topimage

2018-10

男には太古の血がいまも流れている - 2018.09.24 Mon

さわやかだな。天気は夕方から曇り
今夜は中秋の名月なのだが、見られるかしらん?
雲間からでも出て欲しいね。写真は昨夜撮っておいた。

このカメラの2000mmはたしかにすごい。
それから「月撮影」というところへまわすだけで、
めんどうな設定要らずに月面が撮れてしまう。

けれど、ここまで倍率上げてもなんになる。
そう思ったのだ。月面のクレータは美しくはない。
何億円もだして、月旅行して見るモノか?

ただ、緑の星の地球は美しいだろうね。
ま、オイらは閉所恐怖症だし、三半規管弱いし、
いきたいっていってもいけやしない。

 18924-a1.jpg 17824-a2.jpg

「活きのいい刺身が食べたい」
このまえからそういっていたし、
すこしくらいは、高くてもいいから............ ってことだった。

おペケが、昨日夕方、向かえ のスーパーへいった。
「あったからね」
マグロ刺身の盛り合わせ。美味かった。

 ←click

オレね、かなり最近まで勘違いしていた。
あんこのが「ぼたもち」、きな粉のが「おはぎ」ってね。
どっちもいっしょで、春が牡丹餅、秋が萩餅。

ともあれ、おペケが仏前に「おはぎ」を供えてくれた。
いつも気遣いがありがたい。
これ、食後のデザートにはちと重いが、一つ食べた。

 18924-r3.jpg

大坂なおみさん、決勝戦を見ていたが負けてしまったね。
初戦みたいにネットすれすれの鋭い返しがなかった。
逆にネットにかけてしまうのが多かった。

連日の取材と歓迎で休まる暇がなかったらしい。
コーチはよくやったと褒めたが、なんか疲れているようで、
次の中国武漢OPは参加を辞退したようだ。

ま、それが日本の過剰反応が原因かは知らない。
けれども、尋常ならざる反応をするのが日本メディアだからね。
東京オリンピックには日本で出たいと彼女は以前のIVでいった。

彼女には国籍問題がある。
日本か、アメリカか。22歳で決めなきゃいけない。
今回はずっと北海道の祖父母が会場にいた。

オリンピックのメダルを、その祖父母に見せたい。
なおみさんはそういってたが、
これがプロのプレーヤーとしてはどうなんだろうか。

アメリカも、それなりの環境を整えるといって、手を差しのべている。
どの国籍を選ぶかは彼女次第だが、プレーヤーとして大成するには、
オレ的には、アメリカのほうがいいと思っている。

 18924-aa3.jpg 18924-aa1.jpg

 18924-aa2.jpg 18924-mn4.jpg
 ↑ サボテンジュニアたち

浜松フラワーパークの彼岸花をぜんぶ現像し、
アルバムへ入れおわった。昨日1日かかった。
内弟子おペケが自画自賛するのだが、たしかにねぇ。

それなりの進歩は見られるかな。
ま、門前の小僧習わぬ経を詠む、ってやつだな。
オレの写真をよく憶えていて、撮っているね。

それからオレ自身にも、新しい機材と、
それを遣いこなすってところが、去年よりも進歩していた。
常に努力、さすれば成果はあるってことか。

だから愉しいね。
こんなもの、自画自賛でいいんだ。
少なくても、爺婆2人の自賛で愉しけりゃいい。

 アルバムへのリンクはこちら。
 「What's NEW」←click

 

さるSNSの片隅でこんな話があった。
テレビで災害のシーンをみて、
興奮をおぼえたわたしは異常なのだろうか、というのだ。

おおかたは不謹慎である、と答えていた。
これを、シンフォフィリア(災害性愛) というのだそうな。
台風や地震があると、異常に興奮するフェチだ。

ある登山家が被災後の北海道旅行の写真をSNSにあげた。
それに対して、批難の声があった。
3.11のときもそうだった。各地で催し物が自粛された。

そりゃァま、傾いた家のまえでVサインで、
写真撮るなんてのは論外だが、できることは協力し、
迷惑にならないところは、いってオカネを使ってくる。

この登山家はいつもこういうポリシーを持っている。
けっして、横並びに自粛してしまうことが、
被災地の経済復帰のためにはならない。

ま、災害が性的興奮に結びつくかは別として、
男には本能的に、これがある。
不謹慎ながら、と頭に付けねばならないけれどね。

なぜか、台風などには血が騒ぐっていう。
オレはアウトドア遊びを長年してきたから、なんとなくわかる。
これは、男の先祖返りであると開高健さんがいってたような。

どこで読んだか記憶が曖昧だけれども、
男の血の中にある太古の遺伝子が蘇るのではないかっていうのだ。
天変地異は獲物が多かったという、それだ。

ぎゃーとるずの原始時代においては、
いちばんエライのは、働きのいいヤツ。
自分のファミリーに食い物を充分に運んでくるヤツが絶対的にエライ。

自然が猛威を奮い、尋常ならざる事態になったとき、
あらゆる獲物が多くなるのは想像がつく。
これがDNAの片隅にくっついてるのだよ、いまも。

そしてまた、強いヤツの子孫を欲しがるのは♀の本能であって、
だから♂はあっちこっちへ浮気したがるってはなしはおいといて、
尋常ならぬ天変地異は♂の活躍の場でもあるわけだ。

前述の登山家が、登頂を前にして過酷な条件にあるとき、
異常なほどの性的興奮をおぼえる、といったのを聞いたことがある。
たしか、このかたが最初に結婚したのはエベレストの麓の女性であった。

ま、これもおいといて............
たしかに、男は自然の驚異には血が騒ぐ。
ガキのころは、街外れは田圃だったから、出水のあとはもうたいへん。

竹箕と魚籠もって飛び出してゆく。
田圃の水が引きかけてくるとフナやドジョウが獲れる。
農薬がないころだから、獲物は晩のご馳走になった。

釣りが好きっていうのも、狩猟本能のうち。
自然と向かいあってれば、シアワセって気持ちにゃなかなかなれない。
なんかしらん、数を釣ればエラいと未だに思っている。

ま、えらーい回り道したが、
不謹慎といいつつも、男には太古の血がいまも流れている。
とまァ、いいたかっただけのはなし。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/5288-baeb025f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

心臓に生えている毛との相談 «  | BLOG TOP |  » 残暑のなかフラワーパークへゆく

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する