topimage

2017-09

笑って誤魔化しときゃいいんだ - 2017.07.14 Fri

慌ただしく1日が過ぎて、二人とも疲れて果てて、
早寝のわりには、いつまでも眠っていて、
アツくなって寝てられないと起きてきたら、7時をまわっていた。

兄妹たちが、わが家に集まって、初盆の供養をした。
お寺さんは、若いお坊さんがおみえになって、
「今日のお経は短いですから..........」とほんとに短くてすぐ終わり。

ま、それからぺちゃくちゃとおしゃべり会がはじまって、
なんだかんだで、一同が帰ったのが4時だった。
娘が残って1時間ばかりはなして、やれやれ。

遠州地方では13日に、初盆の家を縁者が訪れて、お見舞いする。
これを「盆義理」といって、親戚、隣保と、お詣りに訪れる。
勤め先関係までが義理を果たすので、盆義理というらしい。

それはもう立派な祭壇をもうけて...... というのがこれまで。
最近は、葬式もそうだけれど、簡素化の風潮があって、
花飾りだけという家も増えたそうな。

わが家では、兄妹だけのセレモニーだから、
生花を添えて、それなり母への供養は、
パトさんのいろいろと気遣いのおかげですませられた。

 17714-a1.jpg

だから、今日は上2人の妹たちと「女子会」の食事だそうな。
11時にお迎えがきて、駅前のホテルオークラでランチだっていう。
パトさんが頑張ってくれたから、慰労会だな。

「愉しんでおいで............」
オイら、スパゲッティでもチンして食べるから..........
てなわけで、ござい。

あしたは、寺施餓鬼でお寺へゆく。
帰りに山門前の送り火で、白木の位牌を天に返す。
お盆のオレの役割もそれで終わり。

昨夜、うちの近所は降らなかったが、
例によって高台の東側は土砂降りだったようで、
twittreにも、土砂降りのなかで遠州大念仏が......... との呟きがあった。

遠州大念仏というのは、三方原の戦いに端を発するといい、
浜松城内にかろうじて逃げ帰った徳川軍が、
城内の端にある犀ヶ崖に布を渡して橋に見せかける奇策を講じた。

追ってきた武田の軍勢が布の橋を渡って谷底へ落ち、
多くの将兵が命を落としたという。
その供養のために庵を建て、放歌踊りで慰霊したのが大念仏の起源。

この大念仏講がいまも何組かあって、
13日に初盆の家をまわって念仏踊りを奉じるのだね。
下の写真は、数年前に撮ったもの。

 120715-g1.jpg 120714-g6.jpg

夕餉には、パトさんもなにかとタイヘンだろうからと、
仕出し弁当を頼んであったのだ。これが大正解。
9時にパトさんが「疲れたァ..........」とベッドへいった。

 17714-rr1_20170714092758d97.jpg

ま、ごくろうさま。
よく気遣ってくれました。
それを認めてくれて、パトさんの存在が確立されるんだな。

不祝儀ばかりで彼女の存在示すっていうのも、
そういう年齢的まわり合わせだからしかたがない。
今日のランチもそういう意味合いらしい。

 14819-r01.jpg

パトさんがランチにでかけて、オレはそこいらにあるもの。
「ま、なんでもいいや.........」ってね。
「なにか晩用にデパ地下で買ってこようか」というけれどね。

なにが食べたいかって聞かれても、これってものがない。
食欲はたしかにある。
が、グルメ欲がなくなったというのだろうか。

グルメ、グルメっていうけれど、オレはへそ曲がりだから、
他人に煽られて行列並ぶ人じゃないし、
まァ、美味いもん食えばそれなり美味いけれど、そんなに感激はない。

これは多分に、
美味いもんは自分で獲って食うという習性が、
ずいぶんと長かったからではないかと思う。

ま、とんだところでシッペガエシだけれど、
たとえば、自分で食うと決めて、自分で獲って、自分で処理し、
自分で調理したものほどのご馳走はほかにないからね。

 13821-m02_20170714092046478.jpg

下孫が大学受験をしていた頃に、家では勉強に集中できないと、
オレのひとりくらしのところへ1週間くらいきたことがある。
その勉強スタイルをみていると、3つくらいが同時進行してるんだな。

耳にイヤフォン入ってるし、ノート取りながら眠ってるし、
それで勉強できてるのかぇ、と聞けばダイジョーブだという。
オレも、典型的な「ながら族」だけど、その上をゆくね。

でね。おひとりさまの頃、気づいて、
なるべ 2つのことを同時進行しないことにしていた。
しばしばドジが発生するからだな。

これは台所限定ではあるけれどね。
魚を焼きつつ野菜炒めをしたら、魚のほうをころっと忘れ、
焦げ臭いニオイに気付いてレンジ開けたら、魚の切り身がほとんど炭とか。

ま、こういうトホホホな一件が、珍しいことではなかった。
このくらいのドジは、再々だから笑って誤魔化す。
「アハハハ、炭になっちゃったァ.......」と笑って誤魔化す。

だから自分がやってみて、
いくつかの家事を並行してこなす、世の主婦の方々には、
いやァすごいもんだと尊敬の念を抱いたのだ。

けれども、あまり買いかぶるのもなんなわけで、
パトさんもしばしばドジって、笑って誤魔化してるから、
尊敬はするけれど、ありがたみはほどほどだったり。

そのほとんどが物忘れだよね。
ついうっかりが常態化してくると、次はむにゃむにゃ。
なぜそうなのか? っていったて、忘れるのだからしかたがない。

「ほら、あれって誰だっけ?」
「顔は浮かんでるのよ。なまえがァ..........]
あれ、あれ、あれなんだけどなァ........... ってこんなことばかり。

ま、いわんとすることはわかっているからね。
こういうときはお互いに待つのだ。
急かさないで待ってれば、そのうちひょいとでてくる。

これはね。思い出す努力しないとダメなんだってね。
忘れることで、何十万個の脳細胞が失われ、
それをまた思いだすことで、その何割かの細胞が復活するのだそうだ。

普通でも人間の脳細胞は、毎日、10~20万個が失われているという。
で、20~90歳で失う脳細胞は、20~40億個。
それじゃ、オレの脳細胞なくなっちゃうよ、と思う。

ところが、人間の脳細胞は1兆個あるらしいから、たいして減っちゃいない。
だから、豪気に忘れりゃいいんだ。
忘れたら、笑って誤魔化しときゃいいんだわさ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4847-324eedd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

富士山には姉妹神がいらっしゃる «  | BLOG TOP |  » 10年ひとむかしで世間はひとめぐり

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する