topimage

2017-06

片一方で我慢してもう片一方で.... - 2016.11.13 Sun

温いよ。20℃超えだからね。あ、小春日和だな。
昨日とおんなじだけ着たら、窓際ぽかぽかアツいぞ。
これが、いまの浜松だと普通なんだよな。

てなわけで、今朝も9時ちょっとまえにのこのこ起きてきて、
温かい窓際で、ぼけぇぇ................................. でございますゥ。
昨夜ねぇ。11時頃には寝たんだけどね。

ちょうど適温なので、なんぼでも眠れるぅ。
え、おまえはいつもだって? 
ま、そりゃァそうでだけれどねぇ。

 161113-a4.jpg

午後になって、和室のぽかぽかのなかにいると眠くなる。
夜8時間以上眠ってもまだ眠くなるゥ。
何度も、何度も、マウスもったままこっくりこっくり。

「ベッドで寝てきたら...........」
通りかかって、眠ってるのをみつけてパトさんがいうけれど、
炬燵で居眠りこくのがいいんだな。

ベッドへいっちゃうとダメ。
炬燵にいて、眠ったという境目の意識がないのがイイ。
いつの間にか眠ってる、これがすこぶるイイ。

実に非生産的日常だからイイのだ。
それから1時間ほどして居間へいったら、
アハ。パトさんがゲームの途中で頭垂れて眠ってる。

画面の時間経過見たら19分だった。
これくらいがいちばん気持ちイイ。顔見てたら目覚めた。
「よだれ..........」とウソいったら、慌てて口を拭った。

こんな日常の繰り返しで、
あっという間に今年が終わるよ。
ま、来年もこんなんでいければイイねぇ。

 161113-a3.jpg

「来週になったらユ○クロいってよ」といったら、
「なにがほしいの?」
「ジーンズが..............」

「え、入らないの?」
はいらないんじゃない。落っこちるんだ。
ま、はいらないともいうか。

ま〜〜〜るいお腹のどこで留めるかだからね。
下腹部のRだと歩いてるうちに、ずり落ちるんだな。
「オーバーオール穿くしかないんじゃない」

それはそうだけれどねぇ。
これがマズイな、とは思っているよ。
ときどき心を入れ替える。が、知らぬ間に元へ戻ってる。

で、ナニをするか? とりえず食うモノ減らすんだ。
あの頃どうだったか。
まずはアイス断ちだなって、トホホホ..............

おかずの1品減らし、糖質食品をできるだけ控える。
朝は1皿だけの焼きキャベツを食う。これで満腹中枢は満たされている。
昼は牛乳カップ1杯、パン1コ、バナナ1/2本。

それで夕餉に、十八穀米を茶碗7分目。おかず1品減らし。
夜7時以降はなにも食わない、
ってエライねぇ。これがいつまで続くゥ?

ジーンズのボタンがはめにくい。
ヘソの下へ力入れて、うッと腹ひっこめて、やっとボタンはめて、
フィィィ...............と息をつく。

いま穿けるジーンズが2本だけ。
これじゃ、マズイよな。
がんばろ。

 161113-a2.jpg

なのに、3時になったら「ね、食べるゥ?」って、
虎屋の羊羹とお茶もってくるんだからねぇ。
このまえの東京いったときのおみやげ。

目の前へもってきたら、食べないわけにいかんじゃん。
「一切れの半分ずつにしよう」
はなから薄く切ってあったのを半分っこした。

まだ、中華街の月餅かなんかがあるんだよな。
って、片一方で我慢して、もう片一方で食っちゃう。
ダメだこりゃ。

 161113-a1.jpg

浜松の人はっていうと、石橋が落ちていても見にゆく。
本田宗一郎さんがいう「見もせんでわかるか」ってね。
ま、好奇心旺盛でもある。泡っくらいともいう。

なんでも受け入れるっていうおおらかさがあって、
それによって、あとで悩んだりするが、
すべては、やってみなければわからばないのだからねぇ。

だから、世界的な企業がいくつも誕生したりする。
「やらまいか精神」がこれ。
そりゃま、物にならず........ ってのはなんぼでもあるわけだが。

パトさんがいう。
浜松の人は、男性も女性も体格がイイ、ってね。
それから親切だってね。

それはそうかもしれない、人がいいんだな。
あとで損したァ、と思ってもたいして気にはしない。
それに、すっかり馴染んでしまったね。

「違和感がないのよ」と1年余を暮らしたパトさんがいう。
それはうれしいねぇ。
彼女にとっても、終の棲家になるんだからねぇ。

ここへ住むまでのイキサツは書かなかったが、
いつも「てんちゃら...........」へは素直な心を書いているわけで、
そのときどきで、いろいろな思いがある。

読んでくださるかたにもいろいろな思いがあるはず。
それはまァ、至らぬ文章ゆえに誤解をうむこともあるけれど、
いいわけはしてこなかったつもり。

しかたがないことだからねぇ。
出会いは、一期一会であるけれど、ご縁がなければしかたがない。
それは、ごんべ自身の至らぬゆええであるから、自業自得。

ただ、自分の心を素直に書くことで、
なにかを伝えることができれば、なにかを感じてくだされば、
それは書くものにとっての大きな喜びであるのだ。

誰しも、どうにもやりきれないときがあり、
世の中の理不尽さを嘆いて落ちこむこともあるけれど、
だからといって、そこから逃れることも難しい。

1日を思いきり生きて、疲れ果てて、ぶっ倒れて眠るしかないのだ。
不肖ごんべも、それしか理不尽さから逃れる術はなかった。
悔いと寂しさとがないまぜとなり、その重さに疲れ果てて眠るしかなかった。

これでいいのか、おまえ............. と悩む。
そんなときに救ってくれたのがネットの仲間たちだった。
彼女たちはかけがえのない人を失った............... という共通点をもっていた。

なぜだろう? 女性ばかり。
で、あっちもこっちも、ともにジタバタしながらも、
お互いを客観的に眺めて、アドバイスできる仲間たちだった。

これはほんとうにありがたかった。
そしてパートナーとの出会いがあった。
一部の「おばば」たちには話した。祝福の言葉をいただいた。

たぶん、ときどききて見守ってくれているよね?
こいつ、あいかわらず、しょーもなァ。
と、笑ってくれているよねぇ。

いくつかのしがらみを克服するのに2年がかかって、
二人で暮らすこととあいなった。
どう考えても、1人ぼっちでいるよりはいい。

じゃァ、そうしようか。
と、いってできてしまう2人が出会ったのがよかったねぇ。
いちばんは、パトさんの勇気に感謝。

さてと、お昼。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4601-1ab28860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

結婚してからは片目を閉じよ «  | BLOG TOP |  » 大失敗の泣きべそかきの巻

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する