topimage

2018-12

それじゃ、いつまでたってもジコチュー - 2018.08.25 Sat

窓の外は雲が垂れ込んでいる。天気予報では9時から晴。
書いているうちに、晴れてくるらしい。
気温は28.6℃。かなり暑くなると、おてんきニィさんがいう。

昨夜は涼しくて、途中でおペケが起きて窓を閉めたくらい。
ただ、ベタベタ。居間へきたらおペケがシャワーの最中だった。
オレもさっぱりしよう。

昨日の午後は台風20号余波の雨も一段落し、薄日が差したりして、
1時から車屋さんへ持ち込みで6ヶ月点検。
次は車検だが、ここまではセットで前払いしているので諸費用だけ。

いま「HUSTLER」に乗っているのだが、とにかく燃費はいい。
軽自動車は諸費用も安くて、まことにオレたちにはいいのだが、
運転するほうは、なんかしらん能力劣化してゆく。

安全装備はこの車にも付いている。
が、扱うほうが劣化を自覚する。これはしかたがないこと。
自覚したなら、さらに安全装備の車に乗るべきだ思う。

それで。整備の終わるのを待っていながら、
「X BEE」のカタログを、もってきてみていた。
「クロスビー」はHUSTLERの1000cc仕様のハイブリッド。

一まわり大きいし、なによりも最高ランク安全予防装備が魅力。
うっかりシフト間違えてコンビニ突入とか防止するし、
横断歩道の人の感知ブレーキだとか、高齢者は回避装備をすべき。

いくら気をつけていたって脳が劣化するんだからねぇ。
高齢者だから古い車でいい。これは間違いだ。
おペケも興味を示していた。ま、換えるかはわからないが??

 18825-a2.jpg 18825-a1.jpg

それで、帰ってきたらすぐに娘と下孫がきて、
広島へいってきたと「紅葉饅頭」のお土産をもらった。
パッケージがフィギアスケート。アイスショーへいったのだな。

彼女のオタクぶりは。学生時代にはじまり、
Jリーグ発足以前のサッカーサポータ。
それが高じて卒業後はサッカー雑誌の記者になったっていう人。

なんとも、オイらの遺伝子がストレートに伝わったのだが、
Jリーグ発足すると、サッカーから足を洗い、さっさと結婚した。
まさに、そこいらの切り替えもオレの遺伝子なんだよな。

下孫に会えて、オイら満足。
ヤッホーと手をふったら、ヤッホーと返ってきた。
2日続けて来客があって愉しかった。

 ←click 

それで、「帰ってきてからでいいや」とお昼食べずにいったから、
気がついたら夕方で、腹減ってるわけだ、食べてなかったってぇ。
「じゃ、早めにご飯にしようか」って、5時台の夕餉はめったにない。

「カレーでいい?」
「いいよ、乗せるものは?」
「あるよ」

カレーっておかずがないので、なにか物足りない。
カツカレーやフライなんぞ、乗っけるとそれが解消する。
サラダが美味かった。

 18825-a3.jpg
 ↑ 予報通り9時に晴れてきた

「夏がくれば思い出す」なのだが、先輩すみません。
今年は忘れていた。偉大なる心優しい先輩の命日は7月24日だった。
斉藤清作先輩、のちのコメディアンたこ八郎さん。

1985年だから、もう33年か。
なんども書いたからやめておくが、彼はボクサーになるまえに、
左目が失明にちかかった。ゆえにノーガード戦法をとった。

距離をとったら見えない。だからノーガードで接近戦を待った。
一世を風靡したファイティング原田氏とは同門で、
あえて、同門の彼と戦ってまで世界を目指すことをしなかった。

ただ、戦績は34勝 (11KO) 8敗、第13代フライ級日本チャンピオン。
コメディアンになって、その後遺症がでた。
彼がボクサーになったのは、憧れの俳優になるための手段だった。

「おしゃまんべ」の由利徹さんを師匠としたが、
ボクサー時代に弟子入りを頼み込むと、
チャンピオンになってこい......... といわれて頑張ったというはなし。

オレは後楽園ホールで、カッパの清作、斉藤選手の試合をみていた。
あんな打ち合いはできない。けれども、ひたすらなボクサーになれたらと、
このスタミナだけが取り柄の練習生は胸を熱くしていた。

 tako.jpg

NIKONのP-1000の情報がさっぱりでてこない。
新しいZマウントのフルサイズ、ミラーレス発売などで、
ここんところのニコンは忙しいのだ。

で、オレは高価格になりそうな3000mmのP-1000を諦めて、
そのまえの2000mmのP-900に傾いてきていて、
一昨日にamazonで、44000円であったから、これと焦点定めた。

ところが、在庫1台だったのが、一昨日夕方に売れてしまい、
そのあと昨日朝には48000円で5台もでた。
ただし、4000円ちかく上がっていた、それでも夕方までに在庫3台。

えらい人気なのだが、一方では8万円台でもでているし、
ちょっとP-1000の発売前に混乱が見える。
よし、もう少し待とう。そう判断した。もっと価格は下がるはず。

 14916-fp08_20180825103256f62.jpg

人は誰でもジコチューなもので、
とくにシニアは独り善がりになりたがるようだし、
自分の考えに反すると受け入れない傾向があるのは承知している。

せかっくインターネットするならば、
多くの人との触れあいで、いままで全然興味のなかったことにも、
興味を持つキッカケができるのがいい。だいいち交流とは愉しいもの。

交流のなかでもっとイイ人間になろうとも思うんだね、オレは。
自分自身がわかってきて、もっといいヤツになろうとする。
たまには、苦い水も飲まなければ気がつくことではないね、これは。

だから多少のトラブルは厭わずに大勢の人と触れあうのがいい。
一人ひとりの価値観の違いを知ることができるし、
それを察する心があれば、余所さまへの気遣いもできる。

トラブルを畏れて逃げていると、その先へはゆけないね。
Webだって人世とおんなじ。
匿名だから、アカウント削除すれば、それでいいことけれどね。.

それじゃ、いつまでたってもジコチュー。
ほかの人に敬遠されてしまう。
それでもいいってのは、ま、どーでもいいけれどね。

まずは、少なくとも余所さまの噂するなら、コメ欄を開けってこと。
ダイレクトに意見交換すればいい。論破してみればいい。
それをいわれるのがいやなら、そもそも余所さまのこといわなきゃいい。

ものいえば、いった分だけ戻ってくる。
ま、これが基本だ。
webでもリアルでもね。

 14916-fp07_20180825103234e62.jpg

最近は本を読むといったら、歴史ものばかりで、
男と女がどーしたっていう物語は、ほとんど読まなくなった。
オレにゃ、もう無縁って思ってるわけじゃないよ、別にィ。

他人事でも、めんどくせーや、もう。これだな。
心の隅のほうに黴みたいに、これが芽生えているのは否定できない。
もういいやな、それは。

男に染まりたい女は、男にとって可愛いことはたしかだし、
自分に好かれたいって、女性がいたならば、
そりゃ、男にとって充足感があるのはあたりまえのこと。

その男の充足感が、女性の心に反映してシアワセが生まれる。
男は、そのまた、惚れた女がぞっこん....... である自分自身に酔う。
と、まァ、こういうことだよね。

こんな、わけわかったようなことを、いい始めたら、
それはめんどくさくなった証し。
ま、一巻の終わりでござい。

愛の形は人それぞれ。
これほど物語が溢れていてもなお、人々は愛に憧れる。
連綿と繰り返してきても、まだまだ続く。

ほんとうに、心が満たされると感じる度合いも人それぞれ。
だから、それをアカの他人が推し量る術はない。
だから、他人のことはほっときゃいい。

腹減って死にそう........ っていったって、
空腹でぶっ倒れるまで、他人にゃ、オレの空腹はわからない。
そういうものだからねぇ。

だけど人ってものはおもしろい。
お腹減ったの、可哀想だね。と、いってくれる人がいたら心が和む。
これを要らぬお世話と怒る人は、相当なへそ曲がり。

つまり、理解者がいれば、空腹の辛さは免れないにしても、
食い物にありつくまで頑張ろうか........ という気持ちにはなるものだ。
これが「人」という字なのだ。支え合って、しっかりと立っている。

オレ、支えを失って、いっぺんは地面にコケて、這い上がってきた。
それを「てんちゃら.....」に書き続ける愚図なヤツ。
だからこそ、おペケの存在がありがたい。

いつも感謝している。
なんか、オレのほうが人の字の短いほうだけれど
ありがとうさん。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ありがたいこっちゃ...........でございます «  | BLOG TOP |  » 満足が倍加するかは気分の問題だーな

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

天気予報

-降水短時間予報-

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい



 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する