topimage

2017-11

喉元過ぎればなんとやら... - 2017.03.26 Sun

昨日に続いて だ。今日いっぱいはこんな天気らしい。
でも、温かいんだね。そろそろ桜も咲きそうだしィ。
ぼけぇぇ......................... と見てると下の交差点が渋滞してない。

あ、今日は日曜か。
ここが渋滞していないのは深夜と、日曜日の朝だけだからね。
主要な交差点が、200m位内に2つもある。

温かくなってきたから、夕方のウオーキングを再開した。
その交差点を2つ超えて、カドのコンビニまで歩いた。
往復で500mくらい。

背筋延ばして歩くけれど信号待ちしていたら腰が痛い。
いかに歩いていないかって証拠だな。
え? もうダメなの。パトさんにそういわれた。

 17326-a1.jpg

カラスが、この街のなかに終日いるのだ。
ほかの季節は佐鳴湖の森に塒があるらしく、ここは通過地点。
なのに、数羽ずつの群れで飛びまわってる。

どうやら繁殖期なんだな。
カラスは一夫一妻で子育てするらしいが、
こうして群れで騒いでるところをみるとカップリングだけか。

ちょっとググってみたら繁殖期だけの一夫一妻のようで、
それは繁殖のための効率をよくするためなんだと。
役割分担ってことだ。

してみるとだな、ちかごろの中高年離婚なんぞも、
ヒト科の種の保存本能からかもしれないねぇ。
繁殖機能がなくなったらカップリングの必要がないっていう、それ。

 17326-a2.jpg

歩いてきたら、めったやたらと眠い。
「なんだい、あれで疲れたんか..............」
といいつつも、どこか出掛けるとあとが眠いのに気づいてるゥ。

で、汗が引いて寒くなったので、
おこた恋しや................. とすべてのリモコン傍らにおいて、
炬燵ずんぶりですぐに眠ってしまった

テレビでむかしのアイドルが帯状疱疹になったってはなし。
そのむかしのアイドルもいまや初老。
で、「あ、オレのは治ってるゥ」という鈍感なオイらだったね。

オレはもう、あのころの体力じゃない。
免疫もこんなに低下しているのだ。
だからねぇ。自らの過信を戒めなくちゃいけない。ぐしゅん。

 17325-f1.jpg

昨日のお昼のこと。
「ラーメンと焼きそばとどっちがイイ?」
「ラーメンにしようか?」

パトさんがいままで知らなかったインスタントラーメン。
こういうものは、男やもめのインスタント文化なんだ。
オイら直伝を上手につくってくれるようになった。

ベースは「昔ながらの中華そば」だけれど、
これにいれる焼豚をってし、野菜にも気をつかうと美味しくなる。
昨日は、焼豚ではなくてセブンイレブンの「角煮」だった。

「わたしはお店のラーメンよりこっちが好き」
彼女なりにインスタントを昇華させたパトさんに拍手。
褒めすぎかぇ。

 17325-r6.jpg

散歩を追えてすぐに小雨が降った。
小寒いけれど、ひと雨ごとに春爛漫が近づくのだね。
春を招く雨でもある。

 よみがえる木々もろもろに春の雨

 天も地も現世ながら春がすみ

 二度寝してまだ降りやまぬ春の雨

 春陰やどこぞの寺で鐘が鳴る

今日はバァちゃん、あ、父親の連れ合いのほうだけれど、
月命日だからご膳を供えてくれた。
パトさんに感謝。

 17325-f3.jpg

「いま、なにかいったァ?」
「なにもいってない」
「あら、なんか声がきこえたよ」

って、よくある光景なのだが、これはおひとりさま後遺症。
1人だと、黙っていたら、一日、ひと言も発しない日があるんだな。
それではしゃべることができなくなってしまう。

だからね。おひとりさまは自己の精神衛生のために独り言をいう。
テレビのお笑い番組みて大笑いする。
一人でツッコんで、一人でウケて、大笑いする。

誰も見ている人いないからね。
滑稽だってなんだっていい、わけわからずに笑ってた。
パトさんもそうだったという。

おふたりさまになっても、これが残ってるらしい。
気がつくとなにかいってるのだ。
いまは、これに反応する人のいるのが、ちと違う。

「あァ、美味かった、ごちそうさん」と独り言。
これは自分へのねぎらいと、美味しく食べられる健康と、
そういう気持ちを取りもどしたシアワセの確認点呼なんだな。

今朝もご飯食べて「美味しかったァ、ごちそうさま」といった。
ほんとに卵かけご飯と釘煮が美味かったのだ。
そうしたら、なぜか、向いの人のご機嫌が悪い。

「昨夜のステーキはそんなに喜ばなかったのに........」
アハ。これは困ったねぇ。
お昼のラーメンといい、この猫まんまといい、これは引きずり。

つまりは、気儘にやってたおひとりさまへの郷愁ノスタルジー。
たしかにステーキは美味い。
これはいうなれば以前なら異文化だからね。感動ポイントが違う。

ここのビミョーな心理は理解はしてもらえそうにないかぇ。
だから、あらためて「美味しかった」といった。
会話はしなくちゃいけない。でもタイヘン。

そのむかし、亡き人が長年勤め上げた結婚式場をやめたとき、
なぜか、急に声が出なくなってしまった。
花嫁さんと接するというストレスから開放された途端にこうなった。

で、オレがリタイアして大腸過敏症候群に悩まされたのとおんなじ。
人間てのは、かくもデリケートな生き物であるのだ。
ま、そののちに、もっと、それを感じたのだけれどねぇ。

オレはだねぇ。
リタイアしたからには、いままで傍にいなかった分を取りもどすため、
いっぱい、いっぱい、いっしょに過ごそうと思ったのだ。

あちらさんは、
そうは感じなかったみたいなんだな。
娘に、陰でそういったらしい。

 声かけられるとワタシの想定外のことしなくちゃいけない。
 ほんと、やんなっちゃう。
 毎日いるんだよ、そばにィ........

と、まァ、こうだ。
でも、そのときは、それが「かけがえのないもの」だったとは,
2人とも気付いていない。

失ってみて、そのなんでもない日常の値打ちがわかるんだ。
愚痴いったり、怒鳴ってみたり、いろいろ、いろいろあるけれど、
それが貴重なものだって、そのときはわからない。

それを嘆いてはいけない。
相手を疎んじるのはもったいないんだ。
そうなんだよ、ほんとにィ。

と、まァ、充分に悟っていたはずなのに、あァ、それなのにィ。
で、いまありがたいことに、おふたりさまになった。
あのとき失ったものが戻ってきたはずなに、喉元過ぎればなんとやら。

男ってダメだね、ありがたみを忘れてしまう。
毎日いるんだよ、そばにィ........
これをもっともっと大事にしなくっちゃね。がんばるゥ。

さてと、なにして遊ぼ?
ほなあした........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!

コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています 

   
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4735-6a0e6483
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

皺くちゃのラッキーストライク «  | BLOG TOP |  » これが枯渇したらおしまい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する