topimage

2017-06

ほんとの優しさはここからだ - 2016.06.11 Sat

イイ天気だよ。この書斎から覗く空は航路なんだな。
次々と旅客機が飛んでく。びっくりするほど頻繁にね。
今朝もいく筋かの飛行機雲が西へゆく。

気温は25.9℃だけれど、風がさわやか。
梅雨のさなかとは思えないが、今日の午後から曇りで、
明日は曇り、月曜日は雨の予報。

昨夜の何時頃だったか。
パトさんが呼ぶのでいってみると三日月さん。
ちょうど花王石鹸だった。

16611-a1.jpg

昨日の午後からすることないので、テレビ観ていた。
ベッキーさんがカムバックするらしいし、
海老蔵さんところはタイヘンだし、円楽さんはあやまっちゃうしィ。

でもね。円楽さんの会見は上手だったねぇ。
このまえの文枝師匠とはえらい違いだってパトさんがいう。
あれはホントです、すんませんって、あやまっちゃう。

そうすると、浮気も芸の肥やしになるんかねぇ。
まずはオカミさん次第ってことだな。
ぐちぐちと後をひかないのが、粋ってことかぇ。

あなたも、どこかでモテておいでよ。
って、話しの次いでにいうけれど、
もう、めんどくさいこたァ、ごめんだな。アハ。

1669-ff37.jpg

そういえば、別れるのが野暮な歌舞伎役者がいたねぇ。
で、梨園の妻だって奥方はバッシング多いけれど、なぜ??
でたがりだからか。

どーいいわけしても、あれって二股とちがったんか。
歌舞伎役者の艶事としたらイキではないよなァ。
で、崖っぷちのマエカノはこの街出身だよ。

ま、あんな野暮天くれてやれーな。
なんて、オイらも肩入れしていたけれど、
別れて1年、思いきることでイイ女になるんだな。

 思い切る瀬に切らぬ瀬に
 取る瀬にやる瀬がないわいな

人はロンリーハートにあるとき、
他の人のハートにも敏感になるんだね。
自分のことはともかく、他の人のハートが覗けてしまう。

人の心を知って、おのれの居場所を知り、
泣くだけ泣いたら、ひとかわ剥けるんだな。
ほんとの優しさはここからだ。

1669-ff34.jpg

嬶天下と空っ風ってね。
空っ風といやァ上州名物とされているけれど、
なーに遠州の空っ風もかなりのもんだ。

つらつら考えるに、
強い風がひゅるひゅると、連日のように吹く土地柄で、
ぼそぼそぼそとちっちゃな声で話したって、聞こえやしない。

おーい、元気だかいやァー。
なにィ、もっと大きな声でしゃべらんと、
聞こえやせんが.............てなもんだ。

ま、怒鳴り合うのが遠州弁でございましてぇ。
こういう環境のなかで暮らしていると、
必然的にカカァも強くなりまする。

遠州森の石松たってストーリー知る人はすくなくなったか。
遠州男ってのはあのまんま。
馬鹿は死ななきゃ治らないってやつ。

気っ風のいいふりしたがるくせに泡っくらいのお調子もん。
そのうえ底抜けのお人良しときたら、
カカァがしっかりしてないともちゃしません。

関東圏と関西圏の真ん中にあるから、
意外と進取独立の気風が芽生えるもので、
むかしから、一旗あげてなんてのは日常的にしみこんでいる。

豊田佐吉から本田宗一郎。
世界にはばたく人と企業は後を絶たない。
そのかげでしっかり支えたカミさんの存在が大きいんだねぇ。

オイらも遠州男のはしくれ。
空っ風が育んだ、なにがなんでもやらまいか......... っていう、
この気っ風が大好き。

1669-fp34.jpg

6月11日は「傘の日」なんだと。
これがなんでかというと、暦の上では「入梅」だそうな。
ま、いまんとこ晴れで、日傘がいるけれどね。

紫陽花忌というと、俳人、水原秋桜子の命日の7月17日。
生前に紫陽花が好きだったというので、石原裕次郎さんの命日でもあり、
こちらでも紫陽花忌と呼ぶそうな。

6月24日は美空ひばりさんの命日で「林檎忌」だな。
お葬式の日に、覚王山日泰寺の前を通りかかったら、
門前は凄い人で、車のなかから会釈して通りすぎたのを憶えている。

1669-fp36.jpg

バイトを一生懸命に励んで、給金の袋をあけたのがカメラ屋の店先。
道具一式揃え、風呂場に赤電球ぶら下げて現像した。
増感現像のなんのと、ま、おもしろくはあった。

当時の仲間が2人、その後にプロとなった話しは書いた。
普段は道路工事のバイトだけれど、
ナイショでビニ本現場のアシストやったこともある。

あれはあれで愉しかった。
本気でビニ本屋やろううかと、仲間たちといったこともある。
儲かっていたらしい。

本人は、子供のときに夢見た映画の仕事にいきたかった。
いわゆる五社体制が崩れかかっていて、
若き才能ある人たちが台頭し始めていたからね。

が、映画は次第に斜陽になっていき、
それ関連のバイト先も減ってはいたが、とって変わったのがテレビ。
いわゆるテレビの作家がイイカッコしていた。

うん。時代はこっちだな。
と思いはじめたところで喀血して、療養所へいくという大いなる挫折。
だから、そこでの2年間は、ほんとうに苦悶した。

60歳半ばのころ、
それぞれの夢を語った仲間と会うことになった。
伊豆半島は伊東の温泉宿で再会し、40年ぶりに語り合った。

プロカメラマン、小出版社の社長、 フリーライター、
カメラ屋のおやじ、家電の社長と、
みんな、上手に年齢を重ねて、かっこいい爺ィになっていた。

夢のかなった度合いはそれぞれだが、みんな夢をまっとうしていた。
酔うほどに、仲間たちがいうのには、
ほんとうにいい時代に頑張らせてもらったということ。

自分がなんになりたいかわかっていない、
だから自分探しの時間がほしい。
オレたちの時代は、こんなこといってる暇はなかった。

が、この国が繁栄していく時代に、
その先端を走らせてもらえたことは、
このうえないシアワセではあったと、つくづく思う。

いつの間にか曇ってきたよ。
ほなあした...................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4445-3eed3079
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

オレの脳味噌は容量オーバーか «  | BLOG TOP |  » なんでも捨てちゃう

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する