topimage

2017-11

足掻いたってしょーがない - 2016.11.17 Thu

気温は19.4℃。それほど寒くはない。
8時まで寝ていて、朝ドラは半分、ぼけぇぇ...............
今度のはなんかテンポ遅くて、ちょっと飽きたっぽい。

それで、ぼけぇぇ.............. としたままご飯食べて、
北向きの書斎の小寒さに、ちょっとだけ目が醒めて、
ま、いつもとおんなじ朝がめぐる。

 161117-a1.jpg

お昼食べてから、浜松城公園へいった。
駐車場で1時10分。
美術館で「女性を描く」展をやっているので見にゆく。

1900年初めのフランス女性がイキイキと描かれていた。
ルノワール、クールベからマティスまで、素晴らしかった。
オレは、絵の構図を見る。

パトさんは女性の衣装をみたらしい。
それぞれ観るところが違う。
でも、絵の印象は頭に残る。いつか自分の写真にでるかなァ。

シルバー割引きがるので、2人で1人分。
1200円だからお城へ散歩にきて、
興味のある催しだったら、観てゆくことにしている。

 161117-h05.jpg

ほらァ。木によっては紅葉まっさかり。
日当たりのいいところは真っ赤になっていたよ。
天守の影の日本庭園は、まだまだの青紅葉。

美術館ふくめて2時間ほど歩き、芝生公園へ戻ってくると、
ちょうど日差しが斜めになって、
この広場越しの天守閣が眩しいくらいに輝く。

この時間帯の、この広場の光景のために、
ここへくるみたいな........
大好きだねぇ。

 161117-h01.jpg 161117-h03.jpg
 161117-h02.jpg 161117-h10.jpg

この浜松城公園ではしばしばリスをみかける。
昨日も餌付けしている人がいたが、これはタイワンリスらしい。
つまり、人の手によって放たれた外来種。

かわいいけれど、ここにいてはイケないリス。
池のまわりにゆくと、ハトとカラスとカモが餌争いしている。
なんかしらん、人間の都合だけだねぇ。

 161117-h19.jpg 161117-h20.jpg

どういう経緯かしらないが、博物館の森にもいるし、
四ツ池公園にもいるし、浜松の公園にはリスがいるんだね。
そうだ。城址公園が動物園だったころは、クジャクが放し飼いだった。

象が深夜の繁華街を散歩したこともあった。これは放し飼いじゃない。
夕方になると、中心街にライオンや猿の吠え声が響いたり、
いまでは考えられないけれどね。

昭和25年にインドのインディラ首相から象を贈られ、
それがきかっけで、子供博跡地に動物園ができた。
舘山寺へ移転したのは昭和58年のことだった。

 161117-h21.jpg

地震、雷、火事、おやじ、という。
古来より抗うことのできない自然発生的な災難をいう。
おやじが天災か? ということなかれ。

おやじは「大山風」で、つまりは台風のことだとか。
オレが幼いころからの怖いものの順序もこれなんだねぇ。
いちばんは地震が怖い。パニックになる。

昭和19年の東南海地震が、ちょうど物心つくところだったから、
激しい揺れの体感や、目の前で地面が裂けたのを、
記憶の襞に焼き付けているのだね。

家の前の道路をトラックが走ってきて、あまりの揺れに停まった。
荷台からジャガイモが沸くように飛び上がって、
道路に転がってころころころ。笑いもせずにそれをみていた。

それから、爺ィのいまでも稲光と雷鳴がなんとも耐えがたい。
パトさんは稲光が、キレイで好きという。
あれは、たぶん、戦時中の夜空を照らした探照灯の記憶だろうな。

最近は火事もすくないけれど、以前は冬になると毎夜のように、
サイレンがなって消防車が走っていったね。
オレのトラウマは、空襲の大火災にある。

B29爆撃機の不気味な飛行音と焼夷弾破裂の乾いた音とともに、
大空襲が夜空を焦がした炎の色だな。
鮮明に遺っているから、これも何歳になっても恐怖に震える。

つまりは 幼いときの恐怖体験は生涯消えはしない。
けっして、喉元すぎればって、忘れてしまうことはない。
昨日、お城の戦災慰霊碑のまえで黙祷してきた。

 161117-h78.jpg

ストイックという言葉がある。
普段はイイ加減のオレとは対極にあるかもしれない。
ま、ほんのちょっとだけもってるけれど.........

辞書ひもとくと、
禁欲主義だとか、克己主義だとか、
いうなれば、自分自身に厳しいってことだろう。

まァ、常にイイ加減モードのオレとは違うことはたしかだ。
自分にアマいもんな。
すぐに怠けもんの神さんと妥協しちゃう。

が、これがオレのペースだから、変える気はない。
おひとりさま時代と違ってパトさんの存在が、
多少は干渉するけれど、大きく変わることはなかった。

世間のカタにハメることはない、って常々思ってる。
これはパトさん大明神も、案外と似ている。
だから、2人揃ってのヘソ曲がり。

基本的にシアワセってものは、
自分がいまシアワセだなァって思えればシアワセなのだから、
ヘソ曲がりなりのシアワセがある。

要はシアワセのかたち、スケールなんだ。
こんなもん、上をみたらキリがないわけで、絶対に上はみない。
で、下があるなんて考えたこともない。

マイペースで野垂れ死んだって、そりゃ本望。
足掻いたってしょーがない。
開き直ってりゃなんとかなるゥ。

ヤク○ソみたいだけれど、実はそうなんだな。
長くて10年。それでイイだろ?
イイ加減だけれど、1日1日を大事に生きるゥ。

さて、写真現像するか。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4605-e730246a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今更だけど主婦は偉大なりィ «  | BLOG TOP |  » 大きなお世話っていうもんだ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する