topimage

2017-06

お互いの経年劣化だからしゃーない - 2017.02.24 Fri

昨日の昼から天気回復して だけれど、ぴりっと空気が冷たい。
去年の2月は温かだったよね、とパトさんがいう。
そう、ほんとは2月ってこんなに寒くはない。

2月はポカポカ。3月は天候不順で小寒い。
こういうのが例年の当地のパターンだが、
今年は12月が温かった分だけ、早春が寒いような気がする。

居間のエアコンはほとんどまわっているし、
炬燵は半日入っているが、電気代がべらぼうに多くなっているでもなく、
ストーブの燃料代と思えば安いほうかもしれない。

「トイレ、電気ついたままですよ」
「台所の換気扇まわってるぞ」
ま、2人とも、よくやらかすので、気づいたほうが消せばいい。

でも、人にいわれるとムカッとするゥ。
精神衛生上よくないが、忘れるのも、ムカッとするのも、
お互いの経年劣化だからしゃーないヮ。

 17224-a1.jpg

Webには匿名性があるという。
どこの誰かがわからないから、いいたいことをいうんだってね。
だからって、Webはなんでもありじゃない。

ま、インターネット初期はそうじゃなかった。
先輩に教えてもらわないといけないので、礼儀と秩序があったのだ。
自分で学ぶしかないから、一人じゃどうにもならないからね。

オレ、twitterは2010年登録で、ちょいちょい投稿している。
ただし、Facebookへの登録ははやいうちに削除してしまった。
うしろめたいことがあるわけじゃないが、実名登録のメリットがなかっただけ。

いまさら過去とつながってなんになる? と思っただけだ。
リタイアして、それまでの世界と一切の関わりを断った身には、
そんな煩わしいことはないからねぇ。

登録したら過去とつながりかけて、
いまさら懐かしんでなんになる??
そう思ったから即アカウント削除した。

で、匿名性ねぇ。
このWebの世界はメンタル強いほうが勝ちだな。
ないようでいてルールはあるんだ。

それは、この10年間一貫していってるけれど、
他人にモノいうなら聞きなさいってこと。
言いっ放しには絶対にならない。

他人のこと書くならコメ欄開いて、そのリアクションを聞く。
聞くのが耐えられないメンタルなら、書かなきゃいい。
簡単なことではないか。

これはコミュニケーション能力なんだと思う。
その人のなかに、これが成熟しているかどうか?
自己主張だけでは、世の中まわらない。

 17224-s03.jpg

キレる老人、ひところいわれた暴走老人。
どこかで読んだが、これすなわち前頭葉の衰えなんだそうな。
感情のコントロールができなくなるらしい。

このまえも書いたが、むかしの老人はバァさん相手に、
そりゃま、バァさんはジィさん相手に怒ってりゃすんだけれど、
いまは核家族の慣れのはてで、否応なしに世間へでていかにゃならん。

身内ならまァまァですむことも、赤の他人ならカドがたつ。
ってことだよな。
オレら世代って、案外温和しいんだ。

いるよ、友達にだって..........
全学連デモの先頭にいたヤツが就職で肩までの長髪切ったら、
途端に普通の人になって、いまや好々爺。

オレ、おひとりさまの後半で悟ったんだな。
そりゃァ、一人でいたってご機嫌よくないときもある。
けれども、1人のご機嫌ナナメほどまらんものはない。

機嫌が悪い........ ってのは、ぶつける人があってのこと。
1人で機嫌悪くしてたったロクなこたァない。
椅子を蹴飛ばしゃ足が痛いだけ。

でね。おふたりさまになった。
善し悪しは別として、相手が原因でご機嫌悪くなっても、
機嫌悪いの二乗ってのは、はなはだ具合わるい。

椅子蹴飛ばしても足が痛いだけでモノはいわないからなァ。
相方蹴飛ばしゃ、ただじゃすまない。
一悶着ないと決着つかないからねぇ。

前頭葉働かすよ。
抑えろ、抑えろってね。
ま、いくつになっても知恵はつくもので.............

 17224-s01.jpg

やほニュースみたら、ヨン様夫人がどうしたって.......
そういやァ、なんとかソナタが一世風靡した時代があったよな。
韓流もいまや冷え切っちゃってるけれどねぇ。

反日、反日、反日、あれほどあることないこといっといて、
中国に閉め出された芸能人を日本で売り出すっていう。
おい、おい、ご都合主義もいいところ。

オレだって、いってみりゃ、ゴン様だぞ。
なんて威張ったって、喜ぶのはパトさんだけか??
アハ。

 17224-s02.jpg

この東海道にもいくつかの難所があった。
箱根八里は馬でも越すが、越すに越されぬ大井川なんてのが、
有名だけれど、あえて、そのままおいたってのもある。

 天の川浜名の橋の十文字  正岡子規

明治26年、浜名湖に遊んだ折の子規の句。
潮入り湖の浜名湖の湖口は、
今切口という200mの狭い水路で外海と通じている。

いま、新幹線でゴォォ............... と浜名湖上を渡る鉄橋は、
いくつかの砂州をつないで人工島を構築し、
本格的な国道架橋が完成したのは大正の初期であったという。

で、家康の時代ってのは東海道の舞阪宿と新居宿との湖上一里は、
『今切の渡し』によって結ばれていた。
新幹線の車窓から垣間見るあの景観も、当時の旅人には難所でしかない。

これは「入鉄炮出女政策」であって、あえて渡船とし、
西側の新居の関所で人改めをした。
けれども、イヤだよねぇ。誰だって舟で潮をかぶるのはねぇ。

風波に濡れるのを嫌った旅人が遠回りを覚悟で迂回したのが、
湖北から本坂峠を越える北街道だったのだが、
あまりにも陸路を通行する者が多く、今切の渡しが廃れてきてしまった。

で、徳川家康が婦女子に限って北街道の通行を許した。
これが、わが家のちかくの姫街道の由来。
いまも気賀の関所は残っていて、ちかくに直虎大河館もある。

ま、新居関所の「入鉄砲に出女政策」もさることながら、
東西に長い砂洲が浮かぶだけの今切口に、
当時の架橋技術が及ばなかったこともあったようだ。

実は、もう少し前の時代には、ここに橋があった。
鎌倉時代の浜名湖は淡水湖であって、浜名川がひと筋ながれていて、
これに橋がかかっていたらしい。

明応7年(1498) の大地震津波によって砂州が切れ、
いままさに切れた「今切口」が出現した。
界隈は砂州中の荒れ島で、年経た狐が棲みしばしば人を騙したという。

もしも、いま東南海大地震があったら?
そのとき新幹線が浜名湖架橋を渡っていたら?
地震発生で停車するから鉄橋の上に停まることはないと思うけれど?

ちなみに今切の渡しは、
天保15年の人一人の船賃は十八文、
渡船は常時八十艘が就航していたという。

国道架橋が増築されて行く過程で、
その蛇篭に付着した海苔や牡蠣をみつけたのが発端で、
湖内の海苔養殖、牡蠣養殖、そして、ウナギ養殖へと発展していくんだね。

「おんな城主 直虎」の井伊谷は浜名湖の北岸にあたる。
姫街道は気賀関所ちかくにある大河館が、はやくも入場者5万人を超えたそうな。
ま、新東名にもちかいし、もっと増えるにちがいない。

どうぞ、おいでくださいな。
てなことで、ほなあした................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4705-568661b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結論。あなたの我慢が足りない «  | BLOG TOP |  » どっちもいいもんだよ、と思わなきゃいかん

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する