topimage

2019-09

ひそかにオレは天才ではないかと - 2019.01.24 Thu

イイ天気だな。天竜川の水源 は大丈夫なのか?
降雨がないから心配になる。
空は真っ青。それほど寒くはない。

起きてきて、おペケの顔を見て、
「どんな具合??」
「ちょっと熱があるゥ」

「寝てればいい、オレがやる」
「まだ、大丈夫」
「寝ろ」って喧嘩だわ。

無理するからいつまでも治らない。
「それでは寝ます。手伝ってください」
って、和室へ布団を敷き、部屋温めて、テレビつける。

この人は頑張っちゃうからね。
あとは任せて、1日ぐっすりと眠ったらいいのに。
そんなことしちゃいられないって.......

 10119-a07_20190124111518686.jpg

「夕ご飯はスパゲッティでいい?」
「オレはラーメンで.......... 」
ま、こんなときはなんでもいい。

インフルエンザでなくてよかった。
2人で寝込んだら最悪。名古屋時代に経験した。
1週間後に、やっと70m先のコンビニへゆけた。

あの苦しさは忘れられないから、自重して寝てくれという。
「あなたのいうことわかるけど、そうもしてられない」
って、頑張るんだな。

 ←click

「寝てしまえ」
「そんなに酷くありませんッ」
いつまでやるんだろ?

 10119-a06_20190124111517cf8.jpg

威嚇飛行、6日間で3回。
韓国軍当局の発表なのだが、今日、その動画をだすそうな。
日本哨戒機が60m:の低空飛行をしたという言い分。

日本側は、通常の法規以内の飛行であると発表。
もう、「おまえのかーちゃんでベそ」になってきた。
で、岩屋防衛相には省内、自民党内から強くでて欲しいとの声がある。

「大局的には未来志向の日韓関係が大事だ」などと融和的だからで、
これで、部下の信頼をつなぎ止められるのか、
との懸念が上がるのは当然だろう、韓国が変質してきているのだからねぇ。

 ご苦労なことだね。
 後は米国を敵に回しさえすれば完全に四面楚歌が完成する。
 もっと頑張れよ。

韓国内のネットコメントがこれ。
日本国内でも、安倍総理の発言に手温いとのコメントが集中。
つまり、日本国内でも対応をはっきりせよとの意見が多くなった。

ただし、次の米朝会談が終わるまではアメリカも静観。
日本政府もそれに追随。
日米ともに、韓国の変質は認識済みが現状。

したがって現時点では米朝会談後の思惑が絡んで、
日本政府が突出的な対応はしないものと思われるが、
まァ、国民のフラストレーションは溜まる一方だろう。

 15127-km03_201901241216400c4.jpg

午後になって、斜めに日足がはいってくる居間の、
自分の定席に座って本を読む。
なんの心境の変化なのか、与謝野晶子を書架からもってきた。

ま、当然ながら、若いときとは受け取り方がちがう。
つまりは、若き日の思いってのは現在進行形だが、
爺ィになってからの過去形の違いというか。

 春みじかし何に不滅の命ぞとちからある乳を手にさぐらせぬ
 かみ五尺ときなば水にやはらかき少女をとめごころは秘めて放たじ
                         
なにを感じるのか。
なにも感じはしない。
どこかがほろほろして、やがて眠くなるだけ。

最近の爺ィ婆ァはけっこう生臭いらしい。
ま、ふたむかしまえは、還暦過ぎたら完全にご隠居。
色恋沙汰なんぞ、狂ったかといわれたものだ。

昨今は、色恋沙汰も起こすし、人も殺める。
こういうのを元気がいい、というかどうかはしらないが、
とにかく元気だ。オレ? 中途半端に元気だぜィ。

 111120-f01_201901241237107e2.jpg

いつでも、誰にあっても,努めて笑顔で接しようと思ってる。
しかめっ面して過ごしても一日、笑顔で過ごしても一日。
ニコニコ明るくいかなきゃ損、そん..... って思ってる。

これは、障害者になってからの亡き人が教えてくれたこと。
世間さまが、ワタシに気遣いしてくださる。
ありがとうを常にいい、明るく日常をおくらなければ...... ってね。

オレ自身も、1人になって、いろいろな苦しみから這い出てきて、
その言葉が思い出され、努めて,そう生きようと決めた。
それが「天真爛漫ちゃらんぽらん」っていうオマジナイだった。

おペケもいつもそういう。
いま、具合を見にいってきた。
布団への上に座って「ゆったりした気分、ありがとう」といった。

そうしていてほしい。あんたが弱ったらオレが代わる。
「わたしも、いつも笑っていたい」
そうだよ。人は気分で生きる。いつも笑顔がいい。

そのね、努めて笑顔で........................ だけど、
某所で、おまえはいつもにやにやして.......
バカにしてんのか、といわれた。えぇ..... とんでもない。

ごかんべん、とやり過ごしたけれど、まいった。
ま、ああだこうだいう必要もないし、
自分にもそうとられるところがあったんだと、とりあえず反省。

ま、立場変わればとりようもいろいろ。
世の中いろいろ、人もいろいろ。
くわばら、くわばら、笑えないときは逃げるが勝ち。

どこかに、桑原という土地があって、
そこの故事来歴から雷が落ちないのだそうな。
バァちゃんが、雷が鳴るといってったね。くわばら、くわばら。

 天才の極意は子供の精神を老年まで持ち越すこと、
 すなわち決して情熱を失わないことである。

こういう言葉がある。
いうなれば稚気、これを生涯忘れはしない。
だから、ひそかに、ひそかに、オレは天才ではないかと。

ただし、肝心の情熱がねぇ。
残念ながら、残量20%くらいになってしもうた。
してみると凡人か。やっぱりィ。

 何かを得れば、何かを失う。
 そして何ものをも失わずに
 次のものを手に入れることはできない

開髙健さんの言葉。
オレは、バカのひとつ覚えのように、これをキモに銘じ、
失うことを恐れずに生きてきた。

 成熟するためには、
 遠回りをしなければならない。

開髙さんは、こうこいう。まさにこれだ。
ちかいうち、娘夫婦がオレたちを、
開髙健記念館へ連れていってくれるらしい。

これまでは釣り場へゆくのが忙しくて、
訪ねられなかったが、わが敬愛した小説家の足跡を、
ようやく訪ねることができる。

開髙さんが冥界へ旅発って30年か。
オレも馬齢を重ねたもんだなァ。
昭和は遠くなりにけり。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした............

20chaplin_20190104115545e01.gif ゆあ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

こ一番六尺褌きりと締め上げる «  | BLOG TOP |  » ヘンにときめいたりするから捨てがたい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

 

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る





My Tumblr account !!

   
フォトトピックス

   
写真ブログ

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル













ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する