topimage

2017-07

喧嘩の材料もなくなったみたいだしィ - 2017.06.28 Wed

雨音がする。いかにも梅雨といった だな。
こんな日はどこへもいかないのがいい。
ユ○クロへゆきたいのだ。普段ばきのジーンズがほしい。

ここのところカメラグッズも買ってないので、
ちょっとばかし財布の中身がァ..................
amazonみたりしてるのだが、なかなか発注しない。

パトさんはデパートで欠品だった靴をラ○テンでみつけ、
だいぶ安く買ったとご機嫌だけれどねぇ。
わずかなもの、こうして買う。それはマンネリ生活の刺激になる。

これを穿いてどこかにゆこうと思う。
このカメラグッズでなにかを積極的に撮ろうと思う。
このアクションが刺激になればいいのだ。
 
 17628-s1.jpg

ひふみんこと、加藤一二三九段が大いそがし。
テレビ各局へ出まくりだね。
錦織選手が話題になったときの張り切り修造氏みたいなもんだ。

この棋界のレジェンドはふわふわモノいってかわいいと人気らしい。
が、いってることよくよく聞いてみると、
ご自分の自慢が半分以上なのだけれどねぇ。アハ。

彼もまた天才少年であった。引退もいいタイミングであった。
ま、どこまで、ひふみん人気が続くかわからないが、
御身大切に頑張ってくださいな。

厳しい勝負の世界に76歳まで現役でいたわけで、
たしかに、それはそれで、ご立派。
若いときの凛々しさ知ってるだけに、彼のいまにはちと気を揉む。

たぶん、この御仁は、
天才少年が純粋培養されて爺ィちゃんになっちゃったんだな。
無責任なテレビにつぶされないようにしてほしい。

 吹けば飛ぶような将棋の駒に
 賭けた命を嗤らわば嗤え

ま、こういう世界でもあったわけだが、
まだ、いまの棋界にも逸材はいっぱいいるはずで、
その人たちが便乗でもなんでも、クローズアップされるのはイイことだ。

次の対局者が、部屋の隅にいたんだね。
彼との対局も見たいな。
また、ネットテレビにはりつこうかしらん。

あのカツラ飛ばし解説はいただけない。
どこかの番組で思いきりスベってたしねぇ。
毛、じゃなかった。もう、やめるべし。

 17628-a3.jpg

高度成長時代の初期の頃、オレはサラリーマンだったが、
残業は月に100時間をラクに超えていた。
けれどもそれをブラックだんて一度も思ったことはなかった。

給料が3年で倍になったくらいだから、
それまでのボンビーから抜け出して、消費は美徳なりだなんて、
1年で新車を次々と換えるってイイ時代だった。

基本給をうわまわる残業手当だったら文句いわないよ。
要するに、出すもんしっかり出せば、ブラックなんていわない。
とまァ、オレたちの時代、すくなくてもオレはそう思ってた。

 「職場でノンアルビールありかなしか」 ←Click

こんな議論がある。
笑いながら読んでいて、時代は変わったなァと思った。
女性社員が昼休みにノンアルビールを飲んでいた。

それを上司が咎めて、1時間お説教し、挙げ句に帰らせた。
アルコール入ってないのだがら、やり過ぎじゃないのか。
って議論なのだけれどねぇ。

率直なオレの意見だと、「飲兵衛はしゃーねーな」だね。
パトさんは「コーラ飲むのとおなじじゃない?」といった。
アルコールはいってないからイイじゃないかって論理。

この1時間ってところがミソ。
たぶん、ノンアルです、なぜいけないんですか?
と、食い下がったんだと思う。

ヤフコメの天の邪鬼がすぐに屁理屈いうけれど、
要は会社という場所のTPOなのだ。
アルコールゼロだからと、堂々とやっては咎められる。

それが会社の秩序ってものだからね。
残念ながら、これが日本のたいていの世間常識だからね。
職種にもよると思うが、ま、普通はそうだ。

オレたちが100時間以上の残業こなすとき、
ここイチバン納期どうしても間に合わせるやり仕舞いだと、
徹夜続きには、会社から一升瓶の差し入れがあった。

交代要員がきたとき茶碗酒かっくらって仮眠するんだ。
ま、職種もあるけれど、会社も上司もわれわれも、
納期完結するという使命で動いていたから、罷り通っていた。

屁理屈だけでは通れない世間的常識ってものがある。
世間へ出たら、自己ってものを、
ときにはひっこめなきゃいかんこともある。

秩序ってものは、しばしば理不尽を伴うのだ。
長いものには巻かれておいたほうがいいこともある。
そうじゃないかぇ、若い衆。

 17628-a2.jpg

ソファーに並んでテレビ見てる。
「この頃、喧嘩しないよね」とパトさんがいう。
そんな、ムリに喧嘩するこたァない。

一緒に暮らしはじめたとき、ケンカはいっぱいしようと決めた。
そりゃもう、この年まで別々に生きてきたんだから、
2人とも「頑固」という言葉がこびりついてる。

ましてや、相方はこの歳まで独り身貫いて、
独身貴族どころか、もはや王族の域であったから、
そりゃま、かなり手強いのだ。

だから、擦り合わせの段階から、本気のケンカをした。
なんなら取っ組み合いか、殴り合いしたいくらい。
不満を腹へ溜めといちゃダメだからね。

ぶつけ合おう。そう決めてあった。
ぷいッと横向いていて、
しばらく醒ますと妥協案がでてくるんだねぇ。

「ごめんな、オレ、こう思うけど..............」
「わたしも、こう思ってた」

ケンカのネタがなくなったのか。
ま、出すだけ出しちゃえば、ケンカの材料もない。
オイらもホトケになったもんな。

 17628-a3_20170628113244ef3.jpg

高齢者の9割が貧困化するっていう。
いまのところ実感はないが、他人事ではない。明日はわが身かもしれん。
確実に世の中はそういう方向へむかっていると思う。

しかも高齢者のおひとりさまが増えていくのだけれど、
誰かのお世話になるとしても、有料ホームは高くて、
オレたちボンビー人間は到底ムリだし、特養は三桁待ちだからねぇ。

高齢独り者は独り者でいるなといいたいのだが、これも無責任か。
できれば、さっさと熟年再婚すべし。
ひとりよりも、ふたりがいいに決まってる。

寡婦で遺族年金を受給していると減額だしねぇ。
若いときみたいに、1人では食えないが2人ならなんとかならーてのは、
もはや通用しないしねぇ。

だから、計算はしなくちゃいけない。
高齢者で最も大切なことは、現状認識ではないかと思うのだ。
いまがわかれば、その先がわかるってもの。

ずうっと、ずっと、いまの日が続くのだろうか?
まず、それを考えなきゃいけない。
考えたくなくても、考えなきゃいけない。

むかしの栄華が忘れられずに破綻したりとか、
それがイチバンらしい。
若者にも余裕がない。それなら自衛するしかないんだ。

エラそうにいうけれど、おまえは??
そういわれたら自信はないねぇ。
オレたちも大病したら、たぶん破綻する。

だから、心身ともに健全でいなきゃいけない。
爺ィちゃん、父親みたいに90歳で、
ナースウッドのように静かに横たわりたいと思う。

だからね。
喧嘩の材料なくなったみたいだから、
二人で支え合って頑張らなくちゃいけない。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4831-7af15444
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

所詮は貧乏人の遠吠えだからやめとこ «  | BLOG TOP |  » あの本なんて詐欺みたいなもん

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する