topimage

2017-04

これでいいのか、ほんとに? - 2016.09.19 Mon

なんか下の道路が空いてない?
今日は祭日ですよ。
あ、そうなのか? お彼岸の中日かァ。

なにいってるんですか。わたしたちの日ですよ。
なにが? え、敬老の日か?
Every day is Sunday.の爺ィさんは暢気なものだねぇ。アハ。

道路が空いている。
ほぼ終日が渋滞の下の交差点がすいすい。
なんかしらんけれど、空も青空が広がってきたし..............

 16919-a1.jpg

天気予報は終日曇りなのだが、前線が南下したのか?
南から青空が広がってきて青空が覗いてる。
ま、そのうち天気予報とおりになるだろうけれどね。

起きたらパトさんいなかった。
珈琲片手にぼけぇぇ.................................. としてたら帰ってきた。
青空はあるけれど、太陽は雲の中なので暑くはない。

デスクの温度計も27.6℃だし、
すぐにシャワーしなくてもいいようだ。
一日ごとの秋を感じる。

 16919-a2.jpg

ロボット掃除機にハナちゃんと愛称がついたらしい。
パトさんがそう呼んでるゥ。
犬みたいにドア閉めておかないとこっちへでてくるんだな。

寝室とその隣のウォーキングクローゼットの2間を、
いったりきたり、約40分かけて動きまわり、
いつの間にかハウス、充電器へ戻って温和しくしてる。

ハナちゃんは、おなじ所を4回たどる設定になってるらしい。
ゴミ室には、けっこう吸い込んでいるので、
ま、働いてはいるんだな。

けっこうおもしろいので、ときどき見にゆく。
クローゼットの隅の方で脱出できなくなって、往ったり来たり。
ハナちゃん、こっちおいで.............. ってペットになってるじゃん。

 16919-a6.jpg

オレねぇ。なぜか酸っぱいものに弱い。
パトさんの料理にはトマトが多いけれど、半分くらいは敬遠する。
ま、なんとか半分はガマンして食べる。

昨日みたいに湯剥きしてシロップにつけて、これならどう?
うん、やっぱり酸っぱい。
わるいけどね。パスしたァ。

熟してしまうとダメなんだな。
青いめの、カリカリッといううちなら食べる。
あ、梅もそうだな。カリカリ梅ならなんとか食べられる。

酸っぱいのがジュルッとでてくると身震いしちゃう。
だから、トマトケチャップってダメだな。
でも、最近はナポリタンを食べるようになったよ。遅ればせながらね。

 16919-r2_20160919090438339.jpg

近所のスーパーに宝籤売り場があるのだが、いつもひっそり。
「出たァ、5億円!!」なんて看板もないし、
売り場のおばはんも無愛想で、個人的には当たる気がしない。

ほかの人は知らないがパトさんも同感で、ここではロトしか買わない。
ま、どうせならと、街中の有名な「また出たぁ!!店」へゆくわけだ。
5億円なんて当たりっこない。けれども買わねば当たらない。

オレたちに、もう5億円は要らんよな。
娘夫婦に2億円もやろうか、っていうだけはいう。
夢だからねぇ。買ったら、それくらいいってもいいだろ。

当選金そのものに税金はかからない。
けれども、これを娘に2億円やるとなると贈与税がかかる。
約4割をもってゆかれる。え? 8.000万円だぜぇ。

そんな。で、どうする?
かといって、もってたってしゃーないし。
なんて、当たってもいないのに、余計な心配だァな。でへぇ。

 16919-a3.jpg
 
例の通販の件だけれど、
あれはネット詐欺で間違いないと思われる。
問い合わせに対して、5日間、リメールはない。

もちろん、送金はしてはいない。
実に、巧妙に作られたサイトではあったが、
支払いのところで、どこをClickしても反応がないのが特徴。

これでメールがきて、振り込みへ誘導する。
このメールが指定してくる口座は個人名であって、
サイト名とは一致しない。

で、騙られた側のサイトに通報はしておいたが、こっちも反応なし。
なんらかの対応をしたのかが問われるはずなのに?
ま、被害はなかったが、君子危うきに近寄らずだねぇ。

どうしても欲しかった、あの物品に目がくらんで、
オレとしたことが................ みなさまもご注意くだされぇ。
ネットの海には魑魅魍魎が潜んでおりまするゥ。

 16917-f2.jpg

浜松には、日本三大砂丘のひとつの中田島砂丘がある。
去年、パトさんを連れて久しぶりにいったのだが、
砂丘は痩せてしまって、昔日を知るものには切ないばかり。

それでも、海が見える所まで歩いたら、かなりへたばって、
まだまだ砂丘のスケールは健在ではあった。
ま、これはオレの側に問題ありかもしれないが.........

だいたい遠足っていうと、「また、中田島ァ」だった。
隣の米津海岸かどっちかで、砂丘の起伏の大きさは記憶がある。
往時よりも海岸線は200mあまりも後退しているらしい。

砂丘のスケールもかなり縮小した。
原因は、はっきりしている。が、なぜか誰もいわない。
そんなもん、大河天竜川が砂礫を吐かなくなったからにほかならない。

 16919-n1.jpg

いくつかのダムによって堰き止められ、供給のバランスが崩れたのだ。
砂浜が痩せてゆくのは当然といえば当然。
下流部には、佐久間をはじめ、秋葉、船明の3つのダムがある。

佐久間ダムは昭和30年代初めの完成だった記憶している。
以来、半世紀をすぎて、ダムは海に流すべき砂礫を抱え込んで、
川底が上がり貯水量にも影響しているが、原因は誰もなにもいわない。

ある先輩がそれをいい続けた。
そして疎んじられた。
そして公の物言える場所から外された。これが現実。

で、ダム底に溜まった砂礫はどうしたか。
当初は堰堤からなんのことはない、上流へサンドポンプで運び、
これは永遠に続けるのかと思われた。

次に最下流の堰堤下に積んで、出水時の自然流下を試みた。
この砂礫の供給があれば浸食が減るかと思われたが、
直後に、釣り人が浜の異変を感じとった。

それまで硬かった波打ち際の砂が、
足首が埋めれるほどの柔らかさになったのだ。
ダム湖の底に溜まった細かい砂ではないかと、釣り人は推察した。

結果としては、この粒子の細かい砂は渚に定着しなかった。
沖合に流れて幾重もの沖瀬となった。
本来、遠浅だったが、沖瀬はひとつだった。

で、魚の付き場所は変わり釣れなくなった。
釣り人だから知り得た海岸線の変化だったけれど、
先輩をのぞいては、誰もこれを指摘する人はいなかった。

つまり、この国では、想定外のことは考えない........ のだ。
原発だけじゃないのだよ。
50年先、100年先に起こるかも知れないことには、誰も知らんぷり。

オレが歯ぎしりするほど悔しいのは、
この急流を遡った野性味溢れる「天竜鮎」が消滅したこと。
こんなこと、ダム立案者たちの頭のどこにもなかったにちがいない。

あの、解禁後の両岸を埋め尽くした釣り人の姿はない。
粒子の細かい砂が川底の石を覆って、鮎の食べるケイ藻がつかない。
かくして天竜川の鮎はいなくなった。

連綿と続いてきた生き物を滅ぼす権利が誰にあろうか。
ダムによっても、かけがえのないものを失ってきたのだ。
便利さとひきかえに、幾多のかけがえのない自然を失ってきた。

誰も止められなかった。
いや、主張する人はいたけれど、異端者扱いだった。
不肖ごんべも、その1人だったから.........

便利な生活をやめられない。
やめるには、人々はどっぷりと浸かり過ぎている。
ふゥ。

溜息しかない。
鮎シーズン真っ直中の7月に人っ子ひとりいない天竜川をわたって、
不覚にも涙を落とした。情けないではないか。

そのうち誰も訴えなくなる。
忘れ去られてしまう。これでいいのか、ほんとに?
ほなあした..............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています       
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4544-d34df685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

いっぺん抜けちゃうとダメ «  | BLOG TOP |  » 求めなくて、それは訪れない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する