topimage

2017-04

引っ越してきて1年過ぎたァ - 2016.07.15 Fri

風があって、カーテンが浮き上がって、
さっきから顔にかかって、うるさくてしかたがない。
気温は28.2℃だけれど、湿度が70%と爽やかだね。

イイ天気だから、ガーデンパークの向日葵を撮りにゆきたい。
でも、午後から、お盆の送り火のなんとかで、寺へゆかねばならない。
明日は、むかえのセンセの検診だし、来週かな。

昨日の夕方は、雷雨注意報や竜巻注意報がでていた。
大気が不安定だったんだろうね。
夕焼けも、映画 インデペンデンスデイの冒頭みたいな空だった。

夜になったら熱帯夜で、雷もなく、静かにムシムシと更けた。
11時頃ベッドへいったと思うが、
今朝方の涼しさが眠気を誘ったか、7時過ぎまでぐーすかぴー。

どっちみち眠るんだな。
なんかラクチンな性格だねぇ。
アハ。

16715-a2.jpg

午後になるとアツいんだね。
3時頃から暑くなって、うんざりして、やる気も失せて、ぐたっとしてた。
「買い物ゆくよ」っていうからね。オレもゆくかって........

2人ともTシャツ短パンのまんま、むかえのスーパーへ。
スーパーのなかは冷房がんがん。
暑くてどうにもならんときは、これに限る。

「晩はなにが食べたい?」
たまたま弁当売り場にいたので、「これでいい」てね。
夏のおひとりさまレギュラーの「うどん・天丼セット」だな。

16715-r1.jpg

「それじゃ、わたしも......」とパトさんの手抜きが決定。
こういうの、見ると食べたくなるんだな。
もっと手抜きしてもいいよ。これは380円なり。

16715-a1.jpg

さて、15日なんだけれどね。
なんの日かというと、去年の今日、ここへ引っ越してきたんだ。
パトさんは9日にきて、オレが15日。

1周年なんだな。
昨日もパトさんがいうのだ。母が亡くなって慌ただしくて、
ふと気付いたら7月も半ばだったってね。

こうして過ぎてゆくんだ。
1年なんてあっという間だし、いつまで続くかしらないが、
こうして屈託のないことがシアワセとしたら、なにもいうことはない。

 あれほどに、カミさん恋しと泣いたのに??
 という反応のかたも、当然あると思う。
 ま、カミさんはカミさん。オレの心から消えることはない。

 オレにとっては、44年間暮らしたカミさんの存在は、
 なにがあっても消せないものだから、
 あなたの心にはわたしの入る隙間がない、といわれるとオシマイ。

去年のいまごろ、こんなこといてったんだな。
たしかにそうであったけれど、
いま、日常のなかで、そういうことをいうわけではない。

ありがたいことに、オレの心の綾を理解してくれてるから、
あえて触れなくとも、パトさんには通じている。
それがなによりうれしいし、なんか、日々同化してゆくんだ。

つまり、過去と現在と未来が、それほどの違和感なく続いてゆく。
こうしていられることを、
なによりも、パトさんには感謝しなければいけない。

13821-m01_2016071510115904e.jpg

この1年に何度の喧嘩をしただろうか。
するんだね。かなり激しいヤツをねぇ。
それまではお互いに1人だから、自分が納得すればいいわけで..........

それが、思惑が異なると妥協に至るまでに噴き出すものがある。
だから長くは続かない。すぐに経緯を考え直して謝る。
オレ、それを「擦り合わせ」といってる。

 責任というと大袈裟だし、愛というとこそばゆい。
 ま、ありのまま、がいいと思うのだね。
 ともに、ゆったり、まったり、暮らしてゆくために。

 男としては、すこぶる快適。
 なんにもしなくてイイ、これはたまらなくイイ。
 8年間もやってきたことが、10日間で霧散したァ。

たまにはやってみたら? と台所から声がかかるけれど、
梃子でも動かねぇ。重機もってきても、たぶん、動かねぇ。
もともと、こういうモノグサだもの。

元に戻るのに多くの日数は要らないね。
3日あればいい。
もう、オレがやるようなことがあってはならない。絶対にィ。

13821-m02_2016071510120034c.jpg

親友ごんたクンがいってくれた言葉がうれしかった。
「1人より2人が絶対にいいからね」
ほんとに、そうなんだよなァ。

 一人だけではどーにもならないもの。
 二人だったらなんとかなるもの。
 これからの人世で二人が支えあえるもの。

 人世は慈しみをもって共に暮らす人が必要なのだよね、やっぱり。
 オレは8年間一人で暮らしてきて、
 カミさんへの思慕をもちながらも、そう思ってきた。

どんなに思いを募らせても、どうにもならない。
どんなに手を差し延べたって、この手は宙をつかむだけだった。
人は支えがいるものだよ。やっぱり。

 同床異夢とは、
 同じ布団で寝ていても同じ夢は見られないことです。
 愛の情熱は三年位しか続きません。
 夫婦は苦楽を共にして愛情を持ち続けるのです。

瀬戸内寂聴さんがこういうのだけれど、
2人いっしょに暮らしていれば、
同じ思いを描き続けることはできるのだ。

ほとんどの人が、それがシアワセだって知っている。
それでいい。
欲をかかなくっていい。

13821-m08_20160715101202fb6.jpg

この1年間に不肖ごんべがすべきこと。
オレが優先してしなければいけないと思っていたこと。
それは、このことだった。

 最後までこだわったのは、
 周囲に祝福されなければいけないってこと。
 が、これも一人娘を含めて、呆気ないほどすんなりといった。

 パートナーはずっと独身できた人だけれど、
 姉妹にも祝福を受けて、ごんべの許へきてくれて、
 無理こじしたところがまったくないってのも、うれしいこと。

ことは不祝儀であったけれど、この半年で兄妹たちが集まることが、
何度かあって、パトさんの人柄もあるけれど、
彼女なりのポジションができたことがうれしいのだねぇ。

パトさんの友達や姉さん、姪御さんも、来てくださった。
祝福してくださった。
そういう思惑をひとつずつ成し遂げていった。

それから、娘との絆も逢うごとに深まってゆくし、
先日のレストランでの食事にしても、
愉しかったとのメールをもらって、親バカちゃんりん喜んでる。

先日の「てんちゃら......」をやめようかと思ったのも、
あえて、いまの心境などを、こういう場へ書き続けることに、
ふと疑問をもったからなんだね。

読者の方々は、なにをもとめてきてくださるのか。
それにあまえて、愚にもつかない戯言を並べていていいのかと、
なんか心が揺らいだのだ。

ま、アクセス数がここのところ下降気味にあるので、
そのうち自然消滅できるかな、とは思っている。
このさきに波乱が起きそうにもないし、ぬるま湯のブログに価値はなし。

そりゃま、身の丈ってものはあるけれど、
幸いにも、ちょっとだけゆったりできそうなスタートが切れたし、
1年経ってもそれが維持できてるのが、なによりのシアワセ。

ねぇ。
おもしろくないよ。こんなブログ。
どうする??

てなことで、とりあえずは、
ほなあした...................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4477-11f323c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

信じるか、信じないか? «  | BLOG TOP |  » 思い出で味付けされたご馳走に勝る味はない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する