topimage

2018-08

よいこらどっこいしょと後押しがいる - 2018.08.10 Fri

雲の多い朝。もくもくと夏の雲だな。
気温はすでに30.5℃。熱中症指数は危険。危険つーのもなァ。
風があるのでエアコンはまだいれてない。

もう、ぼけぇぇ.......................... としてたら、
そのままず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜とそうしていたい。
8時30分過ぎると、風がピタリとやんだ。

舗道を歩いている人がいないよ。
バスがエアコンのせいか、エンジン音響かせて通過した。
そろそろ企業も夏休みか。

「エアコン入れていい?」
倒れちゃなにもならない。暑いと感じたら即いれる。
電気代の多少には代えられない。

 18810-a1.jpg

「鮭のムニエルよ」とおペケがいい、
オイら喜んでテーブルにゆく。
鮭が大好きなのだ。ほんとは塩の結晶が付いたような鮭。

サーモンじゃないんだ。鮭。
塩分を控えなさいだから、甘塩しか食べられない。
なので、片栗粉つけて焼いてもらう。カリッとして美味い。

 ←click 

ご飯食べ終えて「足りた?」といわれる。
足りたような、足りないような。よくわからん。
腹いっぱいはめったに食べない。

それが普通になると、足りたのか、足りないのか、わからん。
腹八分目。なにごとも目一杯はダメ。
ちょっと足りないくらいがいい。

 18810-a2.jpg

多趣味なオレだけれど、
もうすこし若かったらやっただろうというものがある。
ボルダリングって壁を登るやつだね。

いま? 腹がつかえて登れねぇ。
ケイビングってやつもあるが、あれは閉所恐怖症だからムリ。
友人にあれのベテランがいて、這いつくばって穴へ潜る。

考えただけでも、あァ、頭のお鉢が締め付けられる。
若い頃、日曜日の度にゆく山があった。
標高は1500mmくらいだが、鋸岳という名称の場所があった。

沢を詰めていってルンゼにとっかかり、
2時間くらいかけて尾根にでる。
これが好きでねぇ。高所は怖くないから爽快だった。

あ、そういえば、いまBS3の番組観てるよ。
「グレートトラバース3 日本三百名山全山人力踏破」ってヤツ。
田中陽希さん凄いねぇ。

男はいくつになってもロマンチストだっていう。
だいたい、男の浪漫だなんてのは傍迷惑っていうか、自己満足が多いもんだ。
ま、女性の現実的なのとあいまってちょうどいいんだな。

オレの場合はシャバでうだうだしてるより、
満天の星の下で宇宙に思いを馳せているほうがいいに決まってるし、
視界の端から端へ流れ星が心を癒してくれるから、休みの度に飛び出していった。

あちこち、うろついた。
海抜3.776m日本最高峰の夜空も見たし、
日本のずっと端っこの孤島で、潮騒に包まれながらの夜空も見た。

50歳代までは行き慣れた広河原で、寝袋にくるまって、
頂上のシルエットを見上げ、
こぼれてきそうな星明かり見あげて眠ることを再々やっていた。

山にいても、海にいても、思うことはいつもおなじ。
自分のちっぽけな存在をその度に思い知らされた。
で、星空を見上げると、シャバのしがらみの垢がぽろぽろ落ちた。

あくせくするこたァないじゃん。
ごらんよ、宇宙はこんなに広いんだァ........
大海原はこんなにも広いんだァ........................... てね。

こういうところの星空見てると気持ちが壮大になる。
ま、いいや............ そう思えてしまう。
なんとかなるさ....... そう思い込んでしまえる。

で、帰ってきてICをでて最初の交差点で、
こせこせした車の列に挟まると、シャバに引き戻され、
ま、いいや、がんばろって。

 13821-m02_20180810100641b19.jpg

こう暑いと、短パンの膝までの長さが鬱陶しい。
もう、切ってしまいたいくらい。
パンツいっちょうでいたら.............. ってそれができない。

考えてみたら、オレの短パンもキャリァが長いんだな。
タレントの勝俣クンほどではないけれどね。
オレ、クラスで1人の、白襟上着の半ズボン少年だった。

それから山歩きも短パン+タイツだったし、釣りもそれだった。
なので、いまごろになって膝上の腿に日焼けシミがでた。
顔も真っ黒だったが、幸いこちらにはシミはない。

やっぱり越中褌がいいかな。
通販で探してみた。
あったぞ、カラフルだね。だいたい1200円くらいか。

 13821-m08_20180810105920ebf.jpg

今日は何の日? とググった。ほらやっぱりィ。
「帽子の日「だね、つまりハット。
「鳩の日」だなんてのも予想通りってことで.........

いつだったか、麻生財務大臣がなにかの会議で、
外国へいったおりに、ボルサリーノ をかぶっていた。
そうしたら、平成の若い衆が、マフィア・ファッションだなんていう。

別に、あれはマフィア・ファッションなわけでもない。
戦前の紳士ってのは、普通にソフト帽をかぶっていたんだ。
うちのオヤジも粋にかぶっていたのを憶えている。

ボルサリーノっていえば、ハンフリー・ボガード。
「カサブランカ」の姿なんて、ぞくっとする。
あれが粋だったよな。

そういえば、麻生さんの祖父にあたる吉田茂氏は、
ソフト帽に葉巻くわえて、「バカヤロー」なんて進駐軍には.
けっしてひけをとっていなかったよなァ。

安倍さんの爺ィちゃんの岸信介氏よりは好きだな。
なんか戦後どさくさのなにやらがあって、
佐藤栄作氏の密約とか、なんかわからんものがある。



おペケが料理してくれて、まさに上げ膳据え膳。
なんの文句もない。あまりこだわりもない。
まかせとけば美味いものでてくる。

ぜんぶ自分でするころは、なんでも食えりゃいいってわけだったし、
たまにはおペケが「なに食べたいィ...... 」っていうが、思いつかない。
そういわれると咄嗟に、ピンとこないもんだ。

いつだったか、おひとりさまのときに、
ステーキが食いたくなって,ステーキ屋へいった。
1口目で、おゥ。3口目くらいまでは、ウン、ウンと美味かった。

あとは.............
黙ってぼそぼそ食った。
ま、こんなもんだ。次第に食いたいものがなくなる。

食いしん坊の欲望がないわけじゃない。
そこへ到達する行動力が鈍る。
食いたいと思ったら、それに向かって動く力が萎えている。

「どこか美味いもの食べに行こうよ」といわれても腰が重い。
カメラもつとアクティブなわりに、こういう面に気付いてがっかり。
これがアレなのか............................

アレってなんだ??
ちょっと前まで、なにげなくできたものが,
よいこらどっこいしょ、とかけ声掛けないと起ち上がれなくなった。

が、それでいいんだ。
ヘンに発憤しなくてもね。
なんとかの冷水にならぬよう、ほどほどに.........

なにが不足なのか。刺激か。
よーし、いったろうかって思わせる後押しか。
これがなくなっちゃダメだ。

オレは基本的にはこう思っていた。
テキトーに生きて、テキトーなときに、はい、さいなら。
これでいいんだってね。

ま、これはおひとりさまのときのことだから、いまは多少は違う。
メタボだの、内臓脂肪がどうの、糖分がどうたら。
このままイってしまっても、本人はかまわやしないと思ってる.。

が、そうは簡単じゃないよ、とおペケがいう。
そりゃそうだろう。これまでだってそうだった。
どういう行く先が待っているか。それはわからない。

が、それが運命であれば、怖いとか、イヤだとかは思わない。
願わくば、津川雅彦さんのような終わりがいい。
明日、退院だよっていわれながら、すゥゥと命の火が消えるなんてねぇ。

オレ、先にゆくから間をおかずにおいで...........
おペケにいったら「五年はイヤですよ」っていった。
ま、どっちでもいい。もうあとになるのはイヤなだけ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

もうすこしこの悩みを愉しもうかぇ «  | BLOG TOP |  » 大空を飛びたかった少年の日の夢

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する