topimage

2017-04

その人なりにノーテンキの根拠がある - 2017.04.16 Sun

温かいねぇ。デスクで 22.5℃。昨日は清水で26℃あったらしい。
なんか一気に春になってしまって、目覚めたら10時だった。
パトさんが笑う。オレもつられて笑った。

どんだけ眠るん?
昨夜寝たのが12時頃だから、たっぷり10時間も眠ってるゥ。
寝る子は育つって、また大きくなってしまうがな。

だいたい爺ィは朝が早いもんと決まってる。
まえの住居にいるときは、朝焼け富士をほとんで観ていた。
ここでは見えないからねぇ。それで夜型になったのかぇ。

眠り過ぎると身体に悪いらしい。短命だっていう。
だらだらと眠りが浅いから、長時間眠っているのであってそれは惰眠だそうな。
もう短命という年齢は過ぎたし、ま、平均が8時間だからいいんじゃないか。

就寝だと思うよ。
いつもの時間がきたから寝る。こういうことはしない。
眠くなかったら寝ない。

サラリーマンやめてよりこのかた、規則正しくなんて、
だいたいできない人っていうか、しなければいけない仕事があれば、
2日くらいは徹夜でもするし、終われば2日間くらい眠ってるって人だ。

まァ、半生をそれで通ってきてしまったから、
身体なのか、脳味噌なのか、そういう睡眠習慣になってるんだね。
眠りたいときに、眠りたいだけ眠る。これでいいんじゃないかしらん。

 17412-fp07_20170416111709c78.jpg

怠けもんの神さんだの、居眠り妖怪泥ぃだの、貧乏神さんだの、
ま、まえの住み処にはいたらしいから、
おまえんちは妖怪屋敷かっていわれたことがある。

オイらの妄想がうみだしたものだから、
いるっていやァいるし、
ほかの人がみたって見えやしないんだな。

怠けもんの神さんって、ごんべの守り神さん。
どうせ、この世のなか、なるようにしかならねぇんだぞ。
って、のんべんだらりちゃらんぽらん、を悟らせてくれたんだからね。

オイらの好奇心っていうか、生きる活力がやや衰退すると、
怠けもんの神さんがねぇ。
「まいど、おおきにィ..........」と、どこやらからでてくる。

それが別にイヤじゃなかったんだな。
8年間の後半のほうでは、
かなり、こいつと上手につきあえるようになったからね。

たとえば、
頑張って、ご飯つくろうとすると、こいつがでてきて、
「やめとけ、やめとけ、めんどうやろ................」と耳元で囁く。

「そんじゃ、どーすんねん?」
「寝ちまったら、腹も空かねーよ」
「そうだな、そうすっか」

なんてね。怠惰に流されて、そのまま寝てしまう。
すると、今度は夜中に腹の虫が「まんま食わせぇ」と大合唱するんだなァ。
しかたなし夜中に冷蔵庫あさったりすると、ケ、ケ、ケ......... とヤツが笑ってる。

そのうちに、怠けもんの神さん居眠りしてる隙に、
ちょいちょい、ちょいとなにかつくって腹を満たすって技を憶えるんだ。
つまりは、そうして生きてゆくって知恵を授かるんだね。

はからずも1人ぼっちになり、狼狽えて、気分どん底の、
どうにもならないところから立ち直り、
さァ、やらねばならぬ、生きねばならぬ、ってなんか妙に気張ってた。

そのシャカリキをなオレを、
「まァ、まァ、ええがな、てきとーで...........」
って諫めたのが、誰あろう怠けもんの神さんだった。

 17412-f220.jpg

それで、こっちへ引っ越すときに断捨離一段落して、
「まいどー」って荷物の間から、怠けもんの神さんでてきたからねぇ。
「あんたどうするん?」と聞いてみた。

「ま、切っても切れん縁じゃによって......」
そういってから、ぐっとすくなくなった家具に紛れて、
こっちへついてきたらしい。

こっちへきたらパトさんが傍にいて、なーんもしない。
なーんもしないけれど、
むかしのなーんもしないとは、わけが違う。

なーんもしなくていいからしないだけで、
なんかしなくちゃいけないときは、なんかする。
そのへんの機微は、怠けもんの神さんがみっちり教えてくれた。

相方は、なーんもしないのを面倒みるのが好きな人だっていうから
そこはそれ、割れ鍋に綴じ蓋っていうヤツだわいな。
ただし、オイらは、おひとりさまキャリアつきの割れ鍋だからねぇ。

なんかしらん、都合のいいゴタクばかりならべているが、
要は感謝の気持ちだわいな。ありがとさまっていつでも思ってるゥ。
酔狂にも、こんな鍋の蓋になってくれたんだものねぇ。

だからさ、ついてはきたものの。
怠けもんの神さんの出番がすくなくて、
近頃はデスクの下へはいったまんまだよなァ。

 17412-fp21.jpg

貧乏神さんとも、ながァ〜〜〜〜い付き合いだな。
この神さんは、自分自身が呼び込むんだっていうのだが、
オレは、この神さんがキライじゃない。

オヤジのおかげで、栄華もどん底もみさせてもらった。
両方を知ってるのがオイらの強みだし、その赤貧がイヤでもなかった。
あの程度のそこじゃ、足りないっていやァ足りないかもしれない。

脱サラあと1年半のブータローのときに、
釣りの帰りの戯れに、ある古戦場のちいちゃな駅前の占いに寄ったのだ。
そこのイガグリ頭の爺ィさま占い師がいったのだ。

「あんたは平均線を往ったり来たりする人だ」

え? 大金持ちにゃなれないんだ。そう思ったけれどね。
ま、それほどに苦労はしないっていうんだから、ま、いいか。
単純なヤツだからそう受け取った。

考えてみればそうなんだな。
岐路にたって、どうすんだ?? ってきょろきょろしてると、
解決策がぽこっと向こうから出てくるんだからねぇ。

遡って考えてみても、だいたいがそんなもんだった。
あ、これがオレが背負った運というものなんだと、
単純なヤツだからねぇ。オレって思いこんだら暢気なもんだ。

うちにいる貧乏神は、あんまり酷いヤツではないらしいのだな。
どん底まで引きずり込むけれど、ふぃっと引き離す。
で、浮上しかけると、また引っ張る。

それを知るとますます楽観的になれる。
楽観的とは、物事がうまくゆくものと考えて心配しないさま。
物事がうまくいくだろうと明るい見通しをもつさま............. とある。

それと似たいいかたに「楽天的」がある。
物事にくよくよしないでいつも明るいほうに考えていくさま。
暢気なさま。人生や物事を楽観しているさま。

で、「楽観的」は何も考えずノーテンキなイメージが強く、
それに対して「楽天的」は前向きに考える人だっていうけれど、
楽天家のオレが思うに、これの違いなんて断じてない。

大人がノーテンキになれるのには、
そこまでの来し方に「これくらい」ならイケそうだぜって感触があって、
だからこそ、よしんば逆境でも、くよくよせずに前を向いてイケるんだな。

その人なりのノーテンキの根拠があるんだ。
うちの貧乏神さんも、いまだ、そこいらに隠れているようだけれど、
コイツは長い付き合いだから、無下にもできないしねぇ。

ま、賑やかでいいやね。
ほなあした..........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

   
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4756-283ef838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

柄にもなく早起きしたら眠いこと «  | BLOG TOP |  » ラクチンのための方便だな

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する