topimage

2017-06

チョコレートの箱だな - 2016.11.04 Fri

いやァ、寒いのだ。オレの鼻風邪は治らんのだ。
鼻ずこずこやってるぞ。偏頭痛は治った。
テレビで、早すぎた冬だっていう。ほんと早すぎるゥ。

8時に起きてきたら、デスクの温度計は17.2℃だった。
「毛布入れる?」と昨夜聞かれ、「まだ、イイだろ?」っていったが、
夜中に目覚めて、毛布がほんとにほしかった。

寒気が下がってきてる。
パトさんが東京へ行く日は、木枯らし一番だってよ。
最強の晴れ女伝説これいかに?

 16115-a3.jpg

鼻風邪ぐすぐすでも、ゆくところはいってこないとね。
午後からパトさん運転でお寺へいった。
思ったより風はなかった。往って帰って30分はかからない。

月命日まいりに何回いったことだろう。
数えてみたら、来年の命日で108回なんだと。
煩悩の数といっしょだね。

で、偏頭痛するものだから食欲がない。
まさに鬼の霍乱。オレが食えなくなっちゃおしめーよなんだな。
晩に、うどんつくってもらった。

 16115-r2.jpg

ま、これくらいは風邪引いても、さすがの腹減りごんべ。
ペロリとは食べるけれど、食うのに派気がない。
やっと食べて、早々に炬燵にもぐり込んでうとろうとろ。

これがいちばんいい。
薬飲んで、半分眠って過ごしてたら、いつの間にか寝る時間だった。
この部屋は2方が窓で、なかなかにいいのだが、和室。

いまの設計なら、
光いっぱいのリビングにするだろうけれど、
なにせ築30年だものねぇ。

ただ、地盤固いし、基礎がしっかりしてると思う。
震度2くらいの地震が何度かあったが、
いちども揺れを感じたことはないからねぇ。

 16115-a2_2016110409113370c.jpg
 
ジュビロ磐田がぎりぎりでJ1残留を決めた。
よかった。ほんと。
ま、いろんな意味でJ2って厳しいからねぇ。

エスパ清水はJ1昇格をまだ決めていない。
名古屋グランパはJ2落ち。
1年で出直しって、そんなにアマくはないよ。

今朝の yahoo news、 「磐田 俊輔獲りへ」
さすがに、これはないと思うけれどねぇ。
記事としてはおもしろい。

 16115-a1_20161104100013bd4.jpg

おひとりさまっていうのは、よく独り言をいうのだ。
1人って暮らしってのはチェック機能が心許ない。
なので、始業点呼みたいなものなんだな。

左よーし、右よーし、出発進行ってな。
そのクセが残っていていまでも独り言をいうのだね。
すると「え、なにかいいましたァ?」と反応があるんだ。

おひとりさまでは、でかけるときに、
あ、玄関のカギ閉めたっけ? 閉めたよな?
きちんと閉めてあるのに、なぜか気になるんだ。

ときには戻って確認したりする。
強迫神経症の初期症状だっていうのだが、そんな大袈裟でなくて、
独り暮らしの不安みたいなものの一片なのだと思う。

そのチェック機能がないからね、1人点呼をする。
水道しっかりしめよーし、玄関カギ締めよーし。
こういうチェックしながらの独り言。

多少はクセが残っているんだ。
玄関閉めたっけ。
ハイ。大丈夫ですゥ。

 151125-gg23_201511270745350fa_20161104102305729.jpg

これね。 ↑ 去年の気に入った写真の1枚だけれど、
銀杏落ち葉の積もった道をカップルさんが、
サクサクと音を立てて歩いていったので、撮らせてもらった。

今年もいよいよそういう季節になってきたんだな。
風邪引いてぐずぐずいってちゃいかん。
スタミナつけなちゃ..................

パソコンの前に何時間座ってたら、依存症というのか知らないが、
オレは立派な依存症だと思ってる。
ま、だいたい午前中はここにいるからねぇ。

おひとりさまのときは、そりゃま、立派な立派な、依存症だった。
その頃いってたもの。
オレからパソコン取り上げたら、退屈で死んじまうってね。

ごんべの雑学は、子どものときから読みあさった大人の本と、
入学まえから観ていた映画から得たものが多い。
それからリタイアしてからのWebの海で拾ったもの。

1冊の本で1行、映画1本で1つの台詞に感動すればいい。
そう思っているし、Webからは興味半分の世間を覗かせて貰ってる。
どっちにしても、好奇心の塊のオレには欠かせない。

そのたった1行であっても、
何年経っても心から消えない言葉があるものだ。
心情は年齢とともにかわることもある。

けれども、そのときの背景を思い出すと言葉がついてくるんだな。
その逆もあって、言葉に触れて情景を思いだすこともある。
言葉は、そのときの心を切り取っている。

たとえば、トム・ハンクスの顔といっしょに浮かんでくるのが、
「人生はチョコレートの箱、開けてみるまで分からない」
「フォーレスト・ガンプ/一期一会」のなかでの台詞なんだね。

人間がどんなに賢くなっても、わからないものがある。
それは、明日の自分の運命なんだ。
だから、人はわけもわからず、運命のなかを漂うだけってね。

亡き人に、よくいわれたんだ。
「あなたは糸の切れた凧みたいなものだから...........」
強がりばかりいったって、どこへ飛んでゆくのかわからないって。

それは、独りになって余計に感じていた。
娘にも「普通と違うんだからしっかりして.......」といわれた。
なにをしっかりするんだって、わかっちゃいなかった。

 もうじき落ちるのかもしれないし、
 どこか遠く飛んでゆくのかもしれない。

 ときにきりもみしながら、
 ときにヘンにバランスとって、
 あっちへひょろり、こっちへひょろり。

おまえなァ。
なんとか、天空を漂っているが、明日のことはわからない。
しっかりせーよ。

「明日はチョコレートの箱なのだ」
あのときなにかが閃いたんだ。
うん。ここに留まってちゃいけない、それだけはわかった。

先日、娘がパトさんにいった。
「ご承知のように、めんどくさい人です。
 よろしくお願いいたします」

それ聞いてオレ笑ってた。
「ほんとに、チョコの箱をあけてみるまでわからない」
人世ってそうなんだよなァ。

さぶぅ。炬燵へゆこう。
ほなあした..................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4591-fa95fb36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ひさしぶりに大海原に出た夢を観た «  | BLOG TOP |  » 人の世はちんぷんかんぷん

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する