topimage

2017-08

どうせ、ちゃらんぽらん - 2017.01.08 Sun

暗いので 降ってるかと思ったら、まだの様子。
気温はあまりあがらず、寒い。
マフラーして、ダウンベスト着て、北側の書斎へ。

去年はパソコンごと炬燵へいったのだが、窮屈なんでね。
え、オレが大きくなった??
ま、そうかもしれん。あそこ、眩しくて、目が痛い。

すこしくらい寒いほうが、頭の回転がいいんではないか。
温いといつまでも、ぼけぇぇ................. としている。
あァ、冷たい珈琲が腹にしみわたるぞ。

 1717-k02.jpg

昨日はいい日だった。雨のまえの1日だな。
昼から河川敷公園へでかけていった。
風もなくて、温かくて、大勢の人が遊んでいた。

写真撮りながら2周歩いて、ちょっとだけ汗ばんだ。
ゆけば被写体はあるもので、シラサギがいたし、カワセミもいたし、
花はないけれど、なにかがある。

 1717-k04.jpg

池のなかへ子供たちが素足で入って遊んでいる。
なかなかよろしい。子供はそれでなくちゃ。
歓声があっちでもこっちでも。

2時間くらいいたのか、帰ったら4時前だった。
夕方になると、途端に寒くなる。
世間はたしか3連休なんだよね。あいにくの雨だな。

 1717-k01.jpg

昨夜は映画ではなくて、落語を観ていた。
トリの柳家さん喬の「幾代餅」をじっくりと聴いた。
古今亭志ん生から息子のしん朝、さん喬と継いできた噺だね。

途中で風呂へいったものだから、
春風亭昇太と柳家権太楼、三遊亭円楽を聴いた。
なんか、久しぶりにどっぷりと落語に浸かっちゃった。

権太楼さんが好きでねぇ。
めったにお目にかかれないものだから、
うれしく聴かせてもらった。

 1717-k06.jpg

独居人はよく独り言をいう。
そのクセが残っていて、いまでも独り言をいうんだ。
ちょっと違うのは「なんかいった?」と独り言に返事があること。

ここから前もオレだし、
ここら後の、パトさんと築く歳月もオレ。
切り替えるたって、線路はつながってるよ、どこまでも。

都合のいい解釈かもしれないが、
過去も含めてお互いの人世を尊重する。
それがなかったら、新しい軌跡はできない。

この2両連結はほかの路線からきたどうし。
その価値観を共有できることは、オレにとってラクチン。
パトさんも違和感がないという。

長く「てんちゃら...........」を読んでくださるかたは、
あのとき突然に「掌返したような..... 」と感じたかもしれない。
でも、あそこから先も、あそこからあともオレ。

オレのなかでは、おんなじ人世の線路の延長なのだ。
2両編成になったからね、いまは線路をつなげている工事中。
そろそろ終わるかな。

 1717-k05.jpg

人ってものは、並大抵でなく狼狽えたり、切羽詰まったりすると、
身体は疲労困憊しているのに、頭んなか逆に冴えわたるんだ。
そんなときに吐き出す言葉ってのは、忘れちゃいけないと思ってる。

最初の年に「てんちゃら.........」にこんなこと書いた。
で、ちょっと慣れてきて怠惰に流れててもいたから、
あのころの自分を忘れるなよ、って意味でメモ保存してある。

2両編成になったいまだって、ときどき思い出してみる。
おまえが、曖昧イイ加減になっちまったいま、
こんな言葉は吐けね〜〜〜ぞってね。忘れるなよってね。

 人は失ったものが大きいことに気づくと、思いが変わるらしい。
 なにげない日常を、失ってしまった自分に気づき、
 それがたまらなくつらいというよりも、とにかく悔しい。
 
 でも、そこにいつまでも、留まってはいけない。
 自分で悲しみに埋もれてしまってはいけない。
 所詮、誰も救えはしないのだから、自分で這い出るしかない。

 悲しみ光線を周囲に撒き散らしたって、誰も救ってはくれない。
 たとえば、手をさしのべてくれたって、
 それは「蜘蛛の糸」であって、自分の重みで切れてしまう。

かれこれ、10年経ったいまはどうだ? と問いかけてみる。
心が液状化現象したあたり、だいぶ、地盤が固くなっているのはたしかだ。
が、毎年1月から4月まで繰り返す心の痛みは多少残ってる。
 
いつまでも女々しく悔いるのではない。
あんな思いをしたのだ。
いまの日々を大事にせーよ、いっしょに歩いてくれる人をな。

そういう意味だけれどね。
ともすれば、怠惰の中に埋もれてしまうのを、
ときどき引っ張りだして戒める。

あ、そんなにむつかしく考えてるわけじゃない。
どうせ、ちゃらんぽらんだけれどねぇ。
アハ。

人の性格というか、ここまできた径の歩き方は、
ちとやそっとじゃ直らないんだ。
パトさんだって、1人で生きてきた矜持がある。

なんかのときにキリッとでるんだな。
オレだって、あんな愁傷なこといってるけれど、
いい加減ちゃらんぽらんは直らない。

あれとこれとが火花散らしたっていいじゃないか。
そう思うのだよ。オレの鼻っ柱も随分と弱くなったことだし、
そのうち尻の下へ潜り込もうかしらん。

あ、雨降ってきたァ。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?

←更新ブログはこちらからどうぞ!!
コメントをどうぞ!!


*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています        
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4658-aec7ff43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この世はすべからく屁理屈で... «  | BLOG TOP |  » オレたちゃマナイタの上の鯉だから...

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する