topimage

2017-06

なんていうとまた老害だっていやがる - 2017.06.20 Tue

イイ天気だねぇ。6時に起きてきたから窓の外が眩しいィ。
昨夜、早かった。11時には眠ってた。
パトさんも早かった。ま、お客様があるとなにかと疲れるもんだァ。

午後から、帰る姉上を駅まで送ってパトさんがでかけ、
ちょっとデパート寄ってくるからね、といったら晩までは帰ってこない。
「デパ地下弁当でいいからな...........」なんていっちまったから余計。

デパート袋2つぶら下げて帰ってきた。
なんかしらん。これが生き甲斐みたいなもんで..................
デパ地下弁当は、島根県の奥出雲黒毛和牛弁当ってけっこう長い名前の牛めし。

お疲れさ〜〜〜〜〜んって、缶ビール1本付きだった。
うめぇ。ビールもめしも。
食べ終わってオレがテレビ観ていたら、傍らでパトさん傾いてた。

女性って器用に居眠りする。
座ったまんま、ちと傾いて、項垂れていれば、目は瞑ってる。
これが気持ちいいんだから、そっとしといてあげた。

そうしたら10過ぎに、がばっと起きて、
「お先に休みますゥ」ってお客さま疲れしたんだな。
ま、姉上も4時間かけて、列島東端まで帰るのもタイヘンだァな。

故郷遠く離れたパトさんに、姉妹や家族の絆をできるだけ繋いであげる。
これはオイらの役割なのは間違いないし、
それで彼女が心穏やかに暮らしてくれれば、それは2人のシアワセでもある。

 17620-rr2.jpg

前回の「おんな城主 直虎」で久々に家康が登場し、
海老蔵さんの「信長」もちょいと顔見せで、井伊内政ばなしから抜け出るかと、
多少の期待はあったけれど、ま、そんなもんしらんぷり。

海老蔵「信長」観ていてちょっとだけ違和感あって、
なんだろう、これ........... と思ったら、頭に毛はあったものの、
WOWOW舞台中継でみた海老蔵「座頭市」とおんなじ。

そうか、なにを演じても海老さまなわけかと納得。
家康も瀬名に膝枕なんかさせてたけれど、瀬名の顔はいかにも不満気。
それを振り払い「戻るぞ」と木戸を潜るころの顔はきりッとまったく違った。

瀬名こと築山殿と家康、その未来を象徴させるシーンだったね。
ま、主役は直虎であるけれど、サブ・ストリーも描きこんでほしいね。
たけがうめになった。これには笑ったけどねぇ。

 17618-o17.jpg

明日あたりに県知事選挙の期日前投票に市役所いって、
その帰りに市役所裏の浜松城天守まで歩いてこようかと思っている。
このまえはいついったかな。紅葉の時季か。

天守閣から遠州灘と浜名湖の浜名大橋が見える。
浜名湖渡りの空っ風が城内の松籟を鳴らすという表現が、実感できる。
むかしのことだから、さぞや風が強かっただろうと思う。

唇を噛みしめて松の枝を鳴らす音を聞いたんだなァ。
誰がって??
この城にあった徳川家康は、幾多の難題を凌いだわけだからね。

今川が桶狭間で滅び、遠州をわがものとした家康だったが、
まだ駿河は武田領なわけで、執拗な武田と対峙しなければならず、
家康公の生涯でいちばん苦労をした時期だった。

最初は掛川城を居城にしようとしたらしい。
ただし、同盟の織田の加勢を頼みとすると天竜川が気にかかる。
増水でもしていたら援軍が足止めになってしまう。

それで、三方原台地の南端に城を築いたのが、浜松城なのだ。
天守の下に市役所があり、その横に小学校があったが移転した。
ここに文化施設ができるが、当時の城郭の遺構があって発掘調査するらしい。

家康がどんな浜松城を築いたのか興味津々。
秀吉によって江戸へ移封されるまで、
この城で凌いだ若き日の家康公をちょっとだけ偲べるかもしれない。

 17618-g22.jpg

パトさんが姉上を送っていっているあいだに、日曜日撮った写真を仕上げた。
内弟子の写真はアルバムになるほどの出来ではなかった。
ま、姉上と行動をともにしているのだからしかたがないねぇ。

ゆきたいと欲したときに「よし、往くッ」ってのは、
気儘な独り遊びがいちばんだったけれどね。
逆もあるわけで「往きたくない」ったらてこでも動かないんだしィ。

要するに、どこかへ「往くッ」て発進力、行動力スイッチは1人より2人。
多少は意欲が衰えていても、傍らで「ゆこゆこ...........」といわれりゃ、
その気にもなるっていうもの。

で、帰ってきてから撮った写真みて、
「うわァ、うわァ、うわァ.........」といってくれれば、また往く気になる。
ま、この相互作用は計り知れない起動力だな。

以前はっていえば、イイ写真が撮れたっていう自己満足しかなかったが、
「愉しかったねぇ........」という言葉が添えられれば、満足は倍加する。
要は気分の問題だからねぇ。

 17618-o18.jpg

その気分の問題っていえば、高齢者ファッションてのも変わりつつあるらしい。
先日の行楽地でも、オレのまえゆく細身のジーンズはいた爺ィちゃんは、
失礼ながらも頭ピカピカなれど、スリムジーンズがカッコよかった。

よしオレも買いにゆくぞ、といったらパトさん喜んだね。
ま、ファッションでも年相応ってのが、案外とクセモノだからねぇ。
これって、いまや死語だと思うよ。

似合えばいいんだ、なんだって、年齢なんかカンケーない。
あの人が「 ダンディ忘れちゃだめよ..............」って、いいおいてった。
オレだっていくつになっても、それなりのオシャレ心は失いたくないと思ってる。

姉上がこういった。
「ケンタッキーのおっちゃんみたいね」
髪も髭も真っ白になったが、まったく気にならない。

長年憧れてきたショーン・コネリーに近づいたんだから、むしろ喜んでる。
「あらァ、てっぺんがァ.........」ってときどきいわれるが、
これも気にならなくなったし、なんかを乗っける気もまったくない。

「ま、よくもここまでもったもんじゃ......」
と、よく頑張ってくれた髪の毛さんに感謝状あげたいくらい。
若ハゲ家系のなかで、これまで維持してきたんだからねぇ。えらい。

シャンプーするときの手応えはめっきり減った。
でも残りの髪の毛さんたちに、
ありがとさん....... って思いを込めて、毎日シャンプーしてるわな。

パトさんは、外出にときどきウイッグ乗せていく。
ま、あれはちょっとだけ若返ったりする。なるほどねといったら、
「あなたも 買ってあげようか」というけど、オラいらねぇ。

なんならクリクリの5厘刈りにしたいのだが、
「それはやめて............」というからめんどくさい長髪にしてる。
もっとも、パト美容師のカットだからカネはかからない。

最近は、「いいじゃん、テキトーで........」になっちゃってるね。
そのくせ「どう、みたって爺ィ......」といわれると、猛烈に反発するのだな。
まだ、ここいらへんは往生していないねぇ。

ただし、年相応にあるべし.......... という観念は2人ともこれっぽちもない。
年相応ってなんだ? 誰が決めたんだァ?? そう思ってる。
あの人のいいおいていったこと守ってるよ。

「ダンディズムだけは捨てちゃダメよ」
で、そのあとがあるんだ。
「爺ィは、ほっといても爺ィなんだから、自分から爺ィになっちゃダメ」

 老人と暮らしていない若者が増えたのが
 老人に対する思いやりがなくなった原因です。
 あいつらは老人の衰え方を日常的に見てないから理解できないんです。

こういったのは永六輔さん。
あいつらは口開けば老害だというけれど、その安穏を築いたのは誰だ?
な〜〜んていうと、また老害だっていいやがる。

これからは人口減るし、あんたらタイヘンだよ。
オレたちゃそれなり頑張って、その結果も謳歌したしねぇ。
ま、タイヘンだけど、よろしくたのまァ。

そうじゃないかぇ、皆の衆。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

 
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4823-b9e5684c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それで人世はバランスがとれている «  | BLOG TOP |  » はかないって字は人に夢と書く

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する