topimage

2017-08

くっだらないことでも喋ること - 2017.03.03 Fri

いい だァ。風はないが、ちょっとだけ寒い。
今日は、亡き人の月命日だから丘の上にゆく。
昨日は降っていたので空見上げてると「大丈夫よ」とパトさん。

8時頃、炬燵へいったら窓の外に細い月があったよ。
「ほらね...........」と最強の晴れ女がいった。
でも、雨上がりだから風が吹くなァ。

奥さんにイチゴと珈琲あげとくね。あ、わたしもそうか」
「前任者っていいなさいな」
あなた、なんのつもりでいるのだ??

 1733-a1.jpg

そこに、あの人がいようといまいと、丘の上にゆく。
お花を換えて、線香を上げ、ほんの10秒ばかり手を合わせて帰ってくる。
これだけのことだが、9年間一度も欠かしてない。

パトさんとゆくのだって、もう20回を超えたんだな。
あそこに、いようといまいとゆくんだ。
あそこで手を合わせるのは、自分の納得のためなんだからね。

娘といっしょにいったとき、
「いつまで行けばいいのかな」と問いかけた。
「おとーさんが気のすむまでゆけばいいじゃないかしら........」

「そうだな」といって、もう100回余り。
煩悩の数とおんなじくらいいったのだ。
ゆけば、なんとなく、オレの気持ちが落ち着くからね。
 
 1731-u03.jpg

信長役を市川海老蔵だそうな。
あ、大河ドラマ「おんな城主 直虎」のはなしね。
いよいよ桶狭間だそうだから、ドラマ展開も急になる。

桶狭間で今川が負け、井伊直親は死ぬ。
家康が織田側につき、三河を奪還することで、跡継ぎの亀は謀殺され、
当主を失った井伊家は、次郎法師を還俗させて、おんな城主が誕生する。

信長が本能寺で倒れた年に、直虎も没したのだそうな。
おたおたしていた家康が本性あらわして、三河、遠州を領地とし、
瀬名の築山殿との葛藤があって、今川の血を佐鳴湖湖畔で断つ。

家康贔屓のオレとしては、
このあたりの「戦国無惨」を作者がどう描くかに興味があるね。
海老蔵信長の出来や如何ィ。

 1731-u05.jpg

このちかくに佐鳴湖というちいさな湖があって、
浜名湖と通じていて、そのむかしは、舟で往来したという。
その東岸の小薮に「太刀洗いの池」があった。

オイらが小学校の頃には谷間の湿地帯で、
モウセンゴケなんかの食虫植物が生えていて、薄気味わるかった。
築山殿は岡崎から呼び出されて、この湖畔で舟を下りる。

すると白幕が張り巡らされていて、すべてを悟り自害したそうな。
家康の長子、信康は二俣城にあったが、彼もまた切腹させられている。
これによって、今川の血は断たれ、築山殿の野望は潰えた。

家康は浜松城に在る。
岡崎城で孤閨をかこつた築山殿は、今川を滅ぼした織田を憎み、
武田と通じて信康によっての今川再興を謀ったとされている。

ま、家康の心中いかばかりであったか。
織田に従わねば自分の将来はない。
のちの忍耐強さは浜松城での艱難辛苦が培ったのだねぇ。

直虎のストーリーによって、
この戦国無惨が描かれれば、このドラマをみて満足。
史実がないとかなんとかいうけれど、なかなかおもしろいではないか。

 1731-u01_20170303100925262.jpg

パトさん呼んで「これ........」とモニター指していった。
「なんで、うるうるしてるの?」
先日、ムッシュが力尽きたって訃報があった。

オレたちの青春そのもの、かまやつ氏の訃報はつらいのだが、
奥さまが2月末に亡くなられていたと知り、
なんかねぇ、目ん玉うるうる濡れてきたんだなァ。

ヤフーニュースのコメで、
「シアワセなんじゃない」というコメが多数。
これってシアワセっていえるのか。正直いってわからない。

「あなた、先にきて待ってたわよ」
という世界が、たとえあったとしてもだねぇ。
それがシアワセに値するかがオレにはわからない。

90歳代のご夫婦がおんなじ日に、
亡くなっていたというはなしがあったよね。
あれは羨ましいと思った。

パトさんがいった。
「わたしが先にいって2人で待っていてあげるから........」
それは...................

イヤだね。
たとえ数日でも、オレが残って悲しみの刻を過ごすのはもうイヤ。
ちょっとだけ、あとできてくれる?

 ムッシュのご冥福を祈ります。

 1731-u04.jpg

春ってね。
オレには哀しい季節だったけれど、諸々が動き出して、
これから躍動するときでもあるんだよね。

 つくしんぼ田おこしの土匂いきて   ごんべ

が、ネットニュースには、親殺しだの、イジメだのなんだの、
殺伐とした世相が露出していて、
それをみて、またいいたい放題のコメントが並ぶ。

テレビだって、ホントのことは覆い隠して、
なんか恣意的な偏向を、さも、これが真実であるかのように流す。
こういう時代なのだ。こういう時代を生きなきゃいかんのだ。

ストレスっていうのは、気持ちの歪み、心のアンバランスらしい。
これが溜まってしまうから、ヤバイ。
どこかで発散していれば、あまり感じないうちに通ってしまうのにィ。

そのむかし、世のカミさん連中ってものは、
井戸端会議を延々としていたものだった。
よくもまァ、話題があるもんだっていうくらい、べちゃくちゃァ。

あれでストレス発散していたのだろうねぇ。
うちのバァちゃんなんぞ、いつも音頭取りでくっちゃべってた。
「バァちゃん、もう、帰ろうよ」と幼いオレがいう。

「うるさいねぇ、おまえは..............」とバァちゃんが手を振り払う。
「いいよ、一人で帰るから..............」ってオレがスネる。
「勝手におし」っていうからとっと帰る。

あのべちゃくちゃァは気持ちのなかに、
「思い」を溜めこまない手段だったのだろうな。
発散の場って必要なんだよ、むかしもいまも。

ただし、むかし井戸端、いまネット。
井戸端は向こう三軒両隣り、ネットは大袈裟にいやァ世界に繋がってる。
まァ、用心にこしたこたァない。

Webの海には魑魅魍魎が棲んでるっていう。
こんなところで、心を磨り減らすこたァない。
井戸端と違うから、余分なこたァはいわないこった。

パトさんが、もっと喋ろうよ、っていう。
オレ、黙りこくっていたいときもあるけれど、
なるべく、くだらないことでも、喋ることにしている。

彼女のなかにストレス溜まったら、オレのせい。
そういえば、逆流性食道炎がぜんぜんでなくなったね。
オレがえらいんだぞ。

って、えばるこたァない。あたりまえ。
ほなあした..........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4712-c59b8835
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それは非常に図々しいはなし «  | BLOG TOP |  » お気楽トンボでいいじゃないか

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する