topimage

2017-08

天然暖房がありがたい - 2016.11.28 Mon

いやァ、よく眠ったァ。起きたら10時30分だものね。
ほんとは朝早く起きて、紅葉撮りにゆく予定だったのだが、
夕飯後に喉が痛くなって、ちょっとだけ偏頭痛がしたのだね。

ほら、風邪ひいたじゃない。ゆうこと聞かないから..........
薄着でふらふらしてるでしょ。
パトさんに、そういって散々叱られるのだけれどねぇ。

寒いかどうかは自分がいちばんよくしってるわィ。
寒けりゃ自分で着るゥ。
なんて、いっちゃうから、軽いジャブの応酬になるんだな。

それで、薬飲んで寝てしまった。
何時だったか。往くんですか? といわれた気がするが、
そのまま布団に潜っちゃった。で、ぼけぇぇ......... と起きてきたら10時半。

 161128-a2.jpg

薄着のままで体重計に乗った。なんかそんな感じがしたのだ。
ジャスト2kg減っていた。
そりゃま、うれしゅうございますな。努力の結果だもの。

とにかく、あと3kg減らさねばならん。
そこでやっとスタートライン。
なんとか頑張って75kgへもってゆく。

来春は颯爽とvintageジーンスはいて.............
なんて、何回いったかな。
ハイ、でございますから、不言実行。

 161128-a1.jpg

昨夜は、映画「信長協奏曲」を観ていた。
光秀はなぜ主君信長を殺したかの謎を、信長に瓜二つの現代人が、
タイムスリップして、あの時代へゆくことで辻褄合わせたストリー。

ま、SFによくある筋書きだが、かなり無理があったね。
信長を無能にして辻褄を合わせている。
この手のSFものには、半村良原作の「戦国自衛隊」の傑作ががあるからねぇ。

現代人が過去の戦国時代へトンでも、
結局はあの時代の人間のほうが、狡猾で人を操るのに長けていた。
というストーリーが多いのは、それだけ歴史上の人物への畏敬があるのか。

どっちかというと、オレは山田風太郎の世界が好きなのだね。
飄けているけれど、奇想天外のなかに辻褄があっているという。
ほかに夢枕獏の妖怪ものも好き。

 151216-hh32.jpg

ダウンタウン、まっちゃんがいいこといったらしい。
紅白歌合戦は大晦日の風物詩だからマンネリでいいのだ。
まさか、NHKは打破しようと思ったのか? ってねぇ。

これには同意だな。激しく同意。
オレは何十年も観たことがないけれど、まっちゃんがいう通りだね。
和田ゴッドアキ子さんが落ちたんだってね。

あのかたは39年出続けたことに意義があるんだし、
ヒット曲あろうがなかろうが、せんべぇ囓ってみてるには、どっちでもいい。
ゴーンと鳴る除夜の鐘へつづく風物詩。

これに対してネット雀がああだこうだいう。
いわなくてもいいことまで見苦しくいいつのるけれど、
誰がでようと目くじらたてることはないんだ。

あ、ことしは紅組勝ったねぇ。次は除夜の鐘か。
今年も終わったね。1年間ごくろうさまでした............
そう感じられればいいのじゃないか。

NHKって、そういう役割なんだよ。
余分なことしなくていい。
オレはかねがねそう思っていたから、まっちゃんエライわ。

 151216-hh31_20161128122141d27.jpg

鉄筋コンクリートの住まいっていうのは、けっこう冷える。
まえの住み処は最上階だったので、どこかで、ビシッ、ビシッと音がした。
別に、ポルターガイストでもなんでもない。

ここはまだ上があるから。そういう音は聞かないが、ま、冷える。
まだ冬ははじまったばかりだから、パトさんが寒がらない。
寒いとはいえ、12月と1月を凌げばいいのだ。

2月に入って梅が咲いたら、暖かくなるからね。
寒の戻りが、2、3回あって、
河津桜が3月初めに咲いたら、もうぽかぽかの春。

しみじみとパトさんがいうよ。
温かいところはいいなァ。
そういわれるとオレもよかったな、と思う。

 151216-hh24.jpg

パトさんが笑うけれど、強度の閉所恐怖症だからねぇ。
エレベーターが大嫌い。
どうして? っていったって、キライなものはキライ。

このあいだ、某スーパーのエレベーターで目を瞑ってたら、
パトさんが腕をしっかり支えてくれた。
で、降りたらねぇ。なかの様子が外の防犯テレビに映ってた。恥ずかし。

閉所恐怖症の起因はどこにあるのだろうか?
幼いころは、それほどでもなかったように思う。
隣りに住んでた3姉妹とかくれんぼするのが大好きだったしね。

女の子とくっついて押し入れ入るのは、
秘密っぽくて好きだったから、
押し入れに入るのが怖くなかったのは、たしかだ。

天竜川の渦に巻き込まれて、溺死寸前があったね。
まっくっらな川底に引き込まれていく恐怖は、いまも感覚が残っている。
だから、流れる水が怖い。

もう1つは防空壕か。
空襲のサイレンが鳴ると、何時だろうが起こされる。
庭先に、穴掘ったシェルターがあって、この真っ暗闇へはいる。

どこどこの屋敷に爆弾が落ちて、家まるごと吹っ飛んだそうな。
防空壕にいて一家が生き埋めだってさ。
そんなはなしをバァちゃんたち大人がする。

よせばいいのに、見にいった。
家は瓦礫の山になって大きな穴があいていた。
5歳かそこいらなのに、死という観念がひしひし迫ってくるのだ。

B29の不気味な飛行音や、夜空を照らす探照灯や、遠くで炸裂する爆弾の音。
まだある。シュルシュルという音とともに落ちてきて、
油脂の火の粉を撒き散らす焼夷弾。

艦載機が屋根すれすれに飛んできて、機銃掃射をした。
いま、日常を過ごしているこの土地で、そういうことがあったのだ。
子供心の不安はすべて、恐怖をやりすごす防空壕の真っ暗闇に凝縮されたのだ。

それが、半世紀以上を経てもなお、オレを苦しめる。
狭いところが、オレの心の深奥にあるトラウマ、
防空壕で感じた恐怖心をいまもなお引き出すんだな。

このあいだ、天竜川沿いの国道を走っていた。
トンネルがいくつかある。出口がみえないのがある。
「大丈夫?」とパトさんがいう。大丈夫じゃないのだ。ほんとは。

これくらいだとぎりぎりで出口がある。
中央道の恵那山トンネルは、上り線が8,650m、下り線が8,490m。
1人で通ったときは、もう精神崩壊限界すれすれだった。

大地震でも子供たちが背負うトラウマが話題になった。
しっかりフォローしてあげてほしい。
人によっては、一生涯背負ってゆくのだからね。

あ、青空がでてきた。天然暖房がね。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4616-8e6ffcb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

早起きして紅葉撮りへゆく «  | BLOG TOP |  » ぼけぇぇ........................... のススメ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する