topimage

2017-07

最近は迂回路があるらしい - 2017.05.04 Thu

ぐっすり眠った。昨日の、ちょっと早起きしたのと法事疲れだな。
アンダーも半袖にして、いっぺんに初夏の装いになっってしまった。
それで体重計乗ったら2kg減っていて、うれしいこと。

食べないんだもんね。減るはずなんだもんね。
窓の外は気持ちがよさそうな空だったから、開けてみると、
基地でエンジン音がしたみたいだから、ブルーの中継かなと耳を澄ます。

そうしたらタバコの臭いが、どこかからあがってきたのだ。
途端に気持ちわるくなって、慌てて窓を閉めた。
いわゆる受動喫煙ってヤツだね。

いやァ、こんなに不快になろうとは思いもしなかった。
タバコをやめて15年。それでもある検査をすると、喫煙の過去がわかる。
要らないねぇ。こんなもの。

で、ブルーだったのか、どうかわからなかった。
松島は昨日でている。
浜松中継で岩国のフェスタへゆくんだね。

浜松基地のエアフェスタ日程がまだでないんだ。
おなじ時季に自衛隊の大きな行事があるらしい。
それ次第で日程がでてくる。

 1754-a1.jpg

浜松祭りは中日、曇っているけれど日差しも強くなく、
昨日あたりは浜風が吹いて、大凧がよく揚がったと新聞は祭り一色。
直虎の幼少期おとわを演じた新井美羽ちゃんが大人気だったとか。

毎年、市でつくった凧もあげるのだが、
今年は絵柄が大河にちなんで家紋が井伊家だったそうな。
これを「おとわ」と染めた法被着て美羽ちゃんがあげたらしい。

もっとも大きさは六畳だからね。
大人の手を借りないと凧糸もっていられない。
ま、今年の浜松は、なにかにつけて美羽ちゃんが大人気だな。

 110501-y04_20170504091242c93.jpg 110501-y03.jpg

 110501-y02.jpg 110501-y05_20170504091246754.jpg
 ↑ 熊野の長藤☆画像クリックで拡大します

正直いって、もう、うんざりするのだ。
過去の歴史をなじることしかしてこなった自虐の国と、
事実であろうがなかろうが、国際ロビーで動いてきた国との違い。

つまり、これが如実にあらわれているのが現在なのだ。
いわゆる「慰安婦問題」なのだね。
あれだけ言い募られると嫌韓が拡がってもしかがない。

京都のラーメン店で韓国の俳優が差別用語を投げかけられた。
ま、これはしてはいけない。あたりまえ。
けれども、この自称俳優には「こんなはなし」もでてきた。

それを知っていての差別用語であれば、自業自得の面もある。
日本女性をナンパして、その動画で利益をえていたのであらば、
話しはちょっとだけ違ってくる。

それはさておき、この国との約束ごとのゴールポストは、いつも動く。
次の大統領になるらしい人は、あの合意は反故にするらしい。
たぶん、10億円もなしくずしだろうな。

もう、うんざり。
この問題がなんであるかは、下記をお読み頂きたい。
櫻井よしこさんが、要点を書かれている。

 「いわゆる従軍慰安婦について」

あるテレビ番組で、櫻井さんがこう発言された。
正直いってハッとした。
で、じわァ.................... と涙腺が緩みはじめた。

 韓国の女性だけではなかったのです。
 日本人女性のほうが多かったのに、
 だれもふれようとはしない。

 110501-y11.jpg

「ブログやめようか........」
めんどくさい。書くこともない。
「やめられないでしょ」とパトさんがいう。

でも、これだけのかたが読んでくださる。
なんだかんだと、ゴタクならべるけれど書いてる。
うじうじと続いてゆく。たぶん。

不肖ごんべ、わりと往生際はいいほうだ。
多少のこだわりはスパッと捨てる。あまり悔いは残さない。
それは子供の頃からなのだ。

いつしか学んだ自分のハートを護る術でもある。
いつまでもグズグズしているより先へいこう、と思うのだ。
先にいったら、いいことあるかもしれない。

すくなくても、ぐずぐずウジウジしてるよりはいいだろ。
そう思って生きてきた。
迷ったときは、躊躇わずに先へ踏み出す。

これはねぇ。ときどき、はやとちりすることもあって、
失わなくていいものを手放したりするのだけれど、根が楽観主義だから、
ま、いいや............. と往生こくのもまたはやいんだな。

 110501-y08_201705041001048b6.jpg

ここんところの性分は、パトさんもよく似ていて、
雪国育ちなのに、宵越しのカネはもたねぇ............. って男っ振り。
こんな2人では減りはしても増えやしないね。

だからこそ、マンション売って、さっさとこっちへこれる。
ま、どうせ、カネは天下のまわりもんだァーな。
って、近頃はそうじゃないらしいけれど................

ネットにこんな言葉があったよ。
あってるかはむにゃむにゃだけれど、
ま、遠からずではあるな。

 カネは天下の回り物という口癖を持っている人は、
 オカネの面でサバサバしていて、
 あまりオカネには執着のない人であり、
 それでいて、カネまわりのよい人なんだなと判断できる。

根がボンビーだから、カネなくても悲壮感ないしね。
そのうちなんとかならァーな、と思ってるしね。
野垂れ死にしたって、どうってこたァないって思ってるしね。

 110501-y09_20170504100105e03.jpg

オレはオヤジのおかげで、てっぺんもどん底も知ってる。
乳母日傘で育ったのに、みんなで袋貼り内職して、それ納めて工賃もらい、
帰りに乾麺買ってくるって経験もした。

大鍋で煮麺つくって、ほら、腹いっぱい食べなって、
中学生でそういう生活もしたけれど、みんな明るいボンビーだったよな。
そのうちなんとかなる、いつもそう思ってた。

オヤジががんばって、なんとかなった。
あれってなんだろう? ヤケクソになりもしないし、グレることもなかった。
淡々とその生活に甘んじて、されども希望も捨てずにね。

うちのなかの家具に赤紙べたべた貼られていたこともある。
オヤジの会社が倒産しての差し押さえ。
それでも、大鍋の煮麺を笑いながら食べてたからね。

こういうのを経験してくると、ボンビーなんか怖くない。
なーに自分が頑張ればそこそこに戻れるんだ、って知ってるから、
誰も恨まないし、拗ねもしない。

 カネは天下のまわりものだーな。
 そのうちまわってくるよ。
 そう思えるのは強いねぇ。

てっぺんも知ってる。底も知ってる。
すると上から目線なんてできない。
自分目線といったらいいのか。おのれを知ってモノをいう。

そうありたいといつも思ってる。
実は、これが人世を快適に暮らすコツなのかもしれないよ。
吾足を知るだな。

 いまの時代に老人があまり張り切るのは、
 よろしくないと私は思う。
 老害と呼ばれる年寄りたちは、
 いずれも高度成長期にバリバリ仕事をしてきた連中だ。
 だから俄然、昔を思い出して、ああしろこうしろと言いたがるのだ。 

                     ー菊地庄次郎ー

その通りだね。
いつまでもいうのはよくない、たしかに........
けれども、てっぺんもみたから、いいたくもなるんだ。

バリバリ仕事したら、てっぺんへゆけた。
文句ばかりいわずにバリバリやってみろや。
ブラックだなんだ。やりもせんで、イイことなんかあるもんか、ってさ。

いいたくもなるんだ。
文句もいわずにやるこたァやった。
だから、カネもまわってきたんだァ、っていいたいんだ。

天下のまわりもの。
最近は迂回路があるらしく、さっぱりまわっちゃこない。
ま、老いたら黙る、これがよろしいようで...........

なんか眠いぞ。
ほなした.....................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

   
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4776-23fe926a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ときどき忘れるけれどねぇ «  | BLOG TOP |  » 法要で寺へゆく

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する