は他人、自分たちは自分たち。これは当たり前。

ま、あたりまえのことだが、
とかく決めたがるのが世間っていうもの。
だから「我」は必要だな。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほな..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️ほかのブログ更新はこちらからどうぞ!!
⬅️簡単メッセージはこちらへ
⬅️コメントをどうぞ。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

そして人知れず消えてゆきたい «  | BLOG TOP |  » 食うや食わずのボンビー野郎だった

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する