topimage

2017-04

惜しまれて退くって男の幻想か - 2016.06.16 Thu

5時30分に目覚めて手洗いへゆき、朦朧としながら、
まだ眠れるなと判断して、ドタッとベッドへ。
それから2時間眠ったから、トータル8時間余り。

居眠り動物ごんべは、これだけ眠らないと頭の隅に偏頭痛が遺る。
午後にマウス握ったままで、うとろうとろやってるんだから、
どんだけ眠るんだァ......................... て自分で思う。

夕方、健康診断の問診票を書いていて、パトさんが感心する。
就寝時頻尿のところで、眠ったら朝まで起きないものね、という。
つまり、手洗いに起きない。

頻尿は心臓が発する赤信号らしいから、その点は心配ない。
ま、11時頃からいって、エコー検査や胸部レントゲンをしてくる。
転ばぬ先の検診、大事だと思うよ。

ほーら、この写真、昨日とおなじ場所だけれど、今日は灰色。
9時から雨の予報だよ。
こんな空は鬱陶しいんだねぇ。

16616-a1.jpg

桝添知事が辞任した。タイヘンだな、東京都もね。
あのなかで、自民党議員の追究が手ぬるかったのだが、
どうやら彼らの目は、都議のドンと自民党のほうを向いていたらしい。

安倍総理の「ここで退いておけばあともある」という言葉で、
辞任の決意をしたとあるけれど、一連の動きを見ていると、
参議院選挙が目前にあるとはいえ、所詮はこんなことの繰り返しと感じる。

どなたが、次の知事になるのか。
どなたがなってもタイヘンだろうな、と思う。
いろいろな思惑が首都の空で渦巻いてるんだな。

都知事選に50億円がかかるのだそうな。
知事のせこいカネの使い方で、
これだけのださなくてもいいはずの税金が使われる。たまらんねんぇ。

14617-yu36_2016061509261632f.jpg

物事すべてには、初めがあれば終わりがある。
ま、無常観を語ろうとは思わないが、
なるようにしかならんだろうと、なぜか達観している自分がいる。

8年間のおひとりさま生活で覚えたこと。
自分の感情ちょっと抑えておけば、それでまーるくおさまる。
ならば、それでいいではないかってね。

あのころはテレビのバラエティ番組観てけらけらと笑い、
なるべく他愛のないもの選んで、
独り言いいながら笑い疲れて、ドタッとベッドに倒れ込んで眠った。

うん。これでいいんだ。いまだってそう.......
けらけら笑って頭んなか空っぽにし、自分の精神の均衡とって、
寝るよっていってから5分あればいい。

ときには、パトさんとほかの番組観てるけれど、
「別の観たいから.........」といい、「どうぞ」との言葉は交わすよ。
あの頃ドラマがキライになった。

これからいまも脱しきれないから、奇想天外なストーリーか、
自然がテーマの番組か、とにかくケラケラ笑ってるか。
それで、ドタッと眠れるなら、いいじゃんってことで..........

14617-yu34.jpg

オレがいたギョーカイには、っていうか。
最後に仕事してた会社には定年がなかったから、
必然的に退き際は自分で決めるし、なかには肩叩きらしきものもあった。

あからさまに肩を叩かれてもたまらんから、それを自ら察知して身を退く。
ま、そこは人それぞれの自尊心との兼ね合いだね。
絶頂で リタイア する、あるいは惜しまれて退く、ってカッコイイ。

男のなかでは、そういう思い込みがある。
大橋巨泉氏がそういってセミリタイアし、上岡龍太郎氏が身を退いた。
あれを見て、「いいな。オレも退き際は自分で決めよ........」と思ったのだ。

サラリマーンと違って定年がない。
けれど、自分がそうしようとしたら、それなりの覚悟がいる。
妻の思惑無視のわがままと、それを押し切って納得させる甲斐性とがね。

ぶらさがってまで、いたかァない......... っていうのは、
男の真情としてもっているが、ちょっとだけいうと、
そういうめんどうなもの (?) をクリアしなければいけないからねぇ。

14617-yu20.jpg

いま、若者がサラリーマンで束縛されるのはイヤだと、起業する。
ま、手っ取り早いのはIT関連だが、
これもスキルがあっ、も眠る暇がないくらい忙しいという。

エラそうにいったって、これをまっとうできる人は、ほんの一握り。
なんとしても、人の3倍くらい頑張らねば、そんなことはできない。
いつの時代も、ラクしてオカネは転がりこんではこないのだ。

オレも50歳をちょい超えたところで、ヘッドハンティングに乗り、
その実現に踏み切って、年俸契約に切り換えて、
働きぶりの評価で、いただくものを決めるというシビアな仕事をした。

それがよかったかは、自分でもわからない。
いまになって、オレにしちゃよく頑張ったという実感はあるから、
あれはあれでよかったのだろうと思う。

きっちりと、何十年ものサラリーマン生活を勤め上げての定年退職と、
どっちがどっちなんて、だれも決められはしない。
人生いろいろなんだし、生き様もいろいろ..............

14617-yu14_20160616085003fe1.jpg

と、いって、ここには妻という存在がある。
どんなに亭主がイキがったって、連れ合いの協力がなかったら、
それは実現しないし、いや、してはならないことかもしれないねぇ。

亡き人は、一生懸命に支えてくれた。
で、その支えに報いるために、ごんべ自身も64歳まで働いた。
そして、ご苦労さま、という言葉とともにリタイアした。

さて、ここからは第3の人世としよう。
オレとおまえのな.........
と、3ヶ月に1度くらい旅行した。

もう、愉しいねぇ、頑張ってきてよかったねぇ。
あの人はそういった。
なのに、そのシアワセは1年半しか続かなかった。

しかたがないのだけれど、悔しかった。
失って寂しかったのか。
よくわからんけれど、悔しかったのがいちばんだろう。

これからだよね。
と、始まりかけたオレの恩返しが挫折した。これが悔しかった。
あの人は「ごめんね、ごめんね」と口癖にしていった。

おまえな、それって自分の思いだけではないのか。
失ってからのオレはわけわからずに苦悶した。
お気楽チョーチンだのと、いってる言葉の裏で苦悶していた。

オレの抱え込んだ心の闇を、わかってくれる人はいなかった。
めんどくさいヤツだったんだな。
そんなもん、背負ったヤモメ男なんてねぇ。ま、そりゃァそうだろう。

「あなたの心には私の入る隙間がない」
こういわれたこともある。
むべなるかな。いつまでも前妻ひきずってるヤツだもんな。

パトさんとの縁がはじまったとき、いちばん先にこれをいった。
「いいよ、いっしょに遊ぼう.........」
そんなにありがたい言葉はなかった。

その言葉を聞いて3年になるらしい。
へぇぇ。
そして、この部屋をみつけて1年になるよ。

さて、検診にいってこよ。
ほなあした.............

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4450-91a7e2ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

元気な証拠だと思って許しておくれ «  | BLOG TOP |  » 絆システムの再構築なんだな

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する