topimage

2017-08

愉しかったなァといまでも思う - 2016.11.22 Tue

ぼけぇぇ........... と起きてきたら、福島で津波警報というので、
いっぺんに目が醒めたのだ。
いまのところ、被害はでていないようで、なにより。

他人事ではないのだ。
もう40年も東南海地震が起きるといわれ、
静岡の人は敏感になっている。

いま浜松の海岸には、想像を絶するような巨大津波防潮堤が、
民間パワーでできつつある。
浜岡原発も周囲を高い壁でかこってしまった。

いつ起きるかわからない。起きないかもしれない。
オレには、幼時の東海地震のトラウマがあるから、
いつでも地震への恐怖が心のどこかにぶら下がっている。

 161122-a3.jpg

昨夜もWOWOWで「ニュー・シネマ・パラダイス」を観ていた。
大好きな映画で、何度も、何度も観たのだが、
ストリーの細部を忘れていたので、また新鮮に観られた。

2時間バージョンだったので、3時間の完全版とは、
ラストシーンが異なるのだな。
ネタバレになるから書かないが、こっちの方が好きかもしれない。

映画好きのトト少年が、オイらの少年時代と重なって、
感情が入ってしまうのだねぇ。
それから、映画のなかのスクリーンで、映画が観られる。

あ、これはシルヴァーナ・マンガーノの「にがい米」だとか、
ブリジッド・バルドーがチャーミングだなァとか、
チャップリンがとか、これが映画好きにはたまらんのだ。

 

オレもトト少年のように映写室へ入り込んで、
あの四角の穴から映画を観ていたので、
アルフレッドおじさんが元気なころのシーンが好き。

この映写室のはなし。
ずいぶんまえに「てんちゃら...........」へ書いたことがある。
それが通じるブロ友がおいでになった。

たしか実家が映画館を経営されていたとか、
四角の穴から映画を観たんだっていう。
2年ほどブログ更新がストップしているが、どうされただろうか。

 161122-a1.jpg

それでねぇ。映画が終わったのが9時ちかく、
よせばいいのにパトさんがもってくるからチョコ食べたのだ。
そのあと風呂入った帰りに、あと3つ。

ブラックチョコレートだとカフェインがあるんだね。
なんか眠いのに眠れない。
眠っているのに、眠っているかどうかがわからない。

久しぶりに興奮状態になってしまい、
「ほとんど眠れなかったァ」とパトさんにいったら、
「うそ、ガーゴーいってたよ」ってほんとか。

うん。眠ってないというにしては眠くないな。
たぶん、いつもくらいは眠ってるはず。
オレ、カフェインには弱いが、チョコにも弱いんだな。

今日は、パトさんの姪御さんがくるのだが、
なんか、ずっと眠っていそうだねぇ。
アハ。

 161122-a2.jpg

広小路に面して洋画の3番館があって、いまアクトシティのあたりの、
通称まぐ○通りに邦画の3番館があった。
名画館はほかに3つあったが、この2館は7時から割引きがある。

1本の終わりのほうとニュースと最後の1本が観られる。
終わると9時半くらい。
もう真っ暗な街のなかを小走りで家に帰った。

そうなんだね。
昭和30年代前後っていうのは夜9時は真っ暗だった。
30年代後半の裕次郎映画観たってそうだ。

浅丘ルリ子を振り切って、クラブの喧噪から外へ出ると、
街灯のほかに灯りはな苦」、夜の街はほの暗い。
寒々とした街で裕次郎ががトレントコートの襟を立てて煙草を吸う。

そのつもりで、あの時代の映画を観ると夜が暗いんだな。
ネオンチカチカ不夜城はバブル期だからねぇ。
隔世の感がある。

ほぼ毎週見に行ったので、どれだけの映画を観たかわからない。
トト少年はのちに映画監督になるのだが、
オレも映画の仕事に憧れて、映写技師のおじさんに聞いたのだ。

どうしたらいい?
なんでもいいから本を読め。なんでもいいから映画を観ろ。
だから観たんだな。毎週のように観た。

で、都会へでてゆく。
登りたい山はあった。登る道はなんとか見つけ出した。
そこで喀血して、オレの夢は潰えた。

 161117-p20.jpg

その「まぐ○通り」というのは、奥のほうに貨物駅があって、
そこから日通が荷物を運び出すのだが、
当時はこれが馬車だから、馬が落とし物をする。

それが通称の由来だったが、馬の落とし物を拾う商売もあって、
そこはそれ、世の中うまくまわってた。
3本立てを観に通うころは、馬車だったしオート三輪だったな。

3本立てだからねぇ、1日がかりで映画を観る。
売店でコッペパンとみかん水を買う。
これをちびちび食い、ちびちび飲んで5時間くらい頑張る。

当時の映画館は娯楽の王様、超満員だからすんなりとは座れない。
まず、1本目は大人の肩の間から観ている。
だから3本半は観るわけだね。

正月や盆はまず座れない。
だから、子供の特権で舞台の上に寝転んでみる。
これね、タイヘンだよ。

シネマスコープの長細い画面の端から端へ、
嵐寛の鞍馬天狗が白馬にまたがって、パカッ、パカッって、
クビをずっとまわさないと見えないからね。

このころは、映画が10円、コッペパンが10円、みかん水が5円。
夜の割引きを観にゆくころは中学生で、
たしか割引き入場料が50円だったと記憶している。

いまねぇ。
この映画館ニューシネマパラダイスが閉館したように、
この街にも映画館はビルのなかにしかない。

だから、オイらの想い出は、オイらの頭のなかにしかないが、
よき時代に夢をいっぱい描かせてもらってシアワセだったと思う。
3番館からでてくる人の波に逆らって、タダで潜り込んだのが懐かしい。

 人生は恐れなければ、
 とても素晴らしいものなんだよ。
 人生に必要なもの。
 それは勇気と想像力、そして少しのお金だ。

チャップリンの「ライムライト」での言葉だけれどね。
映画って、いろいろなこと教えてくれる。
あの時代を愉しかったなァといまでも思う。

さて、今日も映画を観ようか。
ほなあした...............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4610-b0560f92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かわいげのあるデブになれるか «  | BLOG TOP |  » そこに山があるから..........

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する