topimage

2017-06

そう、自分が愉しけりゃいい - 2016.07.11 Mon

爽やかな朝だ。薄雲の空だが青いところとハーフハーフ。
選挙速報もあまり興味がなくなって、
大勢が知れたところで眠ってしまった。ま、こんなもんで.........

お、涼しい風が窓から入ってくるよ。
デスクで26.7℃、日中は31℃の予報だけれどね。
梅雨明けはまだァ??

16711-a4.jpg

「ふたなのか」も終わって、選挙が終わって、
明日は「お盆」で、またお寺さんがくるわけで、
いつもの、のんべんだらりんもしてられないから、忙しない。

あっという間に月半ばだものね。
ま、怠けもんのオレとしては、こういう慌ただしいのは、
当然ながら好きじゃない。

のほほんとしてるうちに、あれぇま、こんなに日が過ぎちゃったァ。
っていうマイペースなのがいいよな。
ほんと.............

16711-a6.jpg

法事の日に、久しぶりに姪が三人揃って、そのなかに、
ブルー・インパルスの好きな子がいて、
おぢさんの写真見たいっていうから、書斎で見せてあげた。

そうしたら「おぢさん、写真うまいねぇ」と1人がいい、
もう1人が「元プロじゃなかったっけ」という。
ま、彼女たちが子供のときのはなし。

そりゃァま、零細ボンビーぎりぎり出版社のころはねぇ。
プロカメラマンをお願いする予算がなければ,自分で撮ったのだ。
そういうの、なんとなくこなしてはきたんだな。

自分でページをイメージしてレイアウトする。
それに添った写真であればいいわけだから、たいしたもんじゃなくていい。
ま、プロといえるかどうかってレベル。

リタイアしてからは、
なんとなく、いわゆるアマチュア写真ってのを撮り始めた。
Webの編集がくっついてくるから愉しいしね。

なんだ。いままでの仕事の延長か、と思わんでもないが、
好きなんだよね。
やってて愉しいんだから、いいんだ。

1494-zoo12.jpg

オレが仕事で写真撮ったのは、予算ないからしゃーないカメラマン。
ま、頁の文字数調整に使う写真撮るくらいなもの。
そんなに評価するほどのものじゃない。

ところが、プロの写真には需要という評価がある。
クライアントの意に添う写真撮らなければ、次の依頼はない。
そういうもんだよね。

このまえ加納典明氏が例の加藤紗里さんの写真集撮った。
売れたかどうかは知らないが、あの人はリアルに撮る人だから、
アンチ加藤にはさんざんだった、なんてはなしはどーでもいいか。

そのアマチュア写真もひと時代まえには、
なんか線引きはあったような気がする。
デジタルカメラが、そういう秩序をぜんぶ破壊したかもしれない。

つまりは、キャリアが写真の評価に現れたものだから、
そこに「講釈」というキャリアの差を具現するものがあったのだ。
いまは、そういう知識は要らない、というほどのメカの時代。

そりゃもうデジタルの世界は、どこまでいっちゃうかわからない。
レンズ一体型の超高倍率カメラが18万円するんだからね。
なにを意味するか、オレはわからなかった。

カタログの詳細を読んでいくと、こんなモノ必要か?? と思った。
そこにはプロがキャリアを積んで描いてゆく世界がある。
メカを理解すればそれが撮れる。

どこかへいっちゃうね、写真の表現がねぇ。
ま、いいや。オレはそこまでは........
そう思ったけれど、ちょっとはやってみたい。

1494-zoo18.jpg

いまは所詮ブログに表示するくらいの写真だから、
毎日の暇つぶしができればいいくらいのもの。
ただし、好奇心は未だ旺盛。これを失っちゃいけない。

次は500mmの超望遠レンズを買うんだって頑張ってるゥ。
物欲の嵐かもしれないが、蝶や鳥を撮りたい。
そういう意欲を維持するための10万なんぼは安いもんだってぇ。

ただし、アマチュアって世界へはあまり深入りはしたくない。
オレが愉しければいいだろ? ってね。
いまはやめてしまった、某SNSで写真コミュへ参加した。

そうしたら、おまえは井戸の中の蛙だ........... といわれた。
そういう評価だったらそうなんだろう。
別に反論はしなかった。それはそれでいいんだ。

アマチュアにとっての外の世界ってなんなのだ?
よくわからん。
わからんものを上段にふりかぶることもない。

だからねぇ。それにおもねることもなかろう。
そう、自分が愉しけりゃいいんだ。
たまに褒めてもらえればいいのじゃないか。

所詮アマチュアだからね。
生き甲斐ってほどのものでもなし。
機材もたいしたもんじゃなしィ.................

1494-zoo20.jpg

オレねぇ、名代のせっかち野郎だから、
三脚据えてじっくり撮るなんてできっこない。
だいいち、おんぼろ三脚は引っ越しで捨ててきた。

むかし、女性のポートレートやったことがある。
その方のその方らしい一瞬を逃すまいと、ちょこまかちょこまか。
仲間に、おまえ落ち着けて、っていわれたことがある。

でも、それは対談などの編集で、プロフィール撮るのに役だった。
たとえば 有名人だと1時間いくらだし、
事後のチェック入るし、それなりに質は求められる。

でね。所詮アマチュア写真なんてものは、
それぞれの感性の違いなんだから、
一人ひとり違うものを一列に並べることはないと思う。

オレにとって三脚据えてっていうのが合わないだけ。
ほかの人がじっくりと撮ってるのを、否定したことはない。
オレとは楽しみ方が違うだけってことだものねぇ。

そうだよ。
アマチュア写真なんてものは、ジコマンでいいのだ。
自分で悦にいってればいいんだ。

それでねぇ。さきほど前項を書きながら思ったのだが、
なんだい、なんだい。
いまのオレって井戸のなかの蛙でぴったしじゃないかってね。

パトさんと2人で、撮ってるだけだもんね。
ま、それでもいいのだ。
でも、500mmはさらなるジコマンのために買うぞ。

1494-zoo16.jpg

10時になったから、のこのこ台所にいって冷蔵庫あけたら、
目の前に水羊羹あって、美味そうだから食べてきた。
アハ、これだもん痩せるわけがない。

余生を愉しく暮らす。
これってシニアの基本なんだと思う。
写真でもなんでも、それは方便であって、なんでもいい。

ま、ここまで使ってきた肉体は、
そりゃァ、もう、経年劣化を起こしてあたりまえ。
いたわりつつ、したいことすりゃいいんだって思ってるゥ。

なんかしようとしたら、物欲がくっついてくるけれど、
いいんだそれでね。したけりゃすればいい。
意欲が湧けばいいんだ、なんて都合のいいこといってるか?

要はメンタルだよね。
昨日も投票所で撮ってきた写真を整理していると、
後ろで内弟子がみていている。

で、ああだこうだいう。
これが愉しいよね。お互いに。
理屈要らないね。これだけあればいい。

ん? 暑くなってきたぞ。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4473-0b474308
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

なにかと親バカちゃんりん «  | BLOG TOP |  » これに甘えてちゃいけない

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する