topimage

2019-09

正義の反対はもうひとつの正義だからね - 2019.03.03 Sun

今朝は小雨から曇り 。3月はこんな日が多い。
当地では、2月は案外と三寒四温のポカポカ陽気。
3月は雨が多くて、ときには前線が居座って菜種梅雨になる。

桜がァ................. と気を揉む季節なのだ。
ちょうど冬型気圧配置と夏型と変わる過渡期で、
天気が急変することが多いから、海難事故は3月に多い。

で、今日は3日だから亡き人の月命日。
丘の上へゆく日だが、明日にした。
雨はそれほどにないが、そのついでにパソコン修理屋へ寄る。

修理屋は日曜日は休み。
朝の仏壇で「ごめんな、明日行くよ」といっておいた。
おペケのWindowsの修理診断にゆく。

直るものなら直して、win10にOSもアップ。
新しく買ってもいいのだが、
なにせノートパソコンは高いからねぇ。

 1932-a1.jpg 1932-a3.jpg
 ↑ 夕方の飛行機雲

パブリカは生で食べるものだから、
お隣の磐田産を買ってくるとおペケも気を付けている。
とかく噂のある某国産は避ける。

「あなた、野菜食べないじゃない」
といわれると、ま、そりゃそうだけれど、
おペケもあの手この手で、オレに野菜を食べさせようとする。

まるっきり食べないわけじゃないが、
一人前は勘弁してぇな............... ってことだからね。
ちょいとつまむくらいで、ごかんべん。

 ←click

ピーマン好きだよ。シシトウもね。
新玉葱はとくに好き。キャベツは大好きもりもり食う。
おひとりさま料理ではよく食べてた。

だからさ。
でてくるものによってだわな。
な。

 1933-a1.jpg 1933-a2.jpg

イジメによる児童の自殺が後を絶たない。
あれはなんだろう。オレたちの時代には?? あったのかな。
貧しかったけれどねぇ。自死したはなしはあまり聞かなかった。

そうだな。
大人は戦争から命からがら戻ったんだし、オレたちだって、
爆弾や焼夷弾の落ちてくる街で生きのびたんだ。

それまで、死はすぐ隣にあった。ほんと。
けれども、終戦で生きる喜びを知ったのだ。
生きるってことの大切さを知っていたといってもいい。

だから、オレたちは辛くても、
死んで、それから逃れるという発想はしなかったのだな。
案外とけろっとして、逞しかったのだ。

食うもん、なくたって、イタドリやセリを採ったり、
タニシやドジョウや、イナゴも食べた。
芋ばっかりのご飯だって、食べられたら上等だった。

生きる喜びってものが、身近に感じられた。
死んでしまったらなにもならない。
生きていたからこそ、こうして未来に喜びが持てる。

大人も子供も、そう体感していた。
頑張ろう。もっと豊かな社会になるように.............
そんな喜びを、1964年のオリンピックでは謳歌したのだ。



オレたちの子供頃を考えてみると、
日常的に、それぞれの仕事をする大人たちに尊敬の念があった。
つまり、それは父親への尊敬でもあったのだ。

小学校の奉安殿は壊されたが、
通学のときに神社の鳥居の前では立ち止まって、
ひょこんと頭を下げたし、すれちがう人に元気に挨拶をした。

世間ってものが、そういう仕組みだったのだ。
悪さすれば、隣のおばちゃんにだって、こっぴどく叱られた。
コイツゥと学校ではセンセに小突かれもした。

オレたちガキは遊ぶのが仕事で、
真っ暗になるまで外で飛び回っていたし、
代々のガキ大将が、その子供なりの秩序を教えたのだ。

取っ組み合いのケンカで痛みを知って、他人への手加減を覚えた。
喧嘩の挙げ句に、たんこぶつくって帰ったって、
カァちゃん笑って「今度は勝つんだよ............」てすませちゃった。

オレねぇ。下町生まれだからね。
玄関なんていつも開けっぱなし。
昼間は、近所の目がカギみたいなものだ。

「ちょっとでかけくるからね、たのんだよ」
「あいよ、いっといで.......... 」

夜だって、引き戸に「心張り棒」を買うだけ。
これが、いつのまにか、いつも閉ざされるようなった。
分厚いドアに変わり、プライバシーなるものが個々の心も閉じた。

そんなこと、爺ィがいったってな、時代が変わったんだ。
しかたあるまい。ま、そうだな。
すぐに、こんな社会になったわけじゃないからねぇ。

 

なぜ人はブログを書くのか?
そして、自分自身を暴露しつづけるのだろうか。
ある人がその理由をこういっている。

 収入のため
 承認欲求のため
 書くのが好きなため

1つめはアフィリエイトなどの収入が発生する仕組みのため。
あるいは芸能人Blogのように多数のアクセスを集めることで、
広告収入が発生するシステムのため。

2つめの承認欲求は、食欲や性欲とおんなじ、
人間の根本的な欲求なので、誰しもがもっているといわれる。
人に認められたいと思わない人はいないらしい。

3つめは、そのまんま、書くことが好きだっていう人。
オレ、③が70%、②が30%かと思う。
書くのだから、リアクションが欲しいのはあたりまえ。

ここなんだけれどね。
書くのは自分の脳内作業だから、自分の思ったことを書く。
が、100人いれば100人の考えがある。

当然ながら、真逆の考えもある。
その場合に、自分の思惑を押し付けて、ねじ伏せようとして、
自分だけの「絶対的価値観」を押しつける現象が起きる。

あ、この人はこんな考えをもっているのだな。
それはすぐわかる。
ま、そう思ったならば通りすぎればいいだけのはなし。

ところが、カギコメなんぞで、ひと言投下してゆく。
けっこうあるんだ、これが。
オレは、ありがたく承っておくよ。

わざわざ手を煩わせてくださる。
ありがたいではないか。
あ、そうか。そういう考え方もありなのか。

正義の反対は、もうひとつの正義だからね。
コメントには得ることが多い。ときには目から鱗もある。
リアクションがあることはうれしいに決まってる。

なかには、お相手の心証を損なわぬように、
返すのがタイヘンで面倒だと思う人もいる。とくに女性にね。
怖いっていう。

コメント欄のクローズはこんな理由らしい。
もったいないと思う。
せっかく多くの人と接する機会なのにねぇ。

なかにはブーメランは連投するのだが、
コメは閉ざすっていう人もいる。
無視がいちばんだが、人ってのはかまいたがるのだな。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

些細なれども心が安堵する «  | BLOG TOP |  » 寿命があれば長生きできるゥ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する