topimage

2017-10

ブログ書くのはMかってはなし - 2017.01.17 Tue

まァ、いい で、まさに雲ひとつないっていう。
今朝は9時まで寝ていた、なんでって目が醒めたら9時だった。
12時ちょっと過ぎに寝たのだけれどね。

鼻炎が苦しくてどうにもならんものだから、センセに点鼻薬もらった。
これが、鼻の粘膜の炎症を抑えたみたいで、
就寝中の息使いがラクだったみたい。それでぐーすか。

そういえば、昨日はけっこうタイヘンだったのだ。
隣のセンセの検診日で、いつもは空いたら電話していただく。
けれども1時30分になっても電話がない。

ま、ゆこうか、といったらば、あと15人ありますゥっていう。
それで待っていたら、なんと診察終わって3時だった。
もう、午後の患者さんが待合室に溢れていたからねぇ。

休憩無しの看護師さんたちどうしたんだろ?
パトさんは3時30分の整形外科予約あったからそのままゆき、
オレは3時過ぎに遅い昼ご飯ひとりで食べた。

 17117-a1.jpg

暮れからパトさんが腱鞘炎で通った整形外科は、
ほぼ完治で昨日が最終チェック。
その診療所がメディカルビルにあって、すぐ上階には眼科がある。

最近はこういう形態が多いいようで、
このビルにはもうひとつ小児科がはいっている。
すると必ず門前薬局が1フロワーはいるから、便利ではある。

それで、目のチェックにパトさんが眼科も受診した。
検査をしたものだから、帰宅は6時だったのだ。
なので「遅くなってごめん」で...........

「まァ、カレーでいいよ」になったわけだ。
なにせ、お昼が3時だったから腹が減ってない。
パトさんはお昼抜きでぺこぺこと、ちぐはぐな夕餉だったね。

 17117-r2.jpg

昨夜もNHKを観ていた。
「鶴瓶のなんたら.......」が浜松市北区井伊谷だったからね。
直虎絡みで柴咲コウさんが天然ぶり発揮していた。

鶴瓶さんの、ああいう番組の巧さってのは天下一品。
タモさんの「ぶら」も好きだけれど、身近さっていうのか。
なんでもないお宅へ入り込んで感動を生み出すのは、ほんと上手。

けっこう愉しかったね。
民間放送では、夕方のローカル帯で民謡日本一の朝倉さやさんが、
静岡県内を歩いていろんな人とほんわか接してくるのが人気。

山形弁と静岡各地の方便が飛び交っちゃうのがおもしろい。
いま静岡の夕方帯は、吉本をはじめ、
各局に芸人さんたちが出まくり花盛り状態になってる。

オレ個人的には5chの、ずん・飯尾さんが好きだなァ。
飄々とすっとぼけているところがツボ。
ぐっさんの元相棒の平畠さんはもう10年余り、静岡では大人気。

 17116-ff1.jpg

あれから22年になるんだなァ。
あの阪神淡路大震災の朝、オレは震度5の場所にいて、
あまりの揺れに寝てもいられず、起きたはいいが完全に寝ぼけていた。

食事のときにみた神戸の街が燃える光景の衝撃は、
福島の津波と同様に脳裏に焼き付いている。
それから名古屋の自宅に帰るまで、震災アフターを体験した。

名神高速のがら空きと、SAパークのトラック満車、
公衆電話の行列などが記憶にある。
ま、他人事ではないのだ。

東南海地震ががあれば、われわれも........
3.11とともに心に刻んで、おのが備えを戒めたい。
黙祷。

 17116-ff2.jpg

言霊,ことだま。言葉には魂が宿る。
地震がくる、地震がくる,地震がくる、といっちゃいけない。
あまりいうと、ほんとうに地震がくるから.............

神代のむかしから,日本人は言霊に支配されてきたのだ。
なんだそれ.......... ということなかれ。
いまでも、言霊はわれわれの心のなかにある。

そもそもは、征服者が征服したものたちの怨念を畏れ、
魂を慰撫してことなきを祈る。これに発する。
出雲大社の注連縄の謂われひとつをとっても、そこに通じる。

日本人が玉虫色の決着を好むのは、これなのだ。
徹底してやっつけてしまうと怨念が宿り、のちに災いとなる。
だから曖昧にしておく。

元寇のとき、実際に最前線を守る幕府は援軍を要求した。
しかし、あわてふためいた公家たちのしたことは、
なんともはや「敵国降伏」の額を全国の神社に掲げて祈ることだった。

で、「神風」が吹いて敵船が壊滅するのはご承知の通り。
なんにもせずに、神に祈っておけばいい。
日本人のバックボーンには、これがあるのだ。

で、神の加護をいただくには、
おのれが清く正しくなければならない。
ある意味で、秩序ただしく鷹揚な日本人ってものの一面ではある。

いつのまにやら,それが欠如しはじめている。
これは日本人の心の劣化でもあるかもしれない。
ま、嘆いてもしかたないが............

お隣の国は「恨の国」だといわれる。
歴史のなかでも、失脚した権力者を見せしめに断罪することの繰り返し。
いまも歴代大統領然り。

どう考えても相容れるわけがない。
高須院長がいうように放っておくしかなかろう。
窮するかどうかはわからない。

が、双方がほんとうのことを知ることが必要ではある。
隣国がいまさらそうするかはわからない。
まず、この因がなんであるかを、わが国が次世代に教えることである。

 17116-ff3.jpg

考えてみればだね。どこのだれかもわからない爺ィをいいことに、
ちょろちょろとプライバシーを小出しにし、
10年間余りも、この「てんちゃら........... 書いてきたんだな。

自虐するって嗜好はないけれど、
ま、いうなれば、こんなマゾ的な行為をよくもしてきたもんだと,
最近は、正直っていいかげん倦んできている。

けれども、これが麻薬みたいなもの。
やめられない、とまらない。
あ、麻薬みたいなものって、単なる概念だからね。知るわけがない。

そういえば、戦後間もないころ、
予科練崩れの叔父がヒロポン打ってるのをみてたけれどね。
けっこうやっていたね。

この命を以て国を守る。そう思って学業半ばで予科練に入ったのだが、
自分は死に場所失ったままに終戦向かえ、
価値観がらりと変わった世の中に、逃げ場所さがしてヒロポン打っていた。

「気持ちいいんか」とオレが聞いた。
「雲のうえ、ふわふわ歩いてるよ..........」
そういったひと言がいまも、オレの脳の襞に残ってる。

挙げ句は夜明けの街で野垂れ死にした。
ちょうど「浜松事件」があったころだが、関わりはしらない。
これは、三国人と任侠と市警三つ巴の事件だった。

ま、なんにしても戦争に若者を送っちゃいけない。
9条があるから侵略されないとの幻想はもっちゃいないが、
幼心にも、叔父たちの心の荒廃を垣間見たからねぇ。

で、なんだっけ?
ブログ書くのがマゾってはなしか。
だいぶ、とりとめがなくなっちゃったねぇ。ま、いいや。

あら、昼だァ。まとめなしでおしまい。
ほなあした..........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています        
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4667-c66d56ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なんせいい加減だからねぇ «  | BLOG TOP |  » お城なんてちっぽけでいい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する