topimage

2019-09

寿命があれば長生きできるゥ - 2019.03.02 Sat

どこかへ 行ってくる と、まァ、よく眠る。
2人ともね。おペケは21時台にベッドへいった。
オレも日が変わるまえにパソコン閉じた。

疲れるっていうほどの感じはないし、足も痛くはない。
ま、外に出て、いい空気を吸って、多少は歩いて、
身体の代謝がよくなるんだと思っている。

帰ってきて、撮ってきたデータの現像。
カメラ2台で350枚ばかり。
これで週末2日間は遊べるな。

舘山寺大草山しだれ梅園と大山の河津桜。
これに新しいカメラと、新しいレンズで挑んだわけで、
発見がいくつかあって、多少の写真の変化がうれしい。

現像が愉しいな、ってのは滅多にない。
Nikonのマクロ設定、SUGMAレンズのツボ。
これが今度の撮影をわくわくわさせた。

なるほどね、という成果は感じられた。
すると、また新しいレンズが欲しくなるわけだ。
どこまで続くレンズ沼ぞってのだ。

SIGMAのカミソリマクロの2代目は、
Kマウントをだすのか、ださないのか。
ださなきゃ、旧製品を抑えるけれどねぇ。はっきりしてくれぇ。

 1932-u01.jpg

でねぇ。夕餉どきにイイ匂いがして、
匂いに誘われて書斎からのこのこ出てゆく。
「すき焼きだよー」

 ←click

「ん。 白ネギは??」
思いつきのすき焼きだから、ネギの在庫なしだという。
おペケはネギにこだわらない。

オレにはネギがないすき焼きは、すき焼きじゃない。
ま、それ以上はいわないよ。
「肉いっぱいあるから、どんどん食べて....... 」

ヘンな時間にサンドイッチ食べて、
腹減ってないかと思ったら、食べたねぇ。
久しぶりに、肉をどんどん食べて、ぶはァ、食ったァ。

 1932-u02.jpg

「なにかにつけて、いいところよ」とおペケが友人に電話している。
ここに住まいをみつけたのは、
これから先をどう暮らすべきかを考えたつもり。

前の住処は、平成大合併前は隣の市との境で郊外だった。
合併後は都市ドーナツ化現象のド真ん中にあって、
車であれば20分以内に、大型ショッピングモールがいくつかあった。

だから車で走れれば便利。
それぞれの構成の違いが愉しめたのだが、
そのかわりに近所の商店のほとんどを飲み込みんでしまった。

便利だったご近所スーパーや肉屋、八百屋、酒屋まで、
次々とシャッターを閉めてしまい、
ちょいと買い物袋提げて、晩のおかずをなんてのを失った。

ここには、まだそれがある。
あ、あれないわ。ちょっといってくるね。
それが,この街には存在する。

 1931-o15.jpg

同じ県内でも、頑なに大型店舗を拒み続ける従来型都市もあれば、
この街のように無秩序と思えるほど受け入れてしまって、
その結果としての中心街の過疎を嘆いている都市もある。

これは全国的な地方都市の傾向ではあろうと思うが、
オレが、あの郊外の長閑さを、そろそろ脱出しようとしたのは、
そういう買い物過疎の状況からでもあったのだ。

で、公共交通機関というバスも、路線と本数がどんどん減り、
車がなかったらなにも買えない買い物難民になりかねない。
これを味気ないと思うけれど、流通の変化だからしかたがない。

一方では、ストトコじゃなかった、コストコも受け入れて、
消費者は選択の余地がますます大きく広がったわけだ。
賑わいの拠点がドーナツの輪にいくつかある。

これは他県からも人を招き入れている。
大型店を拒否し、なんかしらん、物価競争もないって環境は、
のほほんとしていいかもしれない。

消費者がそれでよければのはなし。
どっちもどっちだが、やっぱし選択は多い方がよかろう。
が、オレたちもいつまでも動けるわけじゃない。

それで主婦のいうこと優先し、これから先の便利さを考え、
人口密度が高い、人が大勢住んでるドまんなかへ越してきた。
街道筋に従来型の小売店がならんでいる。

それでいて15分以内に中型ショッピングモールがいくつかある。
「なにかにつけて、いいところよ」というのが、
とりあえずの成果だな、って思う。

 1931-o13.jpg

まだ、オレがおひとりさまだったころ、
たまには娘が買い物を誘ってくれて、いっしょにゆく。
ま、母亡きあとの娘にとっては、父との束の間の交流だった。

東北地震が落ち着いて、あちら方面の野菜がではじめたころだった。
スーパーに、宮城産キュウリが山積みになっていて、
安かったけれどまったく売れていなかった。

それで娘に聞いてみた。
「これって大丈夫かなァ」
「害があったとしても、でるまでに、おとーさんはいないよ」

だから食べてあげなさいな.................. っていうのだ。
なかなかに娘とは思えぬ非情な言葉だったが、
ま、考えてみりゃそうだな。で、キュウリを買ったんだ。

即効で身体に害がでるならば避けたいが、
ある程度の蓄積があって害がでるものは、いまさら食べたって、
どうこうはないかもしれない。

疑わしきは控えるべきか。
これは、オレたち老人にとって由々しき問題である。
ま、どっちみち先はそれほど長くはない。

産地や添加物みて、それほど悩むこたァはない。
おっちぬときは、なにしたっておっちぬ。
寿命があれば長生きできるゥ。

で、むかしほどに、美味いもん食べたい、って欲もない。
別に高級料理でなくてもいいんだし、
以前は自分の釣ってきた魚の料理が最高のご馳走だった。

原点はバァちゃん料理で成長したってところにある。
もっとも、あの頃は洋物といったって、せいぜいがうどん粉のカレー。
ゆえに日々の「あァ、美味かった」といえるもので満足だな。

欲しがりません、勝つまでは..........
という戦中スローガンのなかで、この世に生を受け、
戦後の飢餓のドまんなかで成長してきたオレたちだからね。

尾畑先輩にも通じるかもしれないが、食べられるだけでいい。
いまどきは、インスタ蠅という。
ま、インスタ映えばっかし追ってる連中への皮肉だな。

注文しといて、写真撮ったら、食べないってバチあたり。
平気で食べもの粗末にするっていう。
オレ、バァちゃんによくいわれたもんだヮ。

「食べるもん、粗末にすると目ぇ潰れるぞ」
たかが「イイネ」がほしいために、食べ物粗末にする。
そのくせ、なんかしらん、食べるまえに手をあわせる。

あれってなんのオマジナイだ??
つくる人への感謝とちがうのか。
いつの時代も、食べものを粗末にしちゃいけないよねぇ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

正義の反対はもうひとつの正義だからね «  | BLOG TOP |  » 今日もこれだったから明日もこれでいい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する