topimage

2017-10

こんがりバリッ浜松餃子 - 2016.08.05 Fri

アツい。いいたかァないけれどアツい。
さっきまでカーテンが揺れてたが、いま、そよともしない。
デスクの温度計は29.8℃。

今日はねぇ。快晴、雲がない。
昨日までの不安定な空模様は解消だっていう。
コンクリートジャングルのどこかでセミの声がする。

1685-a1.jpg

午後、娘が仕事の帰りに餃子を届けてくれた。
月初めだけ仕事にいってるのだが、近所に「浜松餃子」の店がある。
このまえ、頼んでおいたのだ。

いわゆる浜松餃子は、3年間の販売実績があって、
餃子学会なるものへ申請すれば名乗っていいわけで、
市内に300店あまりがあるんだね。

だから、おおむねはキャベツと豚肉で、あとの味は店それぞれ。
だから、贔屓はその人の好みなんだ。
うちは、中区高町の松屋の餃子にハマッてる。

ここは持ち帰り専門店なので、自分で焼かなければいけない。
蒸し4分、焼き2分、と、まァ、簡単にいうけれど、
皮が薄いので、上手にやらないと破れちゃう。

1685-r2.jpg

「うわァ。くっついたァ...........」
と台所からパトさんの悲鳴が聞こえた。
彼女は、餃子焼くのが3回目。前回はうまく焼けたのに.........

破れてはいなかった。
「大丈夫、ひっくり返して......」
こんがり、バリッ、上手に焼けたよ。

「多いかもしれないねぇ」なんていったくせに、
「あら、食べちゃったわねぇ」
20コ、ペロリと食べてしまった。アハ。

うまかった。
ここの餃子はにんにくの刺激の案配がとてもいい。
またすぐ食べたくなるのが不思議だね。

1685-a2.jpg

このごろ、パトさんの胃炎が出ないんだ。
昨夜も餃子を腹いっぱい食べたけれど、別に、胃炎は起きなかった。
これがストレスだとすれば、オレが優しいんだな、きっと。

「ケンカしないもんね」
「そうだな.........」
擦り合わせ要件がなくなってきたからケンカはしない。

 あの人はわがままだと思うのは、
 きみの中にもわがままさがあるからだ。

 あの人はずるいと言えるのは、
 きみにもずるい一面があるからだ。

カナダのロビン・シャーマという人の言葉。
人の振り見て、己を知れってことだ。
で、知ったらどーする?

その轍を踏まないことだ。それが分別ってもの。
だなんて、エラそうなこといたって、
なんだかんだめんどくさいのが、人ってもの。

1685-a3.jpg

なんでケンカするの? といわれた。
腹なんかへおいといて、仮面かぶって、上手にイナしてゆく。
そんな芸当ができない2人だから.........

すくなくても、野生児ごんべにゃムリだ。
腹んなかのもやもやは溜めずに吐き出してしまう。
ここまで、そうしてきたから、いまさら..............

いいたいことはいえばいい。
いっときのケンカになったって、たとえば自分に非のあるケンカなら、
素直に謝っておわりりにすればイイのだ。

意地張っちゃいかん。
ごめん、っていうことだ。双方ともにね。
ま、そういうケンカができるってことはだよ............

相方がエライんだ。たぶん。
オレなんか。
威張った挙げ句に、ごめんって云ってるだけ。

1684-f6.jpg

9年前の夏、おひとりさまになって5ヶ月のとき。
この「てんちゃら...........」でこんなこと書いてた。
いま読むとね。あのころのオレがいじらしくなるんだなァ。

 フィレカツで缶ビール飲んだ。
 ちょいと1本のつもりが、空き缶3本転がってたよ。
 ほろっとしたら、なんかしらんけど、腹の底から笑えてきた。

 1人で大笑いしたね。
 なんだよ。ごんべよ。おまえらしくもないぜ。
 笑っているうちに、もやもやが吹っ切れてとんでったね。

 おまえさ、ざまーないね。まるで道化だぜ、ピエロだぜ。
 1人でじたばたしてさ、自分からハマッてさ。
 もっと逞しく世間わたってきただろ。プライドどうしたんだ?

 ほろ酔いで、窓の外にに出てさ、うわァ、と叫びたくたくなった。
 が、20時まわっていたのでやめといた。事件になってしまう。
 遺影のまえにいって、ごめんな、とだけいって戻ってきた。

 笑って、笑って、腹抱えて、腹痛くなるほど笑って。
 もう一度、遺影の顔覗くと、
 「そうだよ、頑張れ、頑張れ、あなたらしくもないよ」

 オレ、久しぶりのビールで酔ったのかな?
 そう、思った途端に、
 今度は、大粒なやつ、ぽろぽろ床に落とす泣き上戸になった。

そうだったんだよな。
あの頃のオレを抱きしめてやりたいほどいじらしくなるゥ。
ドタバタしてたねぇ。

いまのオレ、あのころからのオレから逃げている部分がある。
けっして忘れてはいないけれど、忘れようとしている部分がある。
いま、心をからっぽにして、どてぇ..........

そうしていられるのは、誰のおかげだって.............
忘れちゃいけないねぇ。
ありがとうね。

でねぇ。いま思うとヘタなやっつけ料理だけれど、
あれつくって、食べてるオレがいじらしくて、いじらしくて、
と、泣いてくれたのがパトさんなんだけれどねぇ。

縁 (えにし) の糸が、そうして生まれた。
どこに、その端っこがあるか、わからんもんだねぇ。
たまたま、2人でみつけられた。

 怠けていることは喜びかもしれないが重苦しい状態である。
 幸せになるためには何かをしていなくてはならない。

この言葉はインドのガンジーの言葉だから、ちょっと重い。
なにかをしなければならない。
けれども、それはそんなに重くはないようだ。

 若いころは希望の火が赤々と燃えていた。
 歳をとると口火がついているだけで幸せだ。

この言葉を噛みしめたい。
ちっちゃなシアワセであっても、
それを感じられる自分がいちばんシアワセ。

だよな、ごんべよ??
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4498-8b2fea2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ないものねだりはしないが身のため «  | BLOG TOP |  » 夢のなかを彷徨ってきた

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル











ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する