topimage

2018-07

これでおしまいと虎屋の羊羹 - 2018.07.10 Tue

久しぶりに6時台に起きてきた。早寝したからね。
11時まわったら、パソコン前で何度か落ち、
なんかやってたけれど、ま、いいかとベッドへいった。

ロングスリーパーごんべ、平均7時間なのだな。
書斎の窓開けると爽やかな風がはいってきた。あ、気持ちいい。
薄い雲がハケで掃いたような............ その形容がぴったし。

 18710-a1.jpg

気温は28℃、湿度は87%。アツくなりそうだな。
おペケが起きてきた。珈琲がくる。一口目が美味しい。
二人でベランダへ出て、花たちを見守る。

花鉢を増やすとき、下のほうへ古い土を入れる。
すると、そこから芽が出たりする。
ヒメオウギが終わった鉢から、ポインセチアの一種がでてきた。

別鉢へ分けてやる。これ育ったら凄いね。
がんばれよーと声をかけてね。
なので、鉢ばかりが増える。困ったもんだ。

ハイビスカスのつぼみが開きかけている。
見ていたら、ぐっと動いた。開いた。
まだ半分、ぼけぇぇ...................... としているが、シアワセぇ。

 18710-a5_201807100741291a8.jpg 18710-aa2.jpg

サボテンのジュニアたち。
左が出身地ごんたんちの淡いピンクの花が咲くサボコ。
真ん中は四つ子ちゃん、右がうちのサボジュニア。

いつ花が咲くのか?
すくすくと育っているから、そのうち咲くでしょ。
はやくおーきくなァれぇ。

 ←click 

並んで鉢を覗き込んでいたら「ふふっ」とおペケが笑った。
「なんだよ」
「傍へくるなっていったでしょ」

あ、浅漬けのことか。
「漬け物食べてもいい?」というからいったのだ。
「傍へこなきゃいいよ」

18710-a3.jpg

おペケが朝シャワーしている。
「あなたもどう?」というから続いてシャワーしてきた。
さっぱりするねぇ。肌へ風のあたりが違うからね。

水害被災地のみなさんが風呂に入りたいという。
お察しする。いつ自分が被害に遭うかわからない。
twitterにもいろいろな情報が交錯する。

千羽鶴はいらない。ガンバレの寄せ書きは始末に困る。
堤防の切れた所へ野次馬がいってインスタ蠅する。
支援物資を橋の上に放置して自衛隊が通れない。切実だと思う。

自分が当事者にならないとわからない。
なにが被災者に添ったものなのか、一歩下がって考えなければいけない。
この時期に、自衛隊を派遣するなってデモするサヨは論外。

つまり、彼らの主張はこうだ。
自衛隊は要らない。災害派遣隊をつくれ。
論拠がわからない。列島を中国化したいのか。

 どうして国があるの? と息子に聞かれてこう答えた。
 昔は人の集まりがあって国がなかったが、
 よその人がこっちの大事なものを奪いにくるから、
 それを防ぐために国が出来たと。
 息子はすぐ納得してくれたようだが、
 国防を否定する日本の左翼は、このことすら分からないのではないか。

石平太郎氏がこうツィしている。
まったく、そのとおり。

18710-a2.jpg

今年の「土用丑の日」は2度ある。
7月20日と8月1日。
高いよねぇ。どうにこうにも。しばらく食べてないぞ。

鰻屋は客がきてからサバくのだから、多少の時間はかかって当たり前。
スッとでてくるものは、あらかじめ白焼きになっている。
で、「鰻を食べにいって急かせるのは野暮」という言葉が戦前からある。

ちかごろは、遅いといって怒る客がいるんだとか。
テレビのグルメ番組で、どこやらの鰻屋のオヤジがいっていた。
ま、これはどっちもどっち。

オイらがガキの頃は、
カドの鰻屋のオヤジが渋団扇バタバタ外へ向けてあおって、
その匂いを嗅ぐとひっくり返りそうに腹減った。

あれは換気扇がなかったから、外へ向けて煽ったのか。
長屋の住人が、この匂いをおかずに飯を食っていたそうな。
そうしたら、暮れに鰻屋が匂い賃をとりにきた。

で、件の長屋の住人、懐から巾着取り出して振った。
チャリ、チャリン。
ほらよ、音だけもってけぇ。ってのがオチ。

オレたちがオヤジの前で、だんご鼻クンクンやってると、
「そろそろ帰れよ、カァちゃんまってるぞ」
そういわれ、一目散に家帰ったもんだった。

匂いは毎日かいでるけれどねぇ。
よっぽどのお客さんがこなければ、鰻なんて食えなかった。
だから、お客さんがくるとワクワクしたんだな。

 18710-aa4.jpg

「そんなに食べるわけじゃないのにねぇ??」
ほんと、それほど食べてるとは思えない。間食もしてないしィ。
「これでおしまい」といって虎屋の羊羹がでてきた。

普段は間食しないが、これには弱い。おしまいの一切れ食べた。
オレは小デブ。後ろからみればフツーの人。
夏は汗まみれになるけれど、皮下脂肪分だけ痩せ人間より寒さに強い。

Tシャツ短パンで10月までは通っちゃうし、
まァ、正直にいえば、さすがにちょっと肌寒いが、我慢はできる。
ただね。加齢とともに、なんか寒がりになった。

たしかにねぇ、痩せると寒い。
その経験がある。
あの、狼狽えて、わけわからん状態のときだな。

さすがのオレも、痩せたか、はたまたやつれたか、8kg減った。
なんか痩せたな、っていったら娘がいったね。
「やつれただけですゥ」

耳は聞こえなくなるし、やつれるし散々だった。
あまり寒がる人じゃなかったのに、
あのころは無性に寒くて、寒くて、震えていた。

心が寒いから、なんてカッコつけてたけれど、
あれは、ただ単に脂肪が落ちた分だけの寒さだったらしい。
シャツ1枚は確実に違うね。

それで、去年の暮れだよね。
おペケがめったやたらと寒がった。
寒がって、寒がって、新しいエアコンに換えたのだ。

あれもそうなんだよ。
入院中は点滴ばかりで、おペケなりにやつれたのだ。
それが「寒い」につながった。

シャワー終わったおペケが体重計に乗って、
「あまり変わってないゎ」という。
そうかな。だいぶ戻ったと思うけれどねぇ。

ま、いいや。いまさら。
健康でいてくれるのがいちばん。
多少のことは目ぇ瞑る。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

⬅️更新ブログはこちらからどうぞ!!
⬅️メッセージはこちら
⬅️コメントをどうぞ。

拍手
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

だから今日は断捨離記念日 «  | BLOG TOP |  » ありがとうは魔法の言葉だからね

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

フォローよろしく !!
  

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

*スライドショー
 

   

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

TUNE IN
浜松エフエム
NHK らじる☆らじる
Abema RADIO



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

Twitter

 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する