topimage

2017-06

ぼけぇぇ........................... のススメ - 2016.11.27 Sun

起きてきたら9時だった。よく眠ったァ。
疲れ果てていたかもしれないね。
なにせ映画を5本も観たんだからねぇ。

午後から「スターウオーズ」のエピソード4から6まで観て、
晩ご飯食べて8時から2015年公開の「フォースの覚醒」を観たんだな。
そう、改めて制作したこれが蛇足のような気がした。

いま創る必要があったのか? という印象だね。
ま、しばらく、この手の映画は観たくないような..............
こういうお腹いっぱいを、遠州では「のんばめる」という。

それで、そのあとに、忠臣蔵の西洋版リメークを半分うとろうとろ観て、
炬燵の傍らで熟睡しているパトさんを起こして寝たのが、0時30分だった。
まァ、映画三昧は愉しいけれど、目がしょぼしょぼ。

 161127-a1.jpg

「わたしも一緒に観る」とはいったけれどねぇ。
10分は見ていなかった。身体が傾いてるな、と思ったら眠ってた。
起こしはしないけれど、2時間20分をその体制だから..................

「身体が痛くなるよ、ベッドへいきなよ........」
といったって、そういう格好で、耳元でサントラ鳴っていて、
それで眠るのがいいんだな。

いつだったか、WOWOWで北野武監督の「座頭市」を何度みても、
いつも途中で眠ってしまって、
4回目くらいにツギハギで見終わったことがあった。

あのかたはフランスで評価されるけれど、
オレ的に、映画は退屈なんだね。
ドスン、バキューンは、ほかの意味でおもしろいけれどね。

 161125-h04.jpg

さて、紅葉だよな。
そろそろ行ってこようと思う。
遠州いちばんの紅葉の名所小國神社がジャストミートのころ。

けれども、新東名ICができてから混むんだよな。
駐車場へたどり着くのに早くても1時間半とか。
なので、はやく出発しないといけない。

そういって、去年は12月2日にいったら、ヤケに空いていて、
なんだ、なんだ? ていってみたら、赤い葉っぱがなにもなかった。
タイミングだもんな。

もしも、「てんちゃら...........」のアップがなかったら?
早起きして走ったってことで、
おやすみさせていただきますゥ。

 161127-a4.jpg

昨日も、夕餉を食べて炬燵にずんぶりしていて思った。
腹がいっぱいになってシアワセだなァ...............
なにもしなくていいのがシアワセだなァ................... ってね。

おひとりさま8年間が、こういうのをシアワセだって思わせてる。
あのまま、女房依存のほほんしてたら、これはわかるまい。
いまパトさんのしてくれることが、シアワセなんだって思うまい。

だからねぇ。さっぱり痩せない。
ノーテンキにのんべんだらりん、ちゃらんぽらん。
なるべく、こうしていようと思ってるからね。

 14122-d04_20161127111058ad1.jpg

パトさんは世界のあちこちを旅行してきているらしいが、
オレは、そんなオカネがあれば絶海の孤島へ船をチャーターしていき、
釣りばかりしていたから顔外旅行はいってないんだな。

ただし、たった1ヶ所だけいってみたい場所があった。
アメリカのRoot66の映画「バクダッドカフェ」の舞台になった、
砂漠のまんなかのあの店にいってみたかった。

あそこにいって、チャック・バランスが座った窓際で、
ぼけぇぇ......... と外を半日見ていたい。
海外旅行への興味はまったくないけれど、これがしたかった。

Root66を行き交う車を、なにも考えずに見ていたい。
もちろん、頭のなかには、
I'm calling you♪がずっとずっとリフレインしているんだな。

ひとむかしまえは、およそ、日本人てものは、
こうした時間の過ごし方をしない民族だったんだ。
ま、ちかごろはそうでもなさそうだが..................

老人ですら、せかせかと、どこへいくやら歩いてたからね。
それが元気の証しだって迷信があったのかもしれない。
ましてや、ちかごろは体を動かすことが美徳であるという風潮すらある。

やれメタポだとか、大きなお世話だわィな。
ちかごろ週刊誌がめったやたらと、そういう医学の反論しているが、
だいたいが老人は過度の運動をしないほうがいいらしい。

いちばんの理由は、老人と呼ばれる人々の年齢が上がっているからだそうな。
60歳前後のプログラムを70overがやったら、これはダメだよね。
ま、65歳過ぎたら、ぼけぇぇ............ としているほうがいい。

 151125-og32_20161127111101193.jpg

シニア女性の何人さんかに聞いた言葉がある。
「孫を抱いて縁側で日向ぼっこしたい」ってねぇ。
これは、われわれがみてきたオバァちゃんのイメージだよね。

つまり、これが女性なりの、ぼけぇぇ................... ではないか。
しかし、われわれは、どこかでそういう家庭体系を放棄してしまった。
核家族といわれ、友達親子といわれ、個性の時代といわれ................

ぜんぶとはいわないが、その結果がいまの社会ではないのだろうか。
ひと世代半経ったら、こうなったのは紛れもない。
永六輔さんはこういっておいでだった。

 老人と暮らしていない若者が増えたのが、
 老人に対する思いやりがなくなった原因です。

 あいつらは老人の衰え方を日常的に見てないから、
 理解できないんです。

昨日の電車の優先席のケンカなどは、まさにこれ。
ただし、老人の側にもいつまでも鼻っ柱の強いところがあるんだ。
元気がいいだけにね。紀元前の哲学者エピクロスはこういった。

 干渉好きの老人ほど、見苦しいものはない。

アハ。
まさに、紀元前からそうだったんだな。
若者言葉でいえば、ウケるゥ。

 伝説というのは、
 過去の業績にしがみついて死を待っている老人のことだろ。

と、小気味いいことをいったのは、
ジャズトランペッターのマイルス・デイヴィスだけれどね。
いつまでも、しがみつくのは老害なんだぞ、ってね。

これには禿げ同。つまり、激しく同意。
デイヴィスのいう通り。
さっさと忘れるがいちばんのラクチン。

だからさ、ぼけぇぇ......................................... としてりゃいいのさ。
なにも考えずにね。
それがシアワセだってことに気付けばいいんだ。

あのビヤ樽のように太って、デッキのローリングチェアにはまり込んで、
会話をかわすでもなく、ぼけぇぇ.........................
としている西洋の老人たちがオイらの憧れだったし、早くそうなりたいと思った。

ま、せこせこした日本ゆえ、万事そうはいかないが、
ぼけぇぇ................ だけはできるからねぇ。
これぞ、のんべんだらりんちゃらんぽらんだからねぇ。

お昼だ。飯食ってぼけぇぇ....... としよう。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4615-1ddabc13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天然暖房がありがたい «  | BLOG TOP |  » てんぐの里へ往復100kmドライブ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する