topimage

2018-10

わが身のうちの妖怪たちと上手に付き合う - 2018.09.27 Thu

台風余波か、昨夜から雨が降る。肌寒い。
昨夜は激しかった。窓に音を立てて打ちつけていた。
台風が偏西風に乗って進路を急に変えた。

ヘタすると列島を縦断だが、この偏西風というもの。
いらんときに下がってくるね。
アメリカのスーパーコンピュータの予想ずばり。

なんと、昨夜はオレが辛抱たまらず9時に寝てしまった。
こんなことは年に3回もないのに。
眠れるかな、とベッドへいったら瞬間就眠。

6時半まで眠っていたから、やっぱり9時間か。
なんかしらん、寝坊助がふたーり。
眠れない、眠剤が欲しい。こういうことは2人ともない。

これは、とりもなおさず健康ということか。
今朝は寒いくらい。窓を閉め切って24.7℃。
まだ、Tシャツ短パンだけれどね。

 18926-as1.jpg 18926-as2.jpg
 ↑ 昨夜は土砂降り

 18927-a01.jpg 18927-a02.jpg
  ↑ 今朝の天気

昨日の朝、まだ「てんちゃら.......」を書いているうちに、
おペケが散歩に出かけていった。
1時間ほどたって、なにか提げてもどってきた。

「お花屋さん見つけのよ」
といいポトスとアンスリュームを袋からだす。
「あとで植え替えてね」

 18927-a1.jpg

「え、また買ったのか」
「Gさまの好きなバラがないかと思って寄ってみた」
「鉢がないよ、土も............」

ということで、午後にホームセンターへ。
鉢を2個と土を買い、ついでに洗剤など。
行けばなにかとあるんだな。

隣接して食品スーパーがある。
「あっちは?」
「いいよ」

 ←click

それでさ。
「お弁当だめ?」といわれると、これが好きだから、
「いいよ」といわざるをえない。

9年間も、こういうもの食べてきたから、
その安さと、けっこう美味いことはよーく知ってる。
ようやくおペケが、それをわかってきたようで..........

 18927-a04.jpg
 ↑居間から書斎へ

植え替えをして、
「どこへおくんだ?」
で、これで居間にあった寄せ木が余った。

「ま、いいよ。オレがもらっとく」
デスクの上にもってきたら、なかなかいい。
緑は目が休まるね。

ひっくりかえさなきゃいいが、それが心配。
「おっちょこちょいだから......」といわれたが、
「ひゃァ......」とすぐに悲鳴が聞こえたよ。

「私の茶碗わっちゃった」
いった人がすぐに落としてりゃせわーない。
アハ。

はやいもので、どたばたやってるうちに9月尽。
これで台風がいってしまうと、西の吹き返しが吹く。
そろそろTシャツ短パンもおわりだな。

西風が吹き始めるよ。
まだ、気温が高いから赤ちゃんだけれど、
そのうち電線が虎落笛を鳴らすと、遠州の空っ風になるからね。

 うぅぅ.....
 さぶゥ
 そろそろ
 ホットコーヒー
 だな?

猫体猫舌のごんべは1年の大半が冷珈なのだけれど、
急に寒くなってくると、チンしようかなと思う。
そういえば風呂ね。シャワーではちょっと寒くなった。

 18927-a05.jpg 18927-a06.jpg

風呂に湯を張るようになると炬燵の登場だ。
その炬燵ずんぶりが、おひとりさまの象徴だった。
1週間に1度か2度は、そのまま朝まで転がっていたもんだ。

あれって、冷たい布団へいくのがイヤなんだね。
のこのこ起きてベッドへいく。
潜り込んだ布団の冷たさに、ひとり暮らしを思い知らされる。

それがイヤで、そのまんま炬燵で寝ちまう。
たしかに、うたた寝の延長で眠ってしまうのは、
鰥夫冥利だからねぇ。

おひとりさまになって、3年あたり。
宵のうちから眠ってしまうようになった。
生涯の半分くらいは、日が変わらないと眠らなかった人がね。

それまでが自堕落ではなかったつもり。
若いときは眠ってしまうのが勿体ないという感覚があった。
本を読んだり、あの頃の深夜番組と、好奇心を夜が満たしてくれた。

それで、おひとりさまになってからは、
闇のなかの魑魅魍魎が、浅い眠りのなかに、
這い擦り込んできては、夜ごとに苛むのが怖かった。

だから子供が寝ぐずりするように、
疲れ果てるまで起きていて、意識朦朧としてぶっ倒れて眠った。
そうするしかなかった。

どのへんからか、心情の変化があって、
宵のうちから眠ってしまうようになった。
これは、最初のうちは逃げだった。

はやく眠ってしまおう。
魑魅魍魎がくるまえに眠ってしまおう。
明日の朝目覚めれば、新しい一日が待っているよ。

これは「ま、イイ加減でいいや」っていう悟りでもあった。
状況はあまりかわらないが、そう、開き直ってみると、
1人で頑張ってゆかねばって、片意地張った力みがとれたのだ。

ここのところが境だったんだな。
そうすると、なんぼでも眠れるようになった。
これすなわち、「居眠り妖怪でぃ」の出現だったのだ。

いま、なんぼでも眠れる。
これはまた、以前とはちょっと違う。
ええからべぇの果ての自然体なのかもしれない。

毎日が流れるままに、眠ければ眠る。
それがラクチンと知ったからね。
わが身のうちの妖怪たちと上手に付き合う。これだね。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/5291-65587a6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オレはダメンズだけれどねぇ «  | BLOG TOP |  » テレビでの騒動は一切見ないと決めた

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する