topimage

2017-11

我慢する気にはなるわィ - 2017.06.23 Fri

薄曇りというか、白っぽい空で、朝から25℃とアツイ。
今日まで晴れだそうな。あとは梅雨空。
だからというか、昨日のうちに浜松城公園へ散歩にいってきた。

もう1つ目的があって、市役所に寄って、県知事選の期日前投票すませた。
日曜日は雨の予報だから、出やすい日にしとうこかってね。
わりと大勢の人が投票にきているし、係員も大勢いるんだな。

棄権してはいけない。
ささやかなわれわれの意志を投票用紙に込めた。
それから浜松城公園まで歩いて公園のベンチでひとやすみ。

すると、爽やかな風が吹いてきて、そりゃァもう、気持ちがいい。
ここで居眠りしていたいくらいだったが、
日本庭園まで歩いて、カルガモの親子をみつけた。

ちいさいのが6羽。親ガモの後をついてゆく。
このちっちゃいのが意外と機敏でね、観ていて愉しい。
周りをみると夏アカネが飛んでるし、カエルがゲコゲコ鳴いてるしィ。

ここが街のド真ん中だとは思えない静寂がある。
天守閣へはいかなかったが、小一時間歩いてきた。
パトさんの万歩計で3500歩。

 17622-h1.jpg 17622-h2.jpg

 17623-a2.jpg 17623-a1.jpg

Tシャツ短パンでいる。
オレの足は筋肉パンパンに張っている。緩みはない。
固いものねぇ............ とパトさんがいう。

これだけが自慢だが、脚力は、残念ながらやや落ちたように思う。
昨日あたりの3500歩で疲れる。すぐに回復するが疲れる。
膝も痛くないし、腰の痛みもなかうなったのに、耐久力がない。

70歳までは、何時間歩いても、もうダメって弱音はかなかった。
最近は、最後のダメ押しが利かないんだな。
それは自分で認めている。

50歳代後半までは鍛えていた。
筋肉が未だ残ってるのは、そのおかげだろうか。
ま、多少の衰えは、しかたあるまい。

パトさんがジムへゆこうという。
オレが抵抗しているんだな。めんどくさい。
いまさら、きつい思いをしなくてもいいんじゃないかって思う。

 17623-a1_20170623092422e8b.jpg

それはオレが怠けもんだからいうんじゃなくて、
ロートルが鍛えたってなんになる? と思うからなんだな。
50歳代半ばまでは現役という意識があって、自分のために鍛えていた。

そもそもは巨魚との対決のためだし、
ハードな釣行で仲間や後輩に迷惑をかけないためでもあるし、
ひいては社会に、イイ年こいてなにしてるの、と後ろ指さされないため。

いま、そういうもの、なんもないもんな。
あえて、ヒィヒィいって身体苛めて、疲労感だけ残すのは、
そりゃァナンセンスというものだ。

腰傷めるくらいのもんだからさ。
ぐーたらぐーたらしてればいいんだわさ。
オレはドSじゃないからね。

 17622-h3.jpg

朝ご飯食べながらテレビみている。
いやァ、あの人凄いねぇ。
運転している秘書に向かって怒鳴りまくるねぇ。

あれで東大での、元官僚の、議員さんなんだなァ。
ほかの浪花のカミツキ議員の発言はtwitterでみているが、
凄まじさは匹敵するねぇ。

それから芸能人の二股騒動やら、淫行やら、薬物はもってのほかだが、
大物MCがW不倫だなんて、他人はつつくが、自分のことはしらんぷりだな。
なんだりかんだり、ネタのタネは尽きまじ。

メディアの劣化が云々されるが、
記者会見でイヤに的外れでつっこむ記者がいるなと思えば、
自称ジャーナリストの市民派だったり。

それからネットライターというポジション。
売れっ子になると、1000万から、1500万の所得があるという。
なかには、テレビ観てるだけで書く記事だってある。

いいのかねぇ。これで???
メディアの矜持の欠片も感じられなかったけれど、
PVとれりゃいいんだそうな。

これはネットなんだから.......... たしかかにそういった。
自分のポジションをどう考えているのか。
ああいう記事に、昼間からネット粘着民のコメントが絡むんだ。

それが、なんだりかんだり炎上という姦しさに膨れあがる。
これが世論という衣を着て、社会の隅っこを動かしたりするんだ、いまは。
今年だって、いくつかそういうのがあった。

「こんなもん、気にしなきゃいいんですよ...........」
当のライターはITバブルくらいの意識しかないのだな。
どこかで社会の片隅動かしている自覚はないようだ。

たとえば、炎上してCM撤回したり、芸能人を追い詰めたり。
ああいう記事の、それの反応が世論かって思う。
どこかちがうよなァ。

もっと既存メディアにしっかりして欲しいけれど、
これがァ、ふぅぅ............
はなはだ怪しいんだ。まさに劣化だね。

たとえば、ネットの戯れ言ひろってきてソース確かめもせず、
それを、さも事実であるかのように放送してしまう、
どこの局とはいわないが、情けないとは思わないのかぇ。

 17623-a2_20170623092525781.jpg

カメラのレンズを通して日常を見てるから気付くことがある。
カメラもたなかったら、そのまま通過してしまうんだね。
内弟子がうれしいこといってくれる。

ま、どうでもいいようなことでも、知れば愉しいものだからねぇ。
「パト写真部」は、ふるさとや遠くに住む身内の方々への元気のたより。
で、メールが届くんだ。

メールもらって喜んでるんだから、
もっと撮らないといけないよ。あんたァ。
頑張れや。

 17623-a3.jpg

「女房はあれば煩わしく、いなければ不便」
これは、かの永井荷風センセの言葉だっていう。
ま、ちょっとまえの男にとって、ひとつの真理ではある。

いまどきは違うのだろうけれど、よくわからない。
が、しかしィ........... いないより、いたほうがいいに決まってるゥ。
1人って、たしかに気儘。誰も文句いわない。だけどこれは強がりさ。

本音をいえば.............
まァ、その本音をいいたくないから、強がりいってるわけでぇ。
自分が動くしかないから、工夫もする。これって自然の理なのだねぇ。

そんなもん、めんどくさいにきまってるゥ、ほんと。
いうことはひとつ、「だって、しかたないじゃん」ってね。
でも、どーせやるなら愉しまなくちゃァってことだった。

そのむかし、周辺のお一人が「かけがえのない人」と、
彼女にとって大事だったお人のことを表現した。
ま、いろいろな想いをごちゃまぜにしたのが、これなのだ。

まさに「かけがえのない人」にいろんな想いが詰まってる。
でも、いちばん大きなものは、喪失感に間違いない。
手を差し延べたって、もう、2度とこの手のなかには戻らない。

寂しいか、っていやァ、寂しいんだ。
自分の置かれた立場が、やりきれないくらい切ない。
男と女がどーしたっていう物語を読む気も、観る気もなくなる。

あ、オレにゃァ、もう無縁って思ってるわけじゃないが、
他人事であっても、めんどくせーや。
そういう感情が、心の隅のほうに黴みたいに、ひろがってくる。

だけど、腹減って死にそう........ って思っていても、
空腹でぶっ倒れるまで、他人にゃァ、オレの空腹はわからない。
そういうものだよな。

あららァ、お腹減ったの、可哀想ね。
と、いってくれる人がいてくれると、
空腹の辛さは免れないにしても、我慢する気にはなる。

なんとか食い物にありつくまで頑張ろうか、
と気持ち奮い立たせられる。
これが「人」という字なんだっていう。

お互いが支え合って、しっかりと立っていられる。
独りは暢気でいいのだけれど、
「ありがとな..........」っていう人がいない。

「こちらこそ、ありがと.............」とは返ってこない。
独りで、どんなに強がりいっても、満たされてるとはいいがたい。
1人より2人がいいのは決まってる。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした.........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4826-e1d1708f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

幸せとは瞬間的なものだ «  | BLOG TOP |  » モノいう人が多すぎるんだな

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する