topimage

2019-09

うわァァ....... とパニックになりかける - 2019.03.28 Thu

なんかはっきりしない天気。白い雲が覆ってる。
風が強い。おかげでオレの鼻は朝からぐしゅぐしゅ。
薬飲めばいいが、2日は効いてるからねぇ。

浜北区の万葉の森公園の桜を撮ってきて、
それの現像で、昨日一日が過ぎた。
ま、いつもながら桜は撮るのがむつかしいのだ。

昨日は風があったので、これはっていう自信作が、
ありゃァ、微妙にブレている。
ボツにしょうか、迷っているのも愉しいけれどね。

 19328-a3.jpg

風があるからスズメたちがまんまる。
そうか、おまえたちも寒いか。
うん。エアコン入れよう。

「ねぇ。これ、子供の顔にみえない?」
と、おペケがいう。
見えないこともない。加湿器のダイヤルがね。

いまおペケは先代のMacを使っているが、
これのマウスはワイヤレス。
だから、昨夜もマウスを床に落とす。

ごちん
「こらァ」
音がするから書斎にいても眠ってるのがわかる。

ゲームやっていて、寝落ちしてる。
だんだん腕が下がっていって、
マウスだけテーブルから落ちる。

そんなに眠たきゃ、寝ればいいのにィ。
って、これが気持ちいいのは知ってるからね。
マウス壊すと、Macは高いよ。承知しといてぇ。

 19328-a4.jpg

いい匂いがする。
オレのキライなニオイじゃない。
なんかムニエル系だな。

ニオイがして、急に腹がへった。
歩いてきたせいか、空腹感があった。
タラのムニエルだった。うまかったァ。

 ←click 

妹の送ってくれたイカナゴの佃煮がある。
あったかいご飯の上にのせる。
これがあれば......... オレはシアワセ。

 19328-aa1.jpg

パソコンデスクの向こうの三つ並んだ本棚の隅に,
オレが大事にしている昭和のモノが飾ってある。
このカメラはMINOLTA SR-7 といい、昭和40年に買った。

初めて買った一眼レフ。
使えないんだからゴミだが、ずっととってある。
そういえば、娘が高校生のときにも写真部でつかってた。

露出計がカメラ内蔵になりはじめた頃で、まっしろけ写真は激減した。
その次のボーナスで現像用具一式を揃え、
週末の夜は風呂場にこもって、現像、焼き付けをしたのだ。

以来半世紀、カメラもずいぶんと進歩した。
小学生で父親からもらったフシカシックスより始まって、
何台つかったかしらないけれど、このSR-7が原点。

でもねぇ。
ゴミはゴミだ。売っても1円にもならない。
おいといてもしかたがない。が、捨てきれない。

 19327-mm07.jpg

オレは漬け物が大キライだァ。
それがなにが悪いィ。
日本人だって、たくわんキライなヤツはいるんだ。

でもねぇ。
そのマイノリティに連れ合うとなると漬物が食べられない。
前任者も食べられなかった。

あのころは単身で家を空けたから、
その間にナイショで食べていたらしい。
で、帰る3日前に電話すると、気配は一切消えていた。

それで、おペケも一切食べられないのだ。
「漬物なくてはダメっていうほどでもないしィ..............」
よくしたもんだな。そういう人と巡り会うんだ。

 19327-mm19.jpg

オレねぇ。せっかちで、閉所恐怖症で、水が怖くて、
ちょいデブだし、いいとこあんまりない。
昨日もシャワーしていて、水を顔に向けられない。

6歳で暴れ天竜川の渦に呑まれ、死にかけてから水がこわい。
一応は泳げるけれど,顔を水につけるのがイヤだから、
日本の古式泳法みたいな抜き手しかできない。

たぶん、20mがやっとだと思う。
オレの遺伝子を多く受け継いだ下孫が中学でバタフライの選手で、
県大会までいったっていうのは、誰の遺伝子だろな。

あ、オレのは後天的なトラウマか。
あの真っ暗な流れの底へ引き込まれてゆき、
気絶する瞬間の記憶がしつこく脳味噌に残っている。

あのときに、すぐ傍に筏師がいなかったら、
この「てんちゃら........... 」もない。
材木の筏流しの職人さんが、鳶口でひかっけて助けてくれた。

だから、シャワーにいって、顔を洗い、
湯を顔にかけたら、うわァァ....... とパニックになりかけて、
あ、オレ、いまでもダメなんだなって思った。

たぶん、エレベーターへ1人で乗れないっていう閉所恐怖症も、
あの気絶する瞬間の恐怖に起因していると思う。
暗くて狭い所へ引き込まれていった、あの.........

キレイなお花畑を歩いていった。
後ろから呼ぶから振り返ったら現世にもどった。
なんて、なんにもなかった。オレの場合は.......

死ぬときは、脳内からアドレナリンだっけ?
大量に分泌されるからなにも苦しくないという。
だから、そのときに花の溢れた道を歩くんだろうね。

たいがいの釣りはこなしたけれど、
たったひとつだけ、鮎の友釣りは上手になれなかった。
あれはねぇ。水にはいっていかないといけない。

膝から上に水がくると、
なんかしらん、足が震える。
これじゃ、鮎のいるところまでいけない。

それ以上、上達しようとも思わなかったが、オイらの弱点。
そのくせ、海は平気だったね。
なんだろう?

てなわけで、
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

そのまた向こうの昭和は遠くなりにけり «  | BLOG TOP |  » 公園でランチもたまにはいい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する