topimage

2017-06

いいとこ褒めると上達する - 2016.10.10 Mon

今秋初の24.2℃だった。長いトレーナー履いたよ。
上は着ると暑いし、半袖だと肌寒い、どうすりゃいいのさ思案橋。
秋が深まってきたねぇ。

体育の日か。
野球のユニホーム着た少年たちの列が遊歩道をいった。
試合があるんだね。

本格的ランニングスタイルで走ってく人がいる。
老夫婦が手を携えて散歩をしている。
あれぇ。パトさんが戻ってきたァ。

 161010-a3.jpg

それを珈琲片手に、ぼけぇぇ........ と眺めているだけ。
汗搔かなくなったよーとパトさんが帰ってきた。
オレが眠っているうちにでていったのだ。

いっしょにいけばいいのに?
そういうけれど、朝は弱い。
身体が動かないよ。

「べっぴんさん」見るようになった。
あれをみているうちに、もやもやした頭が醒めてくる。
この街出身のカナちゃんでてるしね。

これが終わると、仏壇へお線香あげて朝ご飯。
キャベツを焼いてもらって、おかず少々。
ご飯粒は食べない。

だから、お昼は強烈に腹が経る。
トースト1枚にチーズ1切れとハム3枚とか。
こんなものなのに、ちょいでぶ解消にはならない。

それから、夕餉はパトさん頑張ってたくさん並べたいのだが、
あえて1品へらしをしている。
腹八分目でいられるように、そういう習慣になるようにィ。

 161010-a1.jpg

いったん眠ったらぐっすりこんこん。
いつぞやの震度5の地震だって、
寝ぼけていて、いつ起きたのかはわからなかった。

気がついたらベッドの下へ座り込んでいた。
いまは寝室にはベッド以外はおいてない。
下敷きになりそうなものをおかない。

いまは布団がベッドから逃げて、下へ落っこちて、
おう、さむゥって、凍えながら布団捕まえにいくって時期だな。
昨夜はパトさんも夜中に厚い布団に換えたとか。

これに毛布が加わると、布団と毛布が右と左に泣き別れ。
おひとりさまのときは、夜中に逃げる毛布の端っこに、
凍えながらしがみつき、おう、さぶゥゥ........... と目が醒めた。

ま、こういう自衛本能がだんだんとできてくるって、
しかたなしに知ったのだが、こういうのは簡単に退化する。
やってくれる人あるとね。

 141028-ks02_20161010085038ec3.jpg

「このごろ、まったく歩かないねぇ」
そういわれた。その通りだな。
ちょっとだけ、痛風で指先が痛いんだ。

ほんとの痛風なら、こんなもんじゃないらしい。
キリで揉むような痛さ、ってどんな?
その、プリン体ものが好きでねぇ。こまったもんだ。

幸いなことに、歩いて足が痛いだの、
膝が痛いだのはまったくない。
50歳代半ばまでは、ハードなアウトドア遊びをしていたのだ。

筋肉は多少落ちたとしても、まだまだ、体格がっちり。
困ることは、ハードに動いた反動からか、
いまさら動きたくないっていう、気持ちに支配されてること。

もう、めったやたらと怠惰に流れてしまう。
怠けもんの神さんが取っ憑いて、すこぶる昵懇離れやしない。
あんたいっといで......... パトさんも諦めて、1人でさっさとでていく。

 141028-ks04_201610100850392e4.jpg

短期の写真講習ををうけた憶えがある。
たしか、週2回の半年間。
別に、プロになる気持ちはなかった。なんでいったのか。

そうそう、スチール写真撮るプロダクションのバイトしていたのだ。
モデルさんの横でレフ板持ってたり、
アシスタントさんに怒鳴られて機材もちに走ったり。

ま、どこの現場も徒弟制度がいきてたね。
怒鳴られなきゃ一人前にならいって、
それが普通だから、怒られて逞しく成長していくんだ。

で、半世紀の歳月にはいろいろあって、
昨年の引っ越し断捨離で、奥の納戸のわけわからん段ボール箱から、
あーら、なつかしや。その講義のビギナーズ・ブックがでてきた。

座り込んで読んでみると、これがまた、小難しいこと。
ネットで検索しても、これと同じく難しい言葉がいっぱいでてくる。
基礎知識として、知っていて損はないけど、これだけで写真は上達しない。

まァ、いってみれば教科書通りにいかないってのは世の常なんだし、
だいいち、一生懸命学んだ知識なのに、
いまのカメラは、考えなくていいよ....... とマイコンがやってくれる。

 141025-ks03_201610100850412dc.jpg

だから、ちょっとだけ取扱説明書読んでね。
あとは実践あるのみでいいんだ。
現場にいって感動し、自分の気持ちを昂ぶらせ、それを切り撮る。

こう言葉でいうと難しいけれど、要はフィーリング。
プロダクションのバイトで学んだことは、
現場踏んできた人間は頭で動くのでは、けっしてないってこと。

職人のカンみたいなもんで動いてる。
知識なんてものは、脳味噌のどこかに、こびりついてればいい。
父親の職人の世界はまったくこれだったし、感性なんてそういうもの。

カンって簡単にいいうけれど、これだってあてずっぽうではない。
つまりは経験知の抽斗なんだよな。
抽斗の数が多いほどに、対応がしやすいわけだ。

内弟子のパトさんにも、しかり。
理屈なんかないもいわないよ。いいとこ褒めるだけ。
写真撮るのが愉しくなれば、いつの間にか上手になっている。

撮るときに楽しんで、撮ってからも楽しんで、
デジカメもつのがうれしくなれば、それでいいのだね。
好きこそものの上手なれ。これだよ。

ごんべのセンセがこういった。
新しい発見をするのはセンスだから、感性を磨け。
理屈よりは、これだ。

どうやって感性って磨くんだ。オレは悩んだ。
目ん玉に感性を宿らせるのだ。簡単なことじゃないか。
こういって怒鳴られて、余計にわからなくなった。

いまだってわかっちゃいないよ。
わかったフリしてるだけ。
検索すれば、いろんなこと書いてあるけれど、わからん。

 感性とは人間の持つ知覚的な能力のひとつである。

センスっていうだろ。
あの人の着るものセンスいいよねぇ、ってアレ。
だいたいは先天的なもの。

ヘソ曲がりがなにかもっていたりする。
ひとつに秀でて、ほかはっていうヘンジンも多いな。
天才ってそういうもんだが、オレたちは凡人。

たとえば、写真でいうならば、
ほかの人とちがうものを、発見する目だよね。
なるほど、こういう撮り方があるんだ、って思わせるもの。

それが「あ」だと思うんだ。
あ、きれい。あ、カッコいい。あ、迫力あるゥ。
なんでもいいから、「あ」を探す、そして重ねていく。

ほかの人と違う「あ」が多くなれば、
いつのまにか、自分なりの感性ができてると思うし、
いつの間にかいい写真撮っているはず。

うちの内弟子ね。
なにが「あ」なのか、さっぱりわからんものだから、
ひとつところに粘ってる。探してる。

オレ、イライラするんだけれどね。待ってる。
そのうち早くなるだろ。
って、なかなかならないんだな。でも愉しいっていう。

それがあればいい。
待っていてやろうと思う。
イライラしながらね。

だいぶ、このキーボードに慣れてきたよ。
ほなあした............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4565-00114f01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あまりのことに河津桜が咲く «  | BLOG TOP |  » ものごと悲観しちゃいけない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する