topimage

2017-04

でなきゃ結婚なんてしやしない - 2016.06.02 Thu

イイ天気が戻った。デスクで25.1℃。爽やかだね。
多少は疲れていたらしく、9時過ぎに眠くなり、
一気に朝までぐっすりこんこん。眠るのがいちばんだなァ。

お昼から姉上をパトさんが駅まで送ってゆき、
デパートなど2人でめぐり、
「いまから帰るゥ」と電話があったのは夕方。

「うな弁でいいから..............」
夕ご飯はデパ地下の「うなぎ弁当」を買ってきてもらう。
いくら浜松でも、そんなに初中終は食べられない。

16530-g39_201606020815081a9.jpg

ちかごろは、哀しみに目を潤ませることはまったくないが、
年齢高くなると、なぜか涙腺の蛇口が緩むんだ。
めったやたらではないけれど、他愛もないことに感動してうるうる。

人は情の生き物だからね。
感動の涙だったら、誰に憚ることあく流せばいい。
と、いうことは人として、オレ、素直になってきたのかぇ??

涙壺の中身があるうちは、適当にこぼせばいいんだと思う。
泣くってのは、心の洗濯と知ってるよ。
落ちた涙の粒だけ心が洗われるってこともある。

洗われて、洗われて、洗われて、
恍惚の人になってしまってもいいじゃないか。
「バカだねぇ、あんた.......」と笑われたっていいじゃないか。

この心は、自分のものなんだし、わかってる人はわかってる。
よしんば、誰もわかってくれなくても、
そんなもの悲しむこたァない。

もしも、哀しみの涙壺が別にあるならば、この壺は涸れたようだ。
みっともないほどこぼしたもんなァ。
あれほどに後悔の涙をぽたぽた落としたのに..........

いまは淡々。
人間って、つらいことをケロッと忘れて超えてしまう。
けっこう、残酷な面ももっているんだ。

16530-gg36.jpg

むかし、スーフリっていう大学生の婦女暴行事件があったけれど、
また、東大生が似たような破廉恥犯罪を起こしたそうな。
ま、自分の人生棒に振るのは、自分でしたことだからあたりまえ。

その祖父母が、うちの孫はそういうことできる子じゃない。
グループ内にメンタル弱い子がいて、
その子が押されて、あることないこと喋ったんじゃないか。

そういって、ネットで批判を浴びているんだな。
オレも、かなりの違和感を感じる。
ひょっとしたら、こいつらが国を動かすのかもしれなかった。

それは恐ろしいこと。
若気の至りだけではない。
なにか、あいつらのなかにある危険因子を感じるのはオレだけか?

16530-ss34.jpg

言霊、ことだま。言葉には魂が宿るっていう。
地震がくる、地震がくる,地震がくる、といっちゃいけない。
あまりいうと、ほんとうに地震がくるから....... ってね。

神代のむかしから、日本人は言霊に支配されてきた。
征服者が征服したものたちの怨念を畏れ、魂を慰撫してことなきを祈る。
すべてに玉虫色の決着を好むのは、これなのだと。

元寇のとき、実際に最前線を守る幕府は援軍を要求したが、
あわてふためいた公家たちのしたことは、
「敵国降伏」の額を全国の神社に掲げて祈ることだった。

で、「神風」が吹いて敵船が壊滅するのはご承知の通り。
日本人のバックボーンには、これがある。
行い正しくして、神に祈ればことはなるのだ。

ある意味では、
秩序ただしく鷹揚な日本人ってものの一面ではある。
が、いつのまにやら,それが欠如しはじめているらしい。

これは日本人の心の劣化でもある、と思うのだ。
恥を知る、という支えが失くなってしまって、
我利我利亡者ばかりになった。

16530-ss23.jpg

いまはちっちゃなシアワセに包まれている。
それほど、たいしたものじゃない。
パソコンに写真がいっぱいだとか、パトさんが美味いご飯つくったとか。

そんな腹いっぱいのシアワセだ。
ガーデンパーク歩いて、写真いっぱい撮って、
それを2人で夢中で語るだけの、ちっぽけなシアワセ。

戻ってからシャワーを浴び、裸のままで体重計に乗ると、
2kgも落ちてるじゃん................. ってのもシアワセのうち。
たいしたものじゃなくてよかったら、いっぱいある。

「動けば落ちるんだなァ、な、おい.」
そういって振り返ったけれど、
怠けもんの神さん、どこかへ雲隠れしていなかった。

そうだね、ここんとこのごんべは、アクティブだから、
怠けもんの神さんの出番がない。
ま、そのうち仲よくしてやっからさァ。

昨日一日費やして、アルバムが4ページできた。
パトさん呼んで2人で見る。
んで、パトさんの上達がうれしいのも、ちっちゃなシアワセ。

そう、ちっちゃなシアワセ重ねて日々過ぎていけばいい。
なにも、大きな望みはない。
日々のなかにある、これっくらいで充分だ。

 1日だけ幸せでいたいならば、床屋にいけ。

 1週間だけ幸せでいたいなら、車を買え。

 1ヶ月だけ幸せでいたいなら、結婚をしろ。

 1年だけ幸せでいたいなら、家を買え。

 一生幸せでいたいなら正直でいることだ。

これがヨーロッパのことわざ。
中国にゆくと、ちょっと異なって、
次のようになる。

 1時間、幸せになりたかったら
 酒を飲みなさい。

 3日間、幸せになりたかったら
 結婚しなさい。

 8日間、幸せになりたかったら
 豚を殺して食べなさい。

 永遠に、幸せになりたかったら
 釣りを覚えなさい。

ヨーロッパでは結婚してのシアワセが1ヶ月もつけれど、
中国では3ヶ日間というのもおもしろいね。
ま、そんなもんだろうか。

 男はみんな賭博師だ。
 でなきゃ結婚なんてしやしない。

フレデリック・リットという人がこういったそうな。
この言葉噛みしめて今日はおしまい。
ほなあした...........

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4436-f9bf5b44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜に手紙を書くなという «  | BLOG TOP |  » 愛のカタチなんて人の数だけある

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する