topimage

2017-04

それだけでもシアワセと思わなくちゃ - 2016.10.24 Mon

曇りだよ、暗いな。書斎の照明点けた。
デスクの温度計は23.2℃。肌寒くなってきた。
あれほど暑かったのに、秋の深まりを感じるねぇ。

もう最適温度だな。なにがって?
眠るのにねぇ。なんぼでも眠れる。アハ。
7時半に起きてきた。ぼけぇぇ..........................

ご飯食べて、書斎に座って、エンジンかかってきたら、
あら、9時半になってた。これで新聞読んだり、ちゃら書いたり、
腹減ったァ、と感じると、もう昼なんだな。

まァ、非生産的な1日だけれど、これでいい。
のんべんだりんちゃらんぽらん。
明日につないでいければ、それでいい。

 151014-hs29.jpg

以前ね、アサイチに冷たい水を飲んでいた。
これが体内時計をリセットするらしく、
さァ、起きるぞって水飲んで、身体を覚醒するっていうのだ。

ところが、アサイチにこれをやっちゃいけないって説があって、
夜の内に口腔内に繁殖した雑菌を体内へ入れてしまうっていわれりゃ、
それもそうかなァって思う。

で、いちばんさきに、口んなかゴボゴボ剤やってみた。
うわァ、水が不味い。珈琲がいまいちうまくない。
や〜〜〜〜めた。いまさらだよねぇ。

ま、どうせ、猫舌猫体ごんべ。
考えてみれば、珈琲は年がら年中冷たいんだから、
これで体内時計リセットすればいいんだよな。

 161024-f1.jpg

朝ドラが「べっぴんさん」になったけれど、
「はじまったよー」とパトさんが呼ぶからテレビの前にいく。
なんかしらん、「とと姉ちゃん」から朝の習慣になった。

今度は関西だから、劇中は関西弁なわけだけれど、
神戸と大阪は微妙に違うらしいし、
ナレーターの菅野美穂さんの関西弁に違和感あるのだとか。

ま、ご当地ドラマだからねぇ。
あの「とと姉ちゃん」の最初のころの浜松弁だって、
それ、どこの言葉? だったし、そんなもんじゃないかいやァ。

「べっぴんさん」も、おもしろそうだけれど、
またも戦後の物語っていうカブリは、
ちょっとだけ飽きたと思わんでもないねぇ。

 161024-f4.jpg

まだ、炬燵の温かみがほしいわけじゃないけれど、
日曜日で観たいテレビ番組も多かったから、
昨日はほとんど炬燵のある和室で過ごしたのだ。

パトさんは居間だから、とりえずは四角四面占でずんぶり。
うゥらら、うゥらら、うらうらよ♪
ってね、リンダさんの歌声が鳴り響いてたねぇ。

そう、この和室は2面が窓になっているから、
明るくて、眩しくて、温かくて、
いつのまにか、うゥらら......... と眠っちゃう。

そのうち、寒くなればパソコンごとパトさんが引っ越してきて、
テレビ観てときどき、がは、がはァと2人して笑い、
静かだと思えば、座椅子に斜めになって、うゥらら、うゥらら。

炬燵って、やっぱりいい。
火のない炬燵はとうぶんオレ1人。
いまのうちずんぶり。

 161024-f6.jpg

その炬燵ずんぶりが、おひとりさまの象徴だった。
1週間に1度か2度は、そのまま朝まで転がっていたものだ。
あれって、冷たい布団へいくのがイヤなんだ。

のこのこ起きてベッドへいく。
潜り込んだ布団の冷たさに、ひとり暮らしを思い知らされる。
それがイヤで、そのまんま寝ちゃう。

おひとりさまになって、3年くらいあたりからだろうか。
宵のうちから眠ってしまうようになった。
生涯の半分くらいは、日が変わらないと眠らなかった人だったのにィ。

それまでが単に自堕落ではなかったつもり。
若いときは眠ってしまうのが勿体ないという感覚があった。
本を読んでたり、あの頃の深夜番組と、好奇心を夜が満たしてくれた。

それで、おひとりさまになってからは、闇のなかの魑魅魍魎が、
浅い眠りのなかに、這い擦り込んできては、
夜ごとに苛むのが怖かった。

だから子供が寝愚図りするように、
疲れ果てるまで起きていて、意識朦朧としてぶっ倒れて眠った。
そうするしかなかった。

どのへんからだろうか、心情のの変化があったのは..............
宵のうちから眠ってしまうようになった。
宵っぱりのオレとしたら、どえらい心境の変化だったねぇ。

はやく眠ってしまおう。魑魅魍魎がくるまえに眠ってしまおう。
そうすれば、「明日の朝目覚めれば、新しい一日が待っている」じゃないか。
って、しごくあたりまえなことに気付いたんだ。

それは「ま、イイ加減でいいや」っていう悟りでもあった。
状況はあまりかわらないが、そう、開き直ってみると、
オレ1人で頑張ってゆかねば.......... って片意地張った力みがとれたのだ。

ここのところが境だったんだろうね。
そうすると、気絶就眠になったし、なんぼでも眠れるようになった。
居眠り妖怪でぃの出現だったのだ。

 161024-f2.jpg

そして...............
一昨年のクリスマスイブ、パトさんを駅まで迎えにいった。
正月はさんでの1ヶ月ちかく、二人で暮らしてみるためにね。

二人で暮らしてみる。
ある一定の日にちを過ぎたら、それぞれの本質がでるかもしれない。
それがみえるまでいっしょに暮らしてみようか、ってね。

なにを感じたのかは忘れてしまった。
違和感がなかったから、いま、こうしていっしょにいる。
はやいもんだねぇ。もうじき2年になる。

お互いの過ぎた日は、ここで一区切りつけよう。
これからは新しい日へ思いを込めよう。
それが2人ならば、1人ずつよりはいいはずではないか。

その思いはいまも変わらない。
「ねぇ、そろそろベッドへいったら?」
めんどくせ−、朝までここでいいや、とは思わなくなった。

とりあえず明日へ持ち越す憂いはないから、
なんぼでも眠れる。
ま、それだけでもシアワセと思わなくちゃ...............

のんびり書いてたら、あれぇ、お昼だ。
ほなあした........................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4580-3d3bc1e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なんかしらん寒いな «  | BLOG TOP |  » カスカスの絞り滓か、オレ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する