topimage

2017-09

男ってものがいかに独り善がりであるか - 2017.02.20 Mon

どうもすっきりしないよ。よせばいいのに二度寝した。
そうしたら、なんか頭が重い。
朝ご飯どうしようかな、と迷ったが卵掛けごはんにした。

ちょっとでいいゎ、なんて 食べはじめたらペロリ。
なんかしらん。
オレの食いしん坊は寝坊助の上をいくらしい?

空は でねぇ。昼頃には になるんだとか。
この天候で余計にすっきりしないんだな。
サイテーな目覚めだ。

昨日はなにしたかな。
炬燵ずんぶりでテレビ観て、映画を2本。合間にうとろうとろ。
ま、なんにもしてないや。

 17219-f1.jpg

ここのところ、「イッテQ」が視聴率絶好調だそうで、
「おんな城主 直虎」はやや下降なんだっていう。
たしか苦戦のキムタクドラマも、この時間帯にあるんだよね。

昨夜の「直虎」はちょっとだるかった。
検地にきたって、なんのこっちゃだもんな。
隠し田がみつかって、なにやら「南朝の.....」で納まっちゃう。

南北朝時代に、この地域が南朝に縁があったのは事実。
後醍醐天皇の第七皇子が奧山氏の土地に方広寺を建立したのは1371年、
龍潭寺の隣の井伊谷宮は、第四皇子、宗親親王をご祭神としている。

宗親親王は征夷大将軍として、この地にあって、
その統治に井伊氏が協力したのだそうな。
竹千代、のちの家康の元服は1555年だから、200年ちかく前のはなし。

朝廷のご威光はあったんだろうね。
ドラマとしたら、桶狭間あたりの時代が変遷していく展開に、
ならないと観ていて退屈なのはオレだけか??

 17219-f4.jpg

あァ、こういうことか、と思ったのだね。
NHKの「おんな城主 直虎」だけれど、民放の各局も次々とレポする。
浜松だったり、浜名湖だったりの観光や食の紹介番組がけっこうあるよ。

これが、じわじわと効き目があるようで、twittwerなんぞみてると、
おいでくださる方が増えている実感がある。
奥浜名湖あたりは三河と提携して、観光誘致するそうな。

掛川あたりも城めぐりとかの企画をたてているらしい。
そうだよね。井伊家だけでなく、今川縁り、家康縁りがあるわけだから、
この際まとめてアピールすればいいんだな。

 17219-f2.jpg

オレはねぇ。
両親の離婚 というハンデを背負っていたから、
大人になったから、絶対にそういうことはすまいと決めていた。

置いてけぼりくったのは誤算だったけれどねぇ。
だから、これからが愉しいはずの時期に、熟年離婚するのはわからない。
ま、そうせざるをえない人の気持ちは部外者にはわからない。

それで、まさかのパトさんとの暮らしがあるなんて、
オレの人世はおもしろいなァ、と自分でも思う。
淡々と淡々と.............. オレはそれでいいのだけれどねぇ。

パトさんには、ちょっと違う思いもあるらしくて、
オレはおれなりの努力をせにゃいかん。
と、まァ、人と人の心があい寄るのは、双方の努力なんだな。

人それぞれの価値観があって当然だし、
なにを考えようと干渉すべきものではないと、常々思っている。
だから、最近はBlogから外へ出歩くことも少ない。

愛を確かめ合うというには恥ずかしいが、
これでいいのか、オレたち.......... はと、なにかにつけて、
確かめあうことが大切なんだね。

 17219-f5.jpg

ま、考えてみりゃァ、
オレってヤツは、どこかちゃらんぽらんで、どこか生真面目で、
それで通ってきちゃったからねぇ。

で、オレがガクッときたエピソードがある。
思いもしなかったというか、
男がいかに独り善がりであるかというかを思い知ったのだ。

亡き人は58歳、オレは64歳で、それぞれの仕事をリタイアした。
これまでの頑張りの成果が熟年にはあるんだ。さァ、これからだからな。
オレは、そう意気込んでいた。

これまで、別々に頑張ってきて、満たされなかったもの。
今度はいっしょに、それを埋めような。
そういってハシャイでたオレは、愉しかったけれどねぇ。

が、しかし、娘にはいったそうな。
「毎日いるんだよ、傍にィ。イヤんなっちゃう..........」
オレが寄っかかり過ぎてたから、あの人なりの想いはあったらしい。

そしていま.............
おんなじこと繰り返すんだ。
パートナーをもっと理解する努力をしないといけない。

満たされなかったものを求める。
これはヒフティヒフティでなければいけないのだな。
オレの我が儘のウエイトがァ................

わかっちゃいるけどね。
ごめん。

 17219-f3.jpg

ひところ、いまの若者の言葉は「あいまい」だといわれた。
これはあまり相手を刺激せず、テキトーにはぐらかして、
仲間とのほわァ〜〜〜〜んと居心地イイ関係を保つってことだという。

LINEなんかもそうらしいが、仲間から外されるってことが、
かなり大きなウエイトをもつから、曖昧にするのだっていう。
もっとも曖昧模糊は、古来より言霊を刺激しない日本人の生き方でもあった。

それはおいといて...............
若い人がよくつかう言葉に、
「わたしって、なになにじゃないですか」というのがある。

せっかち爺ィは、「そんなもん、しるかィ」っていいたくなる。
そういうオレだって「なになにみたいな........」は、
「てんちゃら.........」のなかでも言葉のオブラートとして使ってるけどね。

つまりは、はぐらかすんだ。
曖昧にするんだ。
はっきりいいきって、トラブらないよう逃げ道こしらえておく。

いまは減ったように思うのが「ほう」と「から」だね。
10年くらいまえはレストランへいっても全盛だったよね。
「醤油ラーメンのほうおもちしましたァ」ってね。

それでレジへいくと「1000円からお預かりいたしますゥ」だよね。
いまなんで廃れたか? できたんだよ。悪名たかいのが..............
「こちら醤油ラーメンになりますゥ」ってのが。

料理人さんがこれを使うのは、オレ、違和感がある。
「なになにでございますゥ」あるいは「なになにですゥ」っていわれると、
その料理に自信がこめられ、誇りさえ感じるのだけれどね。

なになにになる。なる=変化する。
「あんたが注文するから、
 一応なになにをつくったけどぇ、ま、食べてみなさいや」

こういってるようだ、と言葉の専門家が指摘していた。
商社マンの教育がしっかりしている会社では、使わせないとか。
役所は案外と蔓延しているように思う。

ま、オレにしても元はといえば言葉を飯のタネにしていたわけで、
「それじゃ、おまえはどうだ」といわれりゃだねぇ。
いまは、そこいらに穴掘って潜るしかない。

だからねぇ。
あれは、けっして一流処のつかう言葉じゃない........
ってことだけはいいたいね。

おまえ、こんなええからべぇ文章でもとは...... っていうことなかれ。
うちでは、某大新聞の校閲OBがいい加減な原稿でもしっかり赤を入れてくれ、
世間に活字でていくときは一人前の記事になってる仕組み。

ほんとは、日本語って優雅で奥床しいものだけれど、
言葉は世に連れていうからね。
そのうち教科書の中だけになってしまうんだなァ。

お〜〜〜い。お昼ごはんまだかぇ。
ほなあした...................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4701-28f0dd46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あっちゃこっちゃぶつかったほうがおもろい «  | BLOG TOP |  » いまほんとに似合う人いるのかな

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する