topimage

2017-08

てんぐの里へ往復100kmドライブ - 2016.11.26 Sat

いい天気。9時過ぎまで寝ていたからねぇ。
しばらく、ぼけぇぇ................................ としていて、
10時で18.6℃だから、だいぶ寒いんだなァ。

昨日は往復100kmのドライブだった。
浜松市天竜区春野町の日本一の天狗の面を見に走ったのだ。
家を出たのが1時だった。

どんどんと山の中へ入ってゆくからパトさんが喜んだ。
故郷の田舎とおんなじ景色だってね。
住んでいたのは県庁所在地の街中だが10分走れば田舎道だったそうな。

 161125-ho1.jpg

ここの秋葉山には、火伏せの神の秋葉神社本宮がある。
全国に800社あって、それの本宮だからゆかりの天狗の面があるらしい。
日本一大きな天狗の面だそうだ。縦8m、横6m、花の長さが4m。

1985年に神戸市で、
「全国都市緑化フェア・コウベグリーンエキスポ85」が開催され、
そこで展示された物を譲り受けて、ここへおいたってはなし。

ま、運ぶのもタイヘンだったろうにねぇ。
同じ敷地内には白井鐵造記念館がひっそりとある。
春野町 (旧犬居村) が生誕地だという。

白井さんといえば、
「すみれの花咲く頃」「おお宝塚」などの作詞者で、
宝塚レビューの王様と呼ばれたおかた。

 161125-h03.jpg

白井鐵造は、尋常小学校を卒業して、
浜松の日本形染という会社へ勤めるのだが、ダンサーになろうと、
一念発起して東京へでてゆく。

で、小林一三との出会いがあってレビュー演出家になる。
おんなじ天竜区 (旧光明村) からは、志を抱いて本田宗一郎が巣立つんだ。
高等小学校を卒業後に、夢を抱いて東京アート商会へゆく。

次の機会には、
「本田宗一郎ものづくり伝承館」へも足を運んでみたい。
郷土の偉大なる先輩たちの足跡を踏んでみるのも、イイねぇ。

 161125-h05.jpg

昨日も天竜川のダム沿いの国道を走っていると、
後方からダンプカーがぐいぐいと追走してくるのだね。
いっしょになって走ることもないから路側帯でやり過ごした。

もう粋がって走ることもない。
自分の年齢にあった走りをすべきだからね。
ま、意識の問題かなァ。

そのニュースだけをピックアップするから、
高齢者の運転する事故が急増しているようだが、
統計的にはけっして増えていないという。

なかには「高齢者免許を没収せよ」との暴論をはく若者がいる。
都会の若者の車離れが著しいというから、
そういう考え方もでてくるかもしれないねぇ。

しかし、これは極論であるし、
いずれは、あなたたち自身へのブーメランでもあるんだ。
みんな、加齢はするのだからねぇ。

来月早々に、高齢者講習にいってくる。
まだまだ乗りたいと思うから、買った車に現時点でできうる限りの装備はした。
衝突防止や、急発進のエンジンストップ、バックカメラなど。

地方に住むとなれば、車がなくては蟄居せよってのとおんなじ。
どこもいかず、日向ぼっこして、早く死んで行け_______
って、策であれば、それはあたっているだろうね。

車線を外れると警告音が鳴ったり、自動ブレーキが作動したり、
こういう運転アシスト装備の車両であれば乗ってもいいっていう、
高齢者向けの「限定免許」にするのも良策かと思う。

たまにしか乗らないから、古いままの車でいいではないか。
これは乗る側の意識の問題であって、
私だけは大丈夫!! ではなくて、起こりうるという考えが必要なんだな。

 161125-p3.jpg

なんか、哀しいというか、情けないんだけれどね。
ま、この30何秒かでは、測りかねる両者の言い分だが、
日本人の心の変質なんだろうかね。

あえて、リンクは貼らない。
高齢者の顔がでてしまっているからだ。
youtube で検索すれば映像がある。

電車内の優先席を巡っての言い争いなんだな。
高齢者が威張る。若者が反発する。
ま、いまに始まったはなしではないかもしれないけれどね。

どうだ、オレの言い分は正しかろうとSNSに相手の顔を晒していいものか。
つまりは自分を正当化するのに、世間を巻き込む。
って、そこはひっかかったかな。

なんにしても、
老人の1人としては寂しい気がした。
あなたは、どう思うかしらん?

 自由とわがままの違いは
 他人を妨げるかどうかである。  福沢諭吉

 161125-p5.jpg

人と人との触れ合いは、触れ愛。
人はいろんな思いを、触れ愛で誤魔化して生きているんだよな。
愛といっても、 love じゃない human loveだけど.............

昨夜も、映画を見はじめたのだが、テーマが重くて見ていられなかった。
まだ、見られないモノがある。
他人の絵空事と思うことができないものがある。

自分でも意外だったが、心の傷っていうもは深いものなんだな。
何年経っても、心に瘡蓋が残っている。
いっぽうで触れ愛に癒されて、きれいになった部分もある。

いってみれば、
人と人が心のアンテナで交わす人間愛というもの。
どこかで、自分の心と触れ合う部分があれば心が和らぐ。

それは心の糧になる。
誰しもたまには隙間風が吹くけれど、
その触れ合っている時間だけでも温まればいいではないか。

だから、おべんちゃらやお上手で包む必要はないのだと思う。
ほんとの自然体ってこれではないのかってね。
自分自身のハートに心地よい流れ。そして、お相手のハートにも和かな流れ。

残念ながら、
これがわかったのは年齢がいってからだったし、
大事なモノを失ってからだった。

だから、いまの若者は云々なんていえはしない。
おのれの身に重ねてみればねぇ。
いえることはひとつ、みんな老いるんだ。例外はないってこと。

さぶぅ。気温があがらないよ。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4614-9bb5d600
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ぼけぇぇ........................... のススメ «  | BLOG TOP |  » 並んで日向ぼっこしてればいい

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する