topimage

2017-11

シャカリキ頑張らなくていいから........ - 2016.06.04 Sat

イイ天気だぞゥ。斉藤さんみたいにいってみた。
昼から曇って夜半には雨みたいだけれどね。
飛行機雲がいく筋か西へ向かう。

なんかしらん、偏頭痛が治らない。
昨日のお昼に、月命日詣りだけはしてきた。
ま、7分くらいで着くからね。

「あなた、えらいね.........」とパトさんがいってくれる。
月命日の墓参りを1回も欠かさない。
うん、それにつきあってくれてありがとう。

いまだって、亡き人への思いはかわらないんだね。
それをサポートしてくれるパトさんには感謝してる。
あそこまでのオレがあって、あそこからこっちのオレがある。

あなたはずーとあなた。
そういう考えしてくれるのが、ありがたい。
ほんとに..............

1664-a2.jpg

「顔が変わってない?」
起き抜けにパトさんがいうのだ。
「なにが?」

姉上に5万円のクリーム、じゃなくて、それのサンプルもらって、
寝るまえにつけたらしいのだ。
女性はいいよねぇ。それで気分がよくなる。

気持ちだけでも肌の張りが戻るんじゃないか。
そういったら、素直に「そうかも」といったけれど、
「じゃァ、買えば......」とは絶対にいわない。

サボタ姫の2016'花茎第1号が伸びてきた。
あと3日くらいで咲くかな。
前の住み処から、これだけはもってきた。

それに応えてくれるのか、去年は二度も花を咲かせた。
亡き人の母親の形見だったから、もう20年は経っているのに、
こうして花を咲かせてくれるのがうれしい。

1663-a3.jpg

ぱつんぱつんのウエストだから尋常ではボタンがハマらない。
ハァーッと息吐いておき、腹引っ込めといてボタンはめる。
だから、ボタン穴が次第に拡張して、しまいには切れる。

写真撮りにいくと、尻はべったり下ろすし、
膝をつくなんてフツーだし、
ときに地面へ転がってるからね。なんでって??

他人がやらないことするんだ。おなじアングルはイヤだね、ってこと。
返ってくると膝や尻に泥がついてる。
あまり気にしない。どうせ、1200円の普段履きだから.......

白髪、白髭、裾の切れたまっしろけジーンズはいて、
せかせか写真撮ってる爺ィさまがいたら、
アハ、それはオレだァ。

16530-ss22.jpg

「てんちゃら......」は長文だけれどね。それがいいやら悪いやら。
ときどき、これくらいにしとくか、ってこともある。
が、行数が少ないと、なんか、読んでくださるかたに申し分けない。

たまには「長くて退屈ゥ」などという、
「いわずもがなコメ」が入ってたりするのだが、
退屈ならさっさとスルーすればいいものを、わざわざコメまで.............

なんてこたァ、思っていたって、いやーしません。
そういうおかたを含めての大事なお客さまでございますゥ。
粗末にしちゃいけません。ハイ。

退屈する文章を書いてる、不肖ごんべが未熟なわけで、
あっちゃこっちゃアンテナはりめぐらせて、
また、明日もきてくださるブログ書かなきゃいけない。

16530-ss31.jpg

長友選手がアモーレにむかって♡マークを送ってるのをみて、
「いいね」ってパトさんがいった。
最近は2人とも出掛けるときにカメラ持つようになった。

いっぱいいっぱい、ゆくところがあって、
じっとしてなんていられないから、
否応なくアクティブごんべになれて、愉しいこと、愉しいこと。

でもね。うちのカップルは、てんでにカメラ被写体探していて、
だいたい、せっかちなオレが先にいって待ってるって構図。
パトさんがいっしょに歩いてるといっしょの写真だからイヤだっていう。

ま、それは向上心の目覚めだから、否定することはない。
見え隠れする距離でてんでに写真撮ってる。
で、しまったァ、と思わせるショット撮ってくれればいうことなし。

どこにでも、シニア・アマカメラマンが大勢いらっしゃる。
どこにでも、先客さんが三脚据えて頑張っている。
オレたち、せかせか、せかせか。

カシャッ、カシャッで、さっさほかへいっちまう。
せっかちはせっかちであるけれど、
写真なんてものは、常日頃から直感だと思っているから、それでいい。

性格的にじっくり三脚据えてなんて、とてもじゃないができない。
それで、案外と人見知りしないので、どなたにも声かけて仲良くなる。
たまには講釈承るけれど、へぇへぇとおうかがいしておく。

蜂がせわしなく花をめぐり、夫婦蝶がひらひらと絡み合い、
その間をごんべとパトさんがせかせか飛びまわり、
たしかに気忙しないカップルだねぇ。

なにげに、カメラ買うから写真撮ってみないか、といった。
そうしたら、これだけノッてきてくれた。
思いがけなくだが、かなりうれしい。

ある日の公園で、シニアのカップルが散歩していた。
手をつないで階段あがっていく。
微笑ましいなァ、と思ったら、ご主人さんの足がご不自由だった。

お二人がベンチで休んでいるまえで、蝶々を追っていると、
「いいですね........」と奥さまに声をかけられた。
ご主人はカメラが趣味だったらしい。

「リハビリがんばって、もう一度写真撮りたいって.........」
ご主人の目がなにかいいたそうだった。
「お二人で撮るんですね」

オレたちのコミュニケーションの手段だな。
シャカリキ頑張らなくていいから、ずっと続けてゆこうな。
帰りの車のなかでそういった。

曇ってきたど。
ほなあした.................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4438-91768305
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大切なものを忘れてはいないだろうか «  | BLOG TOP |  » 夜に手紙を書くなという

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

通販化粧品の口コミ

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

My Blog & site

 

 
 テンプレ/レンタル























ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp



*写真ブログの過去ログ
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

FC2拍手ランキング

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する