topimage

2017-09

深謀遠慮のその果てに? - 2016.12.26 Mon

雲が多い朝だな。夜半には雨の予報。
珈琲片手に、ぼけぇぇ.................. がそれほど寒くない。
薄日が部屋のなかへ差し込んでくる。

ちょっと早起きだった。7時20分。
昨夜は1時就寝だったが、6時間以上だからいいだろう。
腹の右の方でぐるぐるといって、こくっとなにかが動いた。

これがなにの前兆か、わかっているので、しばらく様子見したのだ。
尿管のなかの結石が動いたのだね。
狭いところへいったなら、このあと強烈な痛みがくる。

座薬は用意してある。
これを処置すれば痛みは免れるが、治ったわけではない。
30分ばかり経過して、痛みがこなかった。

しばらくないんだな。
あんな激痛は真っ平御免だけれど、イシモチだからしかたがない。
正月にかけて、医療機関がやすみだからねぇ。

 161226-a1.jpg

睡眠不足だと食欲が増す。したがって太るってほんとかな。
9時間眠ればそうはならない。
オレ、眠ってるよ。それくらい。でも...........

 「こんな記事」 ←Click

学者のいうことはなかなかそうはならない。
テレビのダイエットはアテにはならない。
結局は自分なんだよね。

ライ○ップのように徹底管理して、トレーニングすれば痩せる。
ただし、けっこうなお値段。
ま、テキトーではそうはならない。

 161226-a2.jpg

SONYのカメラストラップを本革に換えた。
ま、ヒモなんて何でもいいのだが、ここでなにげに、
本革ストラップつけるのも、オレのこだわり。

鞄屋さんの作ったストラップって高くて、4200円。
暮れだから、年明けになるかと思ったが、さすがはamazonだね。
翌日配達できた。

 161225-a8.jpg

1年でよれよれになる安いモノよりも、使うほどに味の出る革がいい。
所詮はジコマンだけれどね。
それで愉しくなりゃいいんだわさ。

1眼レフにつけてるのも本革で、この工房のは作る側が拘ってる。
本革編みの気に入ったのがあったけれど、
拘り分だけ高くて、ちょっと手がでなかった。

 161226-a5.jpg

おひとりさまのときは自分が食いたいモノしか食わなかった。
そりゃあたりまえだ。キライなものあえて買ってはこない。
だから、偏食はますます募ったのだね。

「けっこう偏食だわね」とパトさんがいう。
そうなのだ。自慢にゃならないが偏食王なのだよ。オレ。
すこしずつパトさんが矯正している。

食わずキライもわりと多いのだな。
食べてみたら? そういわれて、アレ、うまいじゃんってのもある。
このわけを遡るとバァちゃん料理なのだ。

婿殿も、両親が学校のセンセで、オバァちゃんの料理で育ったから、
食い物への拘りをけっこうもっているのだ。
ま、はからずも、そのあたりが一致した。

つまり、バァちゃんに育てられたオレは、
料理したのは、バァちゃんと年いったオバちゃんお手伝い。
だからねぇ。ハイカラなもん、食べたことがない。

3つ年上のオネーちゃんお手伝いがいて、
切り干し大根の煮たのが、イヤで、イヤで、2人とも、
ダシ煮干しだけ拾って食べて、ハァ............ なんて溜息ついてた。

 161226-q6.jpg

もっとも戦後の食い物がない時代のことは、いまの感覚では語れないし、
それを理解してもらうのもタイヘンだろう。
なんせ、サツマイモごろごろはいったご飯だかったから........

バァちゃんがイモを食べてくれてたが、
いまでもサツマイモは進んで食べたくないって後遺症はある。
あの、切り干し大根だって、油揚げはいってたらご馳走だったもの。

ただし、オレとオネーちゃんお手伝いには、
油揚げを噛むとでてくる大根の味がたまらなくイヤだった。
大根を美味いと感じるようになったのは50歳過ぎてからだよ。

年齢が食べ物の嗜好を換えるっていうのはあるようで、
あの大根を美味いというようになったからね。
さすがに、切り干し大根はいまもダメ。

 141211-b1.jpg

婿殿もそうだったらしいが、ハンバーグ好き? と聞かれても困る。
子供のときから食べずにきてしまった。
なので娘にはつくってたけれど、オレ、なぜか食べなかった。

何度も「ちゃら.................」に書いたが、
父親が宴会帰りに提げてきた冷えたトンカツが、
オレの幻の味になっていて、トンカツはステーキより好き。

ハンバーグはパトさんがつくってくれて、はじめて食べた。
それで、肉は肉でいいんじゃないか。ステーキがいいし、トンカツでいい。
なんかヘンだけれど、オレは、そういう主義。

中学生の食い盛りには、丼飯に醤油かソースかけて2杯食べてた。
中学3年で暮れにそば屋で出前アルバイトして、
賄いで食べた中華そばと丼飯腹いっぱいが忘れられないねぇ。

いまでもラーメン好きってのはそのせいか。
単身赴任のときは、近所の札幌ラーメンで食いつないでたし、
ちょっとしたきっかけが嗜好をきめるって、あるんだな。

先日の冬至の「カボチャ食べる?」も、オレはパスした。
たぶん、あの戦後のころに一生分を食べてしまった。
だから、もういいのだ。

 141211-k01.jpg

このあいだきたとき婿殿に、宝籤当たったら1億円やるわといった。
そうしたら早期退職するっていう。
なんか、食い物関係の店やりたいらしい。

1億円もってけぇ............. だと贈与税で半分近くもってかれる。
ボクが上手にやりますから........
って、あたりもしないのにィ。

で、オバァちゃん料理で育ったアイツは、料理に徹底してこだわる。
オレもアイツも、そういうところはある。
釣ってき魚はとくにそうだった。

 男子ながらも厨房に入り、
 釣った魚をさばいて、料理をし、
 家族に、あァ、美味いといわせて、釣り師は一人前。

これは釣り好きごんべ家三代の家訓でもあった。
自分で釣ってきた魚は自分で料理して、
家族に食べさせて、美味いッっていうのを至上の喜びとした。

2人でマダイ釣りにって、オレが刺身をつくり、
アイツが庭で備長炭をおこして焼き鯛をつくるんだ。
ま、あの頃は愉しかったなァ、と懐かしく思う次第。

そりゃァ、そうだ。
オレには、一人娘が幼いころからの深謀遠慮あったからね。
魚を釣ってきて、娘に食べさせる。

「おいしいねぇ」というと、すかさずいったね。
おまえな、釣り好きな人を探してこないと、
こういうの食べられないからな、って繰り返し、繰り返し。

それで、はじめて婿殿をうちに連れてきたとき、
挨拶すんで、まずは「釣りが好きか?」と聞いた。
「ハイ」というから、それだけでいい、もってけぇ....................

深謀遠慮が成功して、釣り好きな青年を連れてきた。
オレは有頂天で、道具を買ってやるし、釣行費用は出してやるし、
それで「いつまでも続きませんよ」とたしなめられた。

あ、長々と書いたけれどね。
子供のときの食卓環境は一生の食を左右するんだ。
おろそかにできなんだねぇ............ といいたかったのだよ。

世のおかーさんたち、心すべし。
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています        
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4644-68e866c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シアワセがちょっと勝れば儲けもん «  | BLOG TOP |  »  クリスマスイブのビールは美味かった

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する