topimage

2017-06

これだけだってシアワセだよなァ - 2017.04.08 Sat

もあァ〜とした空気だな。デスクの温度計で21.6℃。
外は でモヤってる。憂鬱だねぇ。梅雨の先取りかっていう。
桜終わっちゃぞ。ホントにもう.................

だからといって、傘がないわけじゃないけれど、
傘さして外へゆくほどのやる気はなし。
ホントにもう....... っていいながら、ぐだぐだしてるんだな。

急に蒸し暑いんだ。すると途端に発熱下着に違和感がでてくる。
なんか肌にまとわりつく、不要な熱感が気味悪いからゲンキンなものだ。
脱ぐよ、といっても綿肌着が出してなかったヮ。

 1745-sa52_2017040810340054d.jpg
 
そういえば、今日はオイらの誕生日だな。
天上天下唯我独尊と産まれてすぐにいったというお釈迦さまの生誕日でもある。
ここまでくると、ときどき年齢を忘れるのだ。ほんとに。

で、手の指と足の指ぜんぶ使って数えるが、
めんどくさいくらいに多いので、途中でやめてしまって、
オレがいくつだったのか、最近はわかっちゃいないなんてのは、ウソだけどね。

傘寿にはまだ間があるが、そのときは娘たちも呼んで、
どこかで食事会したいな、と思う。
愉しいことはそれまでとっておこう。今夜はパトさんと2人。

あとでショートケーキとお寿司を買いに、
パトさんがいってくれるそうな。
プレゼントがまだ決まらない。来年の今日までに考えとく。

欲しいものはあるよ。でも10万円だもの。
これ欲しいといえないよ。あと半年経ったら自前で買うヮ。
500mmの超望遠ズームレンズね。

 1745-sa07.jpg

60歳代でカミさん失くし、おんぼろろと泣いてるうちに古希を過ぎた。
ありゃりゃ オレも..............
いっときくしゅんとしたものだったが、なんの、なんの、なんのようこ。

とうとうオレもここまできてしまったか、そういう思いはだれにある。
けれども、そのさきゃ、まだまだ、まだあるのだな。
だから、そこは自分の考え次第。

まだまだ遊ぶ時間がいっぱいあると思えば、愉しくて、愉しくて、
ボケないようにだとか、後ろむいてちゃ、ほんとにボケてしまうよ。
まえ向いてりゃ、まだまだ洟垂れ小僧。

 誕生日ケーキの蝋燭の炎は冥土の旅の一里塚
 めでたくもあり めでたくもなし

2人とも、案外と執着のない性格だから、その点はラクチン。
ういたかちょうーちんしてれば、なんとなく、その日が暮れてゆく。
明日の憂いのないのがいちばんのシアワセだからねぇ。

 1745-sa21_201704081109476db.jpg

そんなこと教えてくれなかったよ、といわれたんだ。
不肖の内弟子にね。
取説読みなよっていったら、主婦にそんな暇ないっていう。

まァ、そうだろう。
けれども、自分で覚える意欲がなかったら、ずっと足踏みだ。
すこしは.................. ってやめとこう。

じゃァ、やめるッ。
そういわれると、オレが困るからねぇ。
しかたないから、代わりに読んで、納得して、こうだってよ〜ってぇ。

ま、そういう会話ができるのが、うれしいのだな。ここから先の人世にはね。
適当に遊べることを見いだして、
オレに添ってくれるんだから、ありがたいと思わなくちゃいけない。

「かけがえのないもの」ってこういう日々なんだな。
それを失ってあれほどの後悔をしたのだから、
いまある「かけがえのないもの」を大切に、大切にしなくちゃいけない。

 1745-sa33.jpg

爺ィと婆とふたーり。
けっして豊かではないけれど、今日食べるものに困るわけじゃない。
家がなくて、雨風凌げないわけでもない。

まァ、ここまでくれば多少あちこちにいうことあっても、
不治の病に苛まれてるわけでもない。
眠って起きれば明日がくるし、明日はあしたなりの日常がある。

なにも変わらなくたって、明日が迎えられればいい。
先のことはなんにもかわらん。
でも、これが人の世の常だからね。しかたがない。

が、生きている意味はある。
みんなそれぞれにある。
それが思うようにならなくたって、意味はある。

なにかわからないままに終わってしまっても、意味はある。
この世に生まれてきて、なにげに今日一日を過ごし、
明日という日をなにげに迎えることができる。

これだけだってシアワセだよなァ。
おぼろげだがそう思う。わけわからんなりにそう思う。
ま、般若心経の現代訳がこんなだったと思う。

今日は昨日の続きなんだし、今日の続きに明日がある。
その積み重ねがオレの人世。ふた〜り重ねて、2人の人世。
たいして豊でなくてもいい。明日がこのまま続いていってくれればいい。

 幸福な人とは、
 過去の自分の生涯から満足だけを記憶している人々であり、
 不幸な人とは、
 それの反対を記憶している人々である。

こういったのは荻原朔太郎。
そうだな。都合よく記憶を整理できる人はシアワセな人だ。
どっちの側の人なのか、自分の都合いいほうに決めればいいんだ。

 鳥のように自由に空を飛びたいなんていうのは勝手だけど、
 鳥が飛ぶためには何万回翼を動かしているか、よく見てごらん

北野武語録だけれどね。ま、おっさんらしい名言だな。
人は、その「いま」だけを見がちだけれど、
そこに至る努力をあまり感じないままにうらやましがったりする。

百万遍もシアワセだよっていったって、
一編の不幸せでぺしゃんこになってしまうことは経験してきた。
だからこそ、わずかなシアワセがありがたいと思えるのかもしれない。

儚いものでもある。
だからこそ、なにも変わらなくたって、明日が迎えられればいい。
先のことはなんにもかわらんけれど、明日の朝を待てればいい。

オイらのん十歳の一年の、はじまり、はじまりィ。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

   
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4748-f225feb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

たまには釣りばなし «  | BLOG TOP |  » 空気の揺らぎが読めるかしらん?

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する