topimage

2017-11

いまも忘れんぼ..... - 2016.09.23 Fri

今日も雨だよ。気温はデスクで25.8℃と小寒い。
湿度が91%だからべたべたする。
秋雨前線どこかへいっちまえ....................

夜中に腕が痒くて、秋の蚊が侵入したかと思い、
ふらふらしながら電器蚊取りを寝室のコンセントへ挿し、
しばらく眠ったが、今度は全身が痒くなり、眠っていられない。

アレルギー体質はときどきこうなる。
ひさしくでなかったが、季節の変わり目ってのはタイヘンなのだ。
小一時間ばかりバタバタして眠気が痒みをうわまった。

 16923-a2.jpg

さっきまで遠くが真っ暗だった。
雨も窓へ打ち付けていたが、いつの間にかやんで明るくなった。
基地から練習機の2機編隊が飛んだから、いまからあがるんだ。

今日は隣のセンセへゆかないと薬がない。
はやいとこ、「てんちゃら...........」やっつけて、もとい書き終えてね。
その頃には雨もあがってるはず。

 16923-a1.jpg

昨日はなにかやってたのかな。
思い出すほどのことしてないな。
パソコンデスクにいたことはたしかだけれどね。

あ、そうか。
パトさんの写真を現像して、アルバムつくって、
褒めること褒めて...................

やる気があるんだから、お師匠は褒めるんだ。
必ず、褒めてあげるショットはあるからね。
褒めて伸ばすゥ。

 花の野に寄り添う人がゐて愉し  ごんべ

そうなんだな。
おなじものを目指して、語り合う。
これは愉しいよ。愉しくするために褒めるゥ。

 16921-p14.jpg 16921-p12.jpg
 16921-p26.jpg 16921-p25.jpg
 ↑ パトさん写真ですゥ☆画像クリックで拡大します

たしか、浜松の市の花って「萩」だったよな。
そう思って確認してみたら、旧市花だった。
合併後は「ミカンの花」らしい。

「萩」は三方原に群生していたという。
いま住んでるのは、その台地の南の端にちかいところ。
オレが、子供のころは、ここから北は原っぱだった。

 大宮人の旅衣 入みだれけむ 萩原の
 昔つばらに たづぬつる
 翁をしのべ 書よまば

これは、旧市歌なのだけれど、作詞は森鷗外。
東海道の要所にあって、
旅人が「入みだれけむ 萩原」だったんだ。

いまの市の木は「松」だけれど、
これは家康を描く小説にはよくでてくる「松籟」につながる。
浜名湖渡りの強い風が松の枝を鳴らす。

この音を聞きながら、艱難辛苦のなかにあった家康が爪を噛むんだ。
そろそろ風が鳴りはじめるよ。
ここへ越してきて、唯一の誤算が空っ風の当たることだったね。

 16921-my27.jpg 16921-my17.jpg

オレは忘れっぽい。
なんで忘れるの? といわれても忘れる。
ググったらADHDっていうのもあるらしい。

子供のときは、もう少し落ち着いたら........... と、
通信簿の連絡欄に書き続けられたしねぇ。
ま、せっかちで、1ヶ所に留まるのは苦手だった。

社会人になっても、サラリーマンが苦手だった。
結婚して、子供ができて、やむをえずサラリーマンになったが、
これはオレじゃないって思ってた。

自由に生きる。
この願望の底には、そういう自分がいたのかもしれない。
それをいまごろ気付いたんだな。

 16921-my39.jpg

物事ころっと忘れるクセは、たしかにあった。
ええからべぇっていやァ、それだが、
若いときからそれだった。

だから、いまはパトさんにすべておまかせ。
憶えておいてよきにはからえ.............
って威張ってちゃいけない。お願いしますゥってね。

彼女は、几帳面だから、ぜんぶメモして管理してくれる。
で、オレは安心して、ええからべぇになりきる。
アハ。ラクチン、ラクチン。

ほんと、若いときから忘れんぼだった。
ダメってわかってるけれど、そういうヤツだったんだな。
これは都会の片隅に棲息していたころのはなし。

夜遅くアパートまで彼女がやってきた。
「どうしたの、なにがあったの、はいる?」
といった途端に踵を返して帰ってしまったのだ。

こっちはなんで怒ってるかわからない。
「あっ!!」
あとを追って駅まで走っていったけれど、ホームには誰もいなかった。

その日が彼女の誕生日だったのだ。
ま、そういうデリカシーがないヤツではないつもりだったが、
すこんッと抜けるんだからしかたがない。

なんかしらん、こういう.........
相手にとって大事なときに限って、ころっと忘れてる。
そりゃァ、怒るよね。

悪かったとは重々思ってるし、心から詫びてる。
が、とくにオレは天の邪鬼だからねぇ。
悪かったってわかっていても、ぐちぐちいわれるとキレる。

結局、その人とは、それで終わってしまった。
買ってあったプレゼントを、ウインドーのなかで、
ちっちゃなクリスマスツリーが点滅してる質屋にもっていった。

で、ネックレスがカウンターの向こうに消えていったよ。
あ、暮れだったんだな。
もう、半世紀もまえのはなし。

さて、センセのところへいってこよ。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4548-2afedd34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

半分くらいが少年のままらしい «  | BLOG TOP |  » 赤い曼珠沙華がキレイだった

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する