topimage

2019-09

公園でランチもたまにはいい - 2019.03.27 Wed

新聞にあちこちの 桜開花状況 が載る。
毎年いちばん先にゆく万葉の森公園へ。
車で走ってゆく途中はなにも咲いていなかった。

え、大丈夫かぇ?
で、公園への急坂上がると、おう、咲いてるゥ。
急坂の急カーブの枝垂れ桜、不動寺の桜も満開だった。

桜の下のベンチでランチ。
うちで食べるのも、花の下で食べるのも、ランチ。
どうせなら、花の下がいい。

不動寺へ下りてゆくと深山躑躅が満開。
階段の上のは樹勢が盛りを過ぎたようだが、
境内に木は見事に咲いていた。

お不動さんにお詣りする。
願掛けお不動さんで、おペケが願いごとをしたとかで
くれば素通りはしない。

それほど信心深いわけでもないが、
2人とも素通りはしないよ。
どこへいってもお詣りはしている。

 19327-my01.jpg 19327-my02.jpg

「支度はしてあるから......... 」
そういいおいて、おペケが歯医者へいった。
予約が4時30分なので、当然遅くなる。

 ←click 

オレね。
おひとりさま9年ですっかりお惣菜好きになってるから、
たまに手抜きしてくれると喜んでるんで..........

晩ご飯食べ終わったら7時30分だった。
花粉症の薬飲んでるから、すぐ眠たくなって、
珍しく居間の定位置ソファーで眠った。それにしても眠い。

 19327-my05.jpg

オレには、抗生物質後遺症の難聴があるわけだが、
これには耳鼻科のセンセもわからぬ三半規管の不調があって、
なんかの折りに目眩がしたりする。

だいたい結核の特効薬とわれた3種混合は、
オレが服用した頃には副作用もとれていなくて、
結核撲滅に効けばいいってもんだったらしい。

なので、その3種類のうちのストレプトマイシンというのが、
聴覚障害につながって、ストマイで耳がダメという人が多かった。
オレもそれなのだが、聴覚は障がい認定スレスレ。

ところが、三半規管に影響するのがいちばん辛く、
酷くなるとメニエル症候群で謬員しなくてはならない。
おペケが一昨年やったメニエルだよね。

オレの場合は起因があって、
そのうち2回はとんでもない荒天に船に乗って、
けちょんぱんに船酔いしているのだ。

つまりは、バランスをとろうとして頑張る三半規管だが、
その挙げ句に異常を来すってこと。
ま、船酔いには、とことんどうしようもなく弱いのだ。

それと、木の芽どきというヤツ。
春先に、体調が悪くなってどんな検査をしても、
原因がわからないのだが、ま、これもストマイ後遺症。

センセも不定愁訴というしかなく、本人はたまらなく辛いが、
傍の人にはそれがわからない。
これで、オレもだいぶ苦労を重ねてきた。

本人はどんなに辛くとも、世間からみれば怠け病。
いまでこそ理解が進んできたらしいが、
オレが脱サラせざるを得なかった一面はここにあった。

 19327-my06.jpg

その船酔いねぇ。
釣船の船頭さんでも、オレも弱くってねぇ、という人もある。
若いときに遠洋のマグロ漁船に乗って、えらい苦労をしたっていう。

それで「こんなもん慣れだな」という。
たしかに、長いこと船に乗ってるうち、それなりに慣れてはくる。
それでも、ちょっと海が荒れてきて、舳先がばたんばたんすると、もうダメ。

オレ1人が船酔い地獄の入り口を徘徊することになる。
ま、それでも竿は絶対に放さない。
唇からよだれの糸ひきながらでも釣りはする。

こんなもんねぇ、なんぼ修業したって、治るわきゃァない。
酒に弱いヤツはどこまでいっても弱い。これと一緒。
女に弱いヤツは、こりゃァ、オレの専門外だからしらん。

 19327-my04.jpg

デジャブ (既視感) ってヤツ。
オレはこれがよくあるんだ。むかし見たことがあるぞ。
っていうアレだね。

赤電線路の踏切で一旦停車したら、
チンチンチンと停められて
電車がくるまで、列のいちばん前で待っていた。

遮断機の向こうに、さっきの夕立の消えかかった虹が見えた。
あ、いつか、こんな光景見たなって思った。
別に、それに感慨があったわけではない。

亡き人といつかどこかへいった帰り、こんな光景をみたんだ。
そういう記憶の断片がよみがえる。
2人でみたという、なんでもない日常の記憶だね。

おペケとの、そういう蓄積は、まだ少ない。
が、確実に2人の軌跡は重ねている。
「あのときにこんなことが.................」

そういいあえることが、
4年は4年なりに確実に増えているのだ。
記憶の共有だね。

チン、チン、チン。
踏切の電子音が鳴っているあいだ、
そんなことが脳裏に浮かんだ。

ゴォーと電車が通過して、
その光景を連結2両分だけ遮って、われに返った。
そうなんだよ。

連れ添うってのは、こうしたなんでもない日常の記憶を、
共有するって間柄なわけなんだな。
そういう積み重ねが、2人の年輪なんだ。

このまえ、お寺へいったとき門の仁王さまをみて、
「あ」「ん」の口元をみて阿吽の呼吸の謂われをひとくさり。
阿吽って、つまりは積み重ね。

 夫婦生活は長い会話である。

こういったのはニーチェだけれど、ま、その通り。
ま、阿吽までいかなくとも、
お〜〜〜いといったら、うん? と即返するくらいにね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

うわァァ....... とパニックになりかける «  | BLOG TOP |  » 秩序ってものはしばしば理不尽を伴う

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する