topimage

2017-07

10秒で卒倒しそうにきつかったァ - 2017.01.15 Sun

9時にのこのこ起きてきた。寒いので布団からでたくなかった。
居間と寝室、和室にエアコンついてて
フルでまわってるから、来月の電気代すんげーぞ。

でも寒くて震ってちゃなんにもならない。
どんどん入れろ、ってね。
昨夜あたり、外は残り雪でほのしろく、冷えはしんしん。

ここほんとには浜松か、ってな案配だった。
書斎から湖北の山々が見える、みごとに凍てついているよ。
日陰の屋根に残った雪は、11時のいまほとんど消えるところ。

 17115-a1.jpg

昨日から一歩も外へ出ないよ。
宅急便さんがきたから玄関あけただけ。
通販が届いたのだが、雪がちらついてる最中で寒かった。

終わり際に「こんなに寒いのにごくろうさん」と、
クロネコ便のオニィさんをねぎらってあげた。
にっこり笑って「ありがとうございますゥ」て気持ちいいね。

ここのところ宅急便がなにやかやいわれる。
彼らもタイヘンなんだよな。
ひと言でいいから、ねぎらってあげたいと思う。

 17115-a2.jpg

その宅急便でパトさんのカメラリュックが届いたよ。
これはオレが買ってあげた。
女性ってのはよほどでないと、こういうものは買わない。

オレが彼女の荷物もいつも背負ってゆく。
女子カメラ用品で買いなよと、この間からいってたけれど、
ま、買ってやるしかないかな、ってことでね。

カメラもレンズもおせんべいも、リュックのなかでごったくた。
いままではこれだからね。
自分で管理しないと、現場いって電池がないとかなんとかかんとか。

ま、どっち転んでも2つの財布はつながってるのだが、
別の財布からでたプレゼントは格別のようで、
それなり喜んでいたから、ま、これはこれでよかんべぇ。

 17115-aa1.jpg 17115-aa3.jpg
 17115-aa2.jpg 17115-aa4.jpg

なんだりかんだりいいながらも、
カメらもってついてくるから、それはそれで愉しい。
カメラも本革ケースと革ストラップをつけてやりたい。

いいよ、そんなに.................
というのだが、そうではないんだな。
オレにはオレのこだわりがある。

あんただってってオシャレとなれば、小物まで気を遣うじゃないか。
それとおんなじで、2人で写真撮りにゆくんだから、
そういうところまで、気遣ってオシャレしようよ。

だれも気付いてくれなくても、自己満足があればいいじゃないか。
そういうもんだろ?
ハイ、わかりました。よろしくお願いしますゥ、

ってことで..........
なんでも愉しいほうがいい。
なんでも愉しくしなけりゃ損だよなァ。

 15121-ff06.jpg

ぼっち遊びも8年もやってるとだんだんと慣れてきて、
一人ででかけるのも、それほど抵抗はなかった。
そりゃァま、1人より2人、2人より大勢が愉しいよ。たしかに。

ゆきたいと欲したときに「よし、往くっ」ってのは、
気儘なぼっち遊びがいちばんだね。
要は「往く」って気力、行動力のスイッチ。

ところが、その逆もあるわけで、
この意欲が衰えていると、怠けもんの神さんでてきて、
めんどうやろ、やめとけ、やめとけ................

そういうもんだから、そうだな、そうすっかて、すっこんじゃう。
ほら、ゆこう、ゆこう............ って、けしかけて,
怠けもんの神さん追い出す人がいると、またはなしが変わってくる。

ときどきみかけるね。
あァ、60歳ボケないようにしなくっちゃ。
なにをいうやら。    

いまの世のなかァ、60歳洟垂れ小僧。
米寿すぎてなお矍鑠、お元気な先輩に失礼だっちゅうの。
オイらだってすっこんでたら笑われちゃう。

そりゃま、50歳と60歳では感じ方がエライ違う。
60歳と70歳じゃ、これまた大いに違う。
なんの、なんの、なんのようこ。

そのさきゃ、まだまだ、まだあるゥ。
だから、そこは自分次第。
まだまだ遊ぶ時間がいっぱいあると思えば、愉しくて、愉しくてぇ。

 15121-fp28.jpg

めんどうやろ、やめとけ、やめとけ................
そう囁かれると弱いんだな。
怠けもんの神さんへの抵抗力は年々衰えるからねぇ。

そうか、それほどいうなら、そうすっか。
それを傍にいる人が、ダメぇ............. って抵抗力の補助をする。
いうなればターボエンジン付けたようなもの。

ま、写真道具に凝ったりするのもパワーアップだと思う。
愉しくする。これがいちばん。
ジコマンでいいんだよね。

あるいはパトさんの褒め言葉があればいい。
それは逆もいえるわけで、お互いに気持ちわるくならん程度に褒めあって、
お互いがその気になって木にのぼってりゃシアワセ。

まァ、たいした欲はない。
木にのぼってるくらいでシアワセだからねぇ。
あ、食欲だけはいまだ旺盛だよ。よく食うにはわけがある。

10代の終わりのころ、ボクシングジムへいってた。
銭湯の帰りにいつもジム覗いていたら、会長さんがでてきて、
あんた好きか? ま、なかへはいれや............ てのが縁。

ライセンス取得を目指すなんて、大それた思いはなかった。
ただ、下宿にかえっても孤独なだけで、
ジムにいれば、仲間たちが声をかけてくれるからねぇ。

それが愉しくて通ってたくらいのもの。
ただ、ボクシングは好きだったから、F原田、カミソリ海老原が、
全盛期の後楽園ホールへはよく連れっていってもらった。

そのころ52kgしかなかった。信じようと信じまいと..........
元は長距離ランナーだからスタミナはあったが、
一発パンチ食らったら折れそうな細い身体だったからね。

もっと食え、もっと食えと先輩にいわれ、いうだけでなく奢ってくれたから、
いう通りに食べたけれど、 それでもやっとバンタム級。
で、ジムの身体検査で、胸部レントゲンに陰があるといわれた。

やっぱりという思い。叔母がそれで亡くなっていたし、
ときどき微熱を出していたからねぇ。それでボクシングは挫折した。
やめたけれど、痩せの大食いからは脱出できなかった。

大食らいの習慣ってのは胃袋の問題だから、
オレの財布に問題があってもちとやそっとでは直らない。
その後のボンビー暮らしに随分と響いたもんだ。

なので、丼飯食いたくて、ときどきジムへいって、
会長さんのところへお邪魔して、どんぶり飯いただいてた。
バイト料はいるとカドの定食屋で大盛り飯食ってた。

考えてみるとだよ。
あのころより25kgも増えた身体は、正直いって重いのだ。
10年まえに煙草をやめて20kg増えた。これは減らないと思う。
ま、上手につきあうしかないよなァ。

この間パトさんに、
姿見のまえでシャドーボクシングの真似事してみせた。
案外と様になっていた。

「あら、まだいけるじゃない」といったけれど、
10秒で卒倒しそうにきつかったァ。
そりゃァそうだ。当時より25kgも多い。

さて、お昼だァ。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています        
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4665-a26de408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

お城なんてちっぽけでいい «  | BLOG TOP |  » 笑われるかもしれないが雪にハシャぐ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する