topimage

2017-08

ケンカ相手があるのはありがたい - 2016.12.14 Wed

昨夜は雨が降っていて、ベッドへゆくころは、
どこかでガタガタと、風の音がしているような荒れようだった。
今朝は、雨上がりの半分が黒いという空なんだな。

デスクに座って、ぼけぇぇ......................... としていると、
空のてっぺんは青くなったけれど、
以前住んでいた平野部だけ黒い雲が覆い被さっている。

そうだったな。
こんなときにいつまでも雨が降っていたんだな。
南のほうは次第に明るくなってきた。

 1612143-a2.jpg

婿殿がなにをしにきたかというと、あの人の会社はなにかと、
社員に物品を売らせるわけで、ノルマがあるらしい。
これから正月にかけて、メチャクチャ忙しい、あの会社ね。

全国の産地直送の米を予約してほしい、というのだねぇ。
ま、値段はスーパーよりもだいぶ高い。
けっこう重い運び賃に600円も払うのはむにゃむにゃだが.........

そこはそれ、相身互いということで、ハンコ押してあげた。
まァねぇ。全国のブランド米を月替わりで食べるっていうことも、
乙ではなかろうかと。

 161214-a4.jpg

パソコンへ接続していたスピーカーシステムを、テレビへもっていった。
サラウンドシステムが作用しないので、万全とはいえない。
けれどもWOWOで映画観るには、それなりの音を出してくれる。

とりあえずこれにしといて、
サウンドシステム構築を、ネットでただいま模索中。
惜しかったな。BOSEのスピーカーを断捨離しちゃった。

次の夢は、テレビを大型にして、サウンドシステムを構築する。
これで映画観たいねぇ。
パトさんは、そこへゆったり革張りソファーを置きたいらしい。

いいねぇ。
ま、宝籤が当たれば、こんなもん、お茶の子さいさいのさい。
大晦日まではなんぼでも妄想を描けるからな。

アハ。
そういう意味の、
いいねぇ、なんだな。

 161214-a1.jpg

おひとりさまのときに、わりと高い頻度でチャーハンつくった。
ま、イイ加減というか、男のやっつけ料理というか。
ベテラン主婦のみなさんには想像もつかないことやってたな。

冷凍炒飯徳用袋ってのがあって、これがベースだね。
これの適量をフライパンで温めて、冷や飯ちょっと加える。
すると味が薄くなるから、焼豚足して、醤油をちょいと垂らす。

グリンピースとそら豆は別に、ルクエで解凍しておき、
最後に豆類と揚げ玉をトッピング。
ま、男のおままごとだけれど、それなり美味かったァ。

 tya.jpg

パトさんはきっちりする人だけれど、
もっといい加減でイイよ、て日頃からいってる。
手抜きできるところは、手抜きでも文句は一切いわないからね。

ロボット掃除機がブームなんだってね。
うちでも、ハナコがウィーンって這いまわってるけれど、
あれで、たしかに時間ができる。

その時間で、しっかりと下拵えする料理がしたい。
そういうんだから、いいからべぇ炒飯でいいよってわけじゃない。
おまえがやれって?? アハ。

 151216-hh21_201612140937293b7.jpg

いまちょいと隣のセンセにいってインフルの注射してきた。
パトさんは、注射が怖くてイヤだという。
もうずーとずーとむかしから、この注射だけはする。

おかげで、あれ以来、流感は罹ったことがないよ。
一度酷い龍簡易に二人でなって、食うや食わずで三日間枕並べて、
ほんと懲りたから予防注射はしておく。

パトさんは10何年風邪ひいたことないからと断固拒否。
注射が怖いんだと、しとけばいいのに。
オレが迷惑なんだからね、といっても頑固だなァ。

 151216-hh38.jpg

暮れの街はなんとなく忙しないねぇ。
ただ、その人混みのなかを縫うようにして歩いていても、
なにも感じなくなったのはうれしい。

おひとりさまになったばかりのころ、
暮れの雑踏のなかで疎外感みたいなものが、ひしひしと迫りきた。
パトさんと並んで、衣類みていて、ふ。と思い出した。

3年くらいまえの暮れに、イ○ンの衣料コーナーへゆき、
ダウンジャケットをいくつか試着したが、気にいらなかった。
なんで、ちかごろの服はスリムつくりなんだ、って怒って帰ってきた。

6年目くらいなると、1人で衣類を買うのにも慣れたはしたけれど、
「あ,似合うわよ」とか、客観的にみてもらえないから、
買い物する愉しさはなんにもない。

もっとも、帰って「また買ってきたの?」という人もいないが.......
さっき隣のセンセにゆくのに、このまえ買ったデニムの帽子被っていった。
「よッ、似合うわよ」

と、でしなにいってくれると気持ちいい。
ま、そういうもんだろうな。
ひとりよりふたりってことはね。

おひとりさまになって最初の年の大晦日。
娘が誘ってくれてスーパーへ食品を買いにいったのだ。
娘とはぐれて、雑踏のなかに佇んでいたら、急に気分が悪くなった。

で、トイレで嘔吐しながら情けなくてねぇ。
なんで、あんなになったのか、わからないけれど、
世間はいつも通りの大晦日だっていうのにと、疎外感ひしひし。

3年目くらいになって、おまえだけの思い込みだから、
しゃんとせーよ、って自覚したが、
あの雑踏のなかで人酔いしたという経験は、二度としたくない。

 なにか愉し年終わる夜の熱き湯に  日野草城

毎度暮れになるとでてくる、この句が好きだ。
はるかなる大昔の大晦日っ、てこういうものだった。
その頃への郷愁はいまもある。

この日ばかりは早く寝ろといわれないから、
なぜかわくわくして夜が愉しいんだ。
枕元に、元旦から着る新しい下着や服ががそろえてあった。

いかにも年が改まるって感じがして、
初詣に五社神社いってくると雑煮の匂いが家んなか漂ってる。
あれは家族というもののシアワセの象徴だった。

大人になってからだって、早めに風呂に入って、寝支度すませ、
国民的行事の紅白歌合戦を見るってのが、
しばらく前までの、日本の大多数の家庭の大晦日だったんだね。

あ、いまだってそうかもしれない。
オレ自身が、このどんちゃん騒ぎに興味の薄れたのと、
爺ィになって、年終わる夜に感慨薄くなったんだな。

どってこたァないさ、になっちゃったねぇ。
甲羅をへてそうなったのはたしかだ。
いいのか、わるいのか? よくわからんが............

去年は、パトさんと初詣に歩いてゆき、
あまりの遠さに、帰りにへたばって、ご機嫌わるくなって、
軽いジャブの応酬のケンカして、家にたどり着いた。

ま、ケンカ相手があるのはありがたい。
そう思ってるよ。
ほなあした.................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています        
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4632-3d6ff8d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

では、なんで年末ジャンボ買うんだ?? «  | BLOG TOP |  » 旺盛なのは食欲くらいのもの

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する