topimage

2017-06

ロマンほどに厄介なものはない - 2016.08.24 Wed

迷走台風9号はあのまま停滞しているようだ。
晴れたり、曇ったり、いそがしい空だ。
空気はべたべたしていて、湿度は84%だからねぇ。

雲が出ては流れてゆき、めまぐるしく空模様がかわる。
窓からの風がはいったり、やんだり。
昨日の午後は雨の予報だったが、降らなかった。

パトさんは朝散歩をやや躊躇ってからでていった。
「ごゆっくり、どうぞ...........」と送り出して、朝フォトを撮る。
塒をでて餌場へいそぐカラスを追う。

16824-s1.jpg

「マリオってなに?」
そうパトさんに聞かれたから、「ゲームのキャラだよ」って、
「ふーん」とわけわかめな人にはムリだよな。

「で、安倍さんがそれになったわけ?」
「そう.........」
「脱ぐのがはやすぎて、なにがなんだか..........」

そういうことだよなァ。
安倍さんってせっかちなんだろうか?
オレみたいに.........

ご飯食べながらのわが家の会話だけれどねぇ。
リオでのTOKYOプレゼンはおおむね好評なんだな。
おとなりの国がやたらと悔しがってるらしいけれど、どうして??

16824-b1.jpg

お昼になって「冷やし中華」が食べたくなって、
「ゆくかえ?」
むろん、いやというわけもない。

ちかくのピ○ゴに去年まであった「すがきや」がなくなった。
ま、東海地方の気軽にランチっていえば「すがきや」なわけで、
たまには食べたいって禁断症状が出るのよ。

で、車で15分くらい、セー○ーまで走った。
オレはオーソドックスに冷やし中華、パトさんは辛いヤツ。
美味かったねぇ。

で、ついでだからフードコーナーへゆく。
そのむかし、おひとりさまごんべは、ここメインで生きてたからね。
ちょっと大袈裟だが、どこになにがあるかは熟知している。

「あなたの好きなもの買えば.............」というから、そうさせてもらった。
で、夕餉はオイらが「おひとりさまええからべぇ料理」やってたときの、
「冷凍食品ひと手加え炒飯」にしてもらった。

16824-r4_20160824090208a9b.jpg

なんかやたらとカギカッコが多いけれどねぇ。
ま、たまには、これも美味いんだな。
日本の冷凍食品は世界でも一級品だもの。

爺ィ婆ァになったら手抜きすべし。
隣の席で、もっと先輩が仲よく天丼食べていて、
失礼ながら、いたわり合いが微笑ましかったのだよ。

16824-w1.jpg

いまは亡き、立川談志師匠の語録に、
「おんなってぇのは、もともと強いんだ。
 だから、ことさら優しくするこたァない」てのがある。

彼独特のいいまわしなんだね。
あの人の毒舌の根底には優しさがひそんでいた。
爆門の太田氏がそれをめざすのかと思ったら、単なる変わりもんだってさ。

一方では「優しくなければ 生きていく資格がない」といった人もある。
ずいぶん、むかし、角川書店のCMに使われたのだが、
レイモンド・ チャンドラーというハードボイルド作家がいったそうな。

オレはフェミニストだから、基本的に女性には優しく接する。
男なんて、いくつになっても子供みたいなものだけれど、
男を男とも思わぬように扱う女性は好きではない。

加えて、優しいだけの男も、好きではないし、
優しいだけの女性も男をダメにするかもしれない。
ま、ひっちゃかめっちゃかなりかけが、味があっていんじゃないか。

 元始、女性は実に太陽であった。
 真心の人であった。
 今、女性は月である。

 他によって生き、
 他の光によって輝き、
 病人のような蒼白い顔の月である。

「とと姉ちゃん」にも登場した平塚雷鳥さんの言葉だ。
いまの時代、女性はすくなくとも月ではない。
かといって太陽でも???

16824-w2.jpg

オレはもともと聴覚障害すれすれの難聴だし、
耳の中には、抗生物質飲んで以来半世紀もずっとセミが住み着いてる。
ジーン、ジーン、耳鳴りも長年付き合ってるといつしか慣れる。

ただ、この夏はこういうことがあった。
「セミが鳴いてるねぇ」とパトさんがいうのだけれど、
オレの耳のなかの鳴き声と同調してしまって聞こえてはいない。

ストマイの難聴ってのはある周波数だけ聞き難いのだ。
ただし、これも慣れなんだねぇ。日常的には困ることもない。
ふん、ふん、へぇぇ、ほうほう........ と聞こえたふりしてればいい。

どーしても大切なところは聞き直せばいいわけだし、
怪訝な素振りを察すればパトさんが通訳してくれるからね。
それほど不自由だと思ったことはないのだ。

阿吽の呼吸という。
ま、四六時中傍にいれば通じるようになるものだわいな。
昨夜、テレビ観ていて足をトントンとやったら............

パトさんが、なにもいわずに靴下脱がせてくれた。
あ、オレは指先が痒かっただけだがねぇ。
まだ、ちょっとだけ年数が足りないかもしれぬ。アハ。

 人はおおむね自分で思うほどには、
 幸福でも不幸でもない。

 肝心なのは望んだり生きたりすることに、
 飽きないことだ。

かのロマン・ロランさんがこういった。
うん。たしかに...........
生きる喜びはなにものにも代えがたいシアワセではないか。

起業家が、身を粉にして働く。
それはもしかすると、余所の企業に働いていたら、
かなりの賃金になる時間かもしれない。

いま得るものより多いかもしれないのだ。
ではなんのために?
やり甲斐だという。心の充実だという。

オレも起業したときは給料もだせない会社に、夜遅くまでいながらも、
イヤだと思ったことは一度もなかったし、
なんかオンボロビルの一室がバラ色に輝いていたからねぇ。

気のもちようだけではオマンマは食べられないが、
生きる喜びはいっぱい感じられる。
ま、ここんとこの裁量がむつかしいよねぇ。

夢を食って生きてられるのは、想像上の獏だけだからね。
実際には、現実と夢現の狭間をうろうろ。
ロマンほどに厄介なものはない。

蒸すなァ。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4517-c87e45e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

とんでもない世界を創りあげていった «  | BLOG TOP |  » 考え直すとはいわないのか

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する