topimage

2017-07

いっぺん抜けちゃうとダメ - 2016.09.20 Tue

暗いうちに目覚めた。まだはやい。
バタバタしていたが、眠れそうにないので居間へいった。
4時40分だった。8時間は眠ったからいいか。

そうなのだね。
昨夜は8時過ぎに眠ってしまったからね。
ちかごろ、テレビでなにか見たいとか、そういうのはまったくない。

むかし24時前に寝たことがない、などとエラそうなこといってた。
深夜放送がおもしろくて、寝るのが惜しいといってた。
そんなもん、居眠り妖怪でぃがぜんぶ食っちゃった。アハ。

で、起きてニュースなどみていたのだが、小一時間で眠くなった。
ベッドへ戻って、二度寝したから8時間+1だね。
なんぼ眠るん、おまえ、ってはなし。

 16920-a2.jpg

秋雨前線と連発する台風に足止めされているが、
彼岸花も気になるし.........
こう雨ばかり降っていると、やりきれん。

しかたないから、家のなかうろうろしてる。
パソコンでゲームしてたと思ったら眠ってるし、
これじゃ、ひきこもり状態。

ちょっとイラつく、今日この頃でありますよ。
ま、とにかく台風がいってしまわないと.........
今度は、東海へもきそうだからね。

 16920-a6.jpg
 ↑芽が出たァ

ほらァ。ヒメオウギの芽が出てきたよ。
こういうのが、すごくうれしい。
生きとし生けるものの息吹を感じることがねぇ。

「釣れますか」と聞いてふりかえったら、
海へ突き落とされたっていう。
少年数人の仕業らしい。なにを考えているんだか。

まかり間違えば殺人になる行為なのに、考えが及ばないのだろうか。
どういう教育をしてきたんだろう。
オレたちには信じられないが、ゲーム脳というのがあるそうな。

ちょっとまえのはなしだが、
人間は死んでも生き返るかという質問を小学生高学年にしたところ、
約半数が「生き返る」と答えたそうな。

 「こんな記事」←Click

リセットボタンを押せば生き返るゲーム。
カブトムシが死ねば「明日、買ってあげる」という親。
死ぬということを実感したことのない家庭環境。

大学生が鶏をしめて食べるという実習をするそうな。
われわれは生き物の命を食べている。
それを、あらためて大学生になって実体験するのが現代らしい。

度の過ぎた悪戯が少年法改正の論議になりかけている。
学級崩壊、モンスターペアレンツ。
ま、タイヘンだよな。←そういうしかない。爺ィは....

 16920-a1.jpg

鋳掛け屋という商売があった。
鋳物の鍋などの修理を生業としていたが、包丁なども研ぐし、
鍋取っ手の鋲 ( リベット) の打ち直しなど、よろず直し屋だった。

小路の向こうでガキ仲間のトーちゃんが鋳掛け屋をやってた。
オイらたちは、その作業を感嘆しながらみていた。
物がものの見事に蘇ってゆく。それが、すげぇ....... と思った。

鋳掛け屋のせがれはせがれで、
みんなが驚きの目で父親の手許をみているのが誇らしく、
ちっちゃなダンゴ鼻をひくつかせていったね。

「オイらもトーちゃんみたいな鋳掛け屋になるんだァ」
って、ことさらでなく普通にいったね。
トーちゃんにも、トーちゃんの仕事にも、尊敬の念があったのだ。

蛙を捕まえて皮を剥き、それでザリガニを釣る。
それが残酷だと思わないし、ザリガニは茹でてから煮付けて食べた。
食べるということは命をいただくことと知っていた。

どんな悪戯ガキでも、
お百姓さんの苦労を知ってるから田圃へは入らない。
いたずらの限界を代々のガキ大将が伝えて抑えたのだ。

八幡さまの前を通るときは、
必ず足を停めてぴょこんと頭を下げる。
お稲荷さんの鳥居にしょんべんするな、ちんこ曲がるぞ。

物事の起承転結というか、物の道理というか。
そういうものを親はもちろん、ましてや学校はあたりまえ、
社会全体が教えていったのじゃないかしらん。

なにが欠けてしまったのか。
なにが偏っているのか。よくわからん。
豊なだけがシアワセでないってことは、わかってるけれど.......

 16919-f3.jpg

ちっちゃな 喜びはちっちゃなシアワセなのだけれど、
なかなかこれを感じられないもの。
それを普通だと感じて、見逃しているかも知れない。

どこかでハンデを背負わないと、
ほんとには理解できないものかもしれないのだねぇ。
独りに慣れていたはずのオレが、独りになったとき、そうつくづく思った。

苦労かけてしまった亡き人への悔いでもある。
いまもパートナーに、その「思い」を充分にかけているかと、
ときおり自分に問い詰めねば、忘れてしまいがち。

人は喉元過ぎればなんとやら...........
人は忘れるから人でもあるらしい。
なにやらわけわからんこと、いってるねぇ。ま、いいや。

人には四苦+八苦、合わせて百八の煩悩があるという。
あ、いつだったか、計算があわないっていわれた。
これはカケ算。4x9=36と8x9=72で108っていう。

いくつになっても、いつまでも、この身につきまとうんだ。
残念ながら、人間は死ぬまで煩悩とたたかう生きものらしいね。
だから、それほど清らかである必要もないとは思う。

煩悩にまみれたままでもいいではないか。
そのうち、物理的にムリになる。
ま,いうなれば、どうせ強がりだからねぇ。

あのな,おまえ。
強がりいっても、なんとかの冷や水だからな。
と、思い知らされてはいるのだよ。ときどきね。

ムリしちゃいけない。
はい、はい、もう冷や水は飲みません、
って思うだけは思う。

釣り好き2代目の父親は、たしか85歳まで1人で釣りにいった。
それから88歳まではオレが連れていった。
4代目婿殿が小型船舶免許をとったから、釣りにゆこうという。

オレねぇ。まったく、その気がない。
「あの、おとーさんがどうして?」といわれてもねぇ。
なにが「あの」かは知らないけれど、使い果たしたんだな。

オレのもってた狩猟本能をね。
釣りってのはね。魚との知恵比べがまずあって、
その魚を上手に調理して食べるって喜びが、半分くらいはある。

8年余のひとりめし食ってたら、なんか、抜けたんだな。
いっぺん抜けちゃうとダメなんだな。
あれだけやっちゃったから、もう、いいんでないかって..........

でも、食いたい気持ちはちょっと残ってるゥ。
ハゼ釣りくらいはいこうかぇ。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4545-c24bd817
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジコマンのπがどんどん小さくなる «  | BLOG TOP |  » これでいいのか、ほんとに?

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する