topimage

2017-05

人世の方便ではないかぇ - 2016.09.26 Mon

「とと姉ちゃん」もラストウイークだってぇ。
まとめに入ってるもんだから、ひと足先に卒業しちゃった。
でね、ご飯食べながらBSで音だけ聞いて、終わると8時15分。

デスクに戻ると窓からの風が冷たい。
温度計は25.1℃のまま。
雲は多いが、雨は大丈夫そうだから、おーい、ゆくかァ?

ラスト彼岸花だね。
万葉の森公園とフラパの仕上げだな。
イイ季節になった。

 16926-a6.jpg

今朝、珈琲片手にぼけぇぇ................ と窓のそと見てたら、
「あれぇ?」
来年のNHK大河「井伊直虎」のラッピングバスが通っていった。

そういえば、遠州鉄道の赤電も、天竜浜名湖鉄道も、
直虎のラッピング電車を作ったらしい。
どうだろうね? あまり知られていないはなしだから.........

戦国から安土桃山の時代に、井伊の領地を守った女城主とある。
今川家に属していたわけで、今川が桶狭間で滅び、当主が戦死すると、
まだ幼児だった世継ぎにかわって、女ながらも領主となった。

ま、地元も、それほど盛り上がるでもなく............
史実があまりないんだから、女性作家はヒットメーカーらしいが、
それが「世界でひとつの花」だそうな。

盛り上がった「ロス真田」でどうなんだろうか?
この間、墓地のある龍潭寺へいったら、駐車場が満車で、
ありゃりゃと通過してきたけれど............

 naotora.jpg

盛り上がるかしらん?
井伊家といえば、徳川軍の赤揃え。なかなかの強さであった。
彦根城主から桜田門外の変の井伊直弼へとつながってゆくのだが........

今川滅び、信玄これまた病を得て、激動する時代に、
井伊家を守ったおんな領主ということで、
家康贔屓のオイらとしては、大いに興味をもっている。

 16926-a1.jpg

いま美術館で地元出身の写真家、若木信吾さんの個展をやってる。
それも見にいきたいな、ついでにお城でお昼食べて......
なんていってたら、今日は月曜休館日だったね。

で、ごんたクンに電話して、お昼からフラパへゆく。
ちょこっといって、ちょっこっと写真撮って、
ちょこっと帰ってくるゥ。

いい天気になってきたし、秋って愉しいなァ。
「アンタもゆく?」ってパトさんにいった。
「たまには相棒どうしでどうぞー」ってさ。アハ。

 16926-a2.jpg 16926-a3.jpg
 16926-a4.jpg 16926-a5.jpg

まだ、パトさんの存在を娘に隠していたころだけれど、
「こんなになんでもで自分でできる人、なかなかないからね。
 いつまでも元気で自分でしてね」

と、2人で買い物にいった車のなかで娘がいった。
いつ、いおうかという段階だったので、お尻がこそばゆかった。
で、冗談めかして、ジャブをちょい、ちょい。

「酔狂な人がいたらどうする?」
「でも、それだけ自分でできるんだから、いらないよね?」

と、相手も、軽く上体そらして、
オレがくりだしたジャブをかわしたのだった。
で、続けて..........

「やってくれる人がいたら元の木阿弥、
 なんにもしないよね、たぶん」
「そうかな、半分ぐらいするかもしれないよ」

最後に娘が鋭いアッパーだしてきた。
「けれど、相当にうるさいよね」
「ウフフフフ.............」

やっぱり見事に木阿弥さんにはなったな。
ただし、あまりうるさくはない。
手も出さなきゃ口も出さない。足も出さずにどてぇ。

昨夜のタチウオなんかも、聞きにくるんだ。
どういう味付けがいいのか。
だから、口なんか、出すわけがない。

「たまにはやってみる?」
「いえいえ、そんな.............」
ありがたくいただくゥ。その値打ちを誰よりも知ってるからな。

 16926-a7.jpg

「これからの老人の生き方」というテーマの記事を読んだ。
ま、いわんとすることはわかった。
たしかに、老いるということを、社会が考えなきゃいけない。

そのなかのひとつ、孤独死って惨めなのか?
という件があったけれど、ま、オレの主張と一致しておもしろかった。
オレは孤独死をしかねない環境にあったわけだけれどねぇ。

もしも、オレが孤独でイっちまったって、
それが、そんなに大変なことなのか、と思っていた。
ま、オレの場合、婿殿に世話かけてしまうことになるけれど...........

オレ自身は、それが当然の成り行きだし、
もしも、人知れず昇天してしまっても、それはしかたないこと。
それが惨めだという感覚はなかった。

成り行きはいたしかたないのだ。
孤独死は、それまでの生きて来し方の結果なのだと、
いい放ったかたがおいでになった。

それは価値観の違いだからねぇ。
ふ〜〜〜んと思うだけ。
これだって、なにがシアワセの基準であるかとおんなじ。

100人いれば、100人それぞれの人世があり、その結果がある。
他人にとやかくいわれる筋合いでもなし。
ま、いわば大きなお世話なんだな。

オレがあのままひとりでいて、
よしんば孤独死したとても、それはそれでよし。
それが不幸か、否かはオレの魂が決めること。

肉体離脱しながら、そこに横たわる自分に向かって、
あばよって、いうだけだ。
ま、そこで木乃伊になっては迷惑かけるので、その方策はしてあった。

メールコールは毎日する。
定型文でいいからするという約束はしていた。
ま、そんもんでいいんだ。

その記事では、たしかな老人社会になるのだから、
これまでの通念を変えろと提唱していた。
それは言い換えると「これまで」が維持しにくいことでもある。

コメ欄へ「あなたが惨めな孤独死を.......」と書かれたお方があった。
人間誰しも1度は死のだ。が、明日のことは誰れもわからない。
それがどうであれ................

他人の定規で測られ、決められることではないのだ。
そういい放つ...... というのも、なかなかの度胸ではある。
オレには,そんな大胆なことはできない。

いろいろな人がいて,いろいろな考えがある。
ま、それゆえに腹たちはしなかったけれどねぇ。
なにが「老後のシアワセの姿」であるかだ。

オレは孤独死を怖れはしなかったが、
そこへ至るよりよき日常の改善は熟慮していたのだ。
それも社会通念に囚われる必要はない。

そえで、おなじ想いを持つ人がいたから、今日があるだけだ。
つまりは、老後自衛をしただけ。
オレたちはオレたちの選択をしただけ。

社会通念は変わってゆく。
それに合わせるのも人世の方便ではないかぇ。
と、まァ、オレたちは考えただけ。

さて、支度しよう。
ほなあした...................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4551-12b001b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

揚羽蝶もつれし曼珠沙華 «  | BLOG TOP |  » これでオシマイ

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する