topimage

2017-06

ありがとうって魔法の言葉 - 2017.01.26 Thu

いやァ、不覚にも10時まで眠ってしまったよ。
いい だし、気温も上がるっていうのに、ちと寝過ぎたか。
ぼぅぅ....................... としてるので、今日もゆっくりまゐる。

それにしても、いい天気だねぇ。
空にまったく雲がない。スカッとしてる。
オレたちの気分もいつもこれくらいだといいねぇ。

午後にパトさんがピ○ゴへ出掛けた。
ATMで月末の振り込みやら、なんだりかんだりしなきゃいけない。
ついでに宝籤を換金してなにか買ってくるという。

「なにか食べたいものある?」
「寿司でいいよ...........」

あそこにはお気に入りの持ち帰り寿司がある。
ちょっと偏頭痛があるけれど、食欲はあるんだよ。
オレが食えなくなったら、おしまい。

 17126-r2.jpg

ピコ太郎さんの「PPAP」が商標出願されていたってはなし。
トロールビジネスというんだってね。
関係ない人が抑えてしまい、当事者が使うにはカネがいる。

中国や韓国へ進出しようとしたら、すでに登録されていた。
というのはよく聞くはなしだね。
ま、「PPAP」の場合は許可しないだろうというけれど.........

似たはなしがもうひとつある。
浜松市がつかおうとしたら「直虎」がすでに登録されていた。
長野県のどこやらで、そこにお伺いたてたら使用を拒否されたそうな。

で、異議申し立てをしたらしいが、決済は夏らしい。
まァ、相互直虎で仲良くしたほうがいい気がするのだけれどねぇ。
なにせ、こっちはNHK大河便乗だもの。

もう1人いた直虎.......... って売り出せばというのも上から目線か?
あちらがダメだっていうからしかたがない。
頭に井伊をつけて「井伊直虎」でいいんじゃないか。

 17126-a1.jpg

猫舌猫体のごんべだけれど、もうひとつ カフェイン にも弱い。
あ、まだあるね、女性に弱い、人情に弱い。
てなこと余分事は、おいといて.........

偏頭痛がするので、カップ1杯の珈琲が飲めない。
身体のどこかが反応して、カフェインは要らん、とサインを出す。
なのでお昼まで半分残っていたりする。

亡き人は珈琲が好きだった。
「1杯で入れる珈琲はおいしくないのよ。
 あなたが飲めたらねぇ.......」

よくそういわれたものだった。
いまは、ときどきキッチンから珈琲の匂いがしてきて、
そのうちのカップひとつを仏壇へあげてくれる。

オレは珈琲の残り香に包まれながら、感謝する。
もちろん、心遣いしてくれるパトさんにも、
亡きあのひとにも、心のなかで「ありがとう」ってね。

 17126-a2.jpg

なにかの拍子で、
「たまには付き合ってやるか」
なんていうと、いそいそと煎れにゆく。

ただし、そのあとでオレの瞼に羊が10.000匹通過したって、
お目々ぱっちりになりかねない。
寝坊助のくせにねぇ。

あのころ、ひとりになっての当初ってのは、
体の芯に残っていた、くたくたおんぼろぼろの疲れのせいか、
夜に珈琲飲んだって、羊が10匹も瞼の裏を通れば眠れた。

いま思えば、心身ともに尋常であるはずもなく、
ずたぼろ雑巾のごんべにカフェインが負けていたのだ。
で、精神が安定したから、また元に戻ったんだな。

屈託がなくなって、
カフェイン抑えこんでた不安定要素もなくなったのだ。
で、せっかくの「寝るは極楽」のために夜の珈琲は飲まない。

 17126-a3.jpg

だからねぇ。
夜明けの珈琲いっしょに飲も.......
てはなしもなかったなァ。

いま思うと、いちばんつらかったころ、最初の年の秋くらいか。
疲れ果ててボロ雑巾のように眠っても、深夜2時頃になると目が醒める。
丑三つ刻の闇のなかから、魑魅魍魎がでてきてオレを苛んだ。

奴らがもってくる苦悩が、
ちりちり焼けそうな脳味噌を堂々めぐりして、
寝返り繰り返すうち、再び、疲れ果てて浅い眠りにつく。

あの魔の時間は2年間くらい続いた。
そりゃ,いまだって、人それぞれ思うことはあるよ。
でも、もう、オレを苛むものはない。

頑張ってきて、充たされて、
ここまできたかァ............. って達成感はあるのだ。
満たされたからこそ、また、もっと満たされたいとも思う。

いやいや、この満足感でいいのだと、
オレの心が一人相撲するのだけれど、ま、煩悩に果てはない。
めんどくさいから、眠ってしまうに限る。

 17126-a4.jpg

人ってのは、こんな毎日を潜ってくると変わるんだ。
オレ、なんかしらんけれど、「ありがとう」をよくいう人になった。
それだけ、人の情けが見に沁みたともいえる。

かけがえのないもの失うという、
でっかくて重い代償を払ってんだからねぇ。
これで男は優しくなるゥ。

 西に、寂しがるひとあればいって、
 あなただけでないんだよといい、
 元気を取り戻せば、ああ、よかったねと喜び、
 ま、お節介にならない程度に、さりげなく、さりげなく.......

 東に、自ら悲しみの淵に佇むひとあればいって、
 あなただけではないんだよといい、
 さりがなく、さりげなく、手をさしのべて、
 その笑顔に安堵する。

その当時にこんな、いま、お尻がこそばゆいようなこと書いてた。
ま、これも過渡期だったろうね。
人の優しさがうれしくて、自分ももっと優しくなろうとしていた。

ひとつは自分のハートを守るために、
臆病なほどに相手の心に、
思いやりをもつようしたのかもしれない。

それは返ってくるだろう、穏やかな反応を欲しいからなんだし、
それによって自分も、
ほんのり心を温めたいからなんだ。

ただ、それがちぐはぐになったら2度と接しはしなかった。
それもまた自分のハートを守るための手段でもあった。
言い訳しなくともいい。

ベッドの枕元で、
主のない時を刻んでいた時計が、
2年目の秋に、2つ続けて電池切れで停まった。

なにか無常観を感じたのだ。
あの人の時がそうして終わったように、
あの人への記憶は少しずつ消えていった。

それでもなお気負いはあった。
オレは男だから、凛々しく装って見せなきゃいかん、ってな。
それも気負ってばかりじゃ、次第に疲れてくる。

だから、天真爛漫ちゃらんぽらん。
努めて、そうありたいと、思っていた。
あるとき、カメらもってでかけて.........................

いつの間にか草むらに同化して、
心のなかにまで、優しい陽の光が差し込むのを感じたのだ。
案ずるこたァないじゃないかってね。

撮り終わって花にむかって「ありがとう」といった。
自然にそんな心境になっていた。そのころから........
ありがとう......... という言葉を優しくいえるようになった。

UP が遅くなってしまった。
いつも読んでいただいてありがとう。
ほなあした..................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています        
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4676-829d5e73
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

俎上の鯉はジタバタするなって... «  | BLOG TOP |  » なんと1日の半分眠ってた

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する