topimage

2017-08

ぼけぇぇ........................ としていられるシアワセ - 2016.05.29 Sun

わりと寝付いたのは早かった気がする。一気に朝まで眠った。
窓のカーテン開けたら、イイ天気。
でも、今夜は弱雨の予報。

起き際に、このまえと違う右足が攣りかけた。
いてててぇ.................
痛いんだよねぇ、これ。

検索してみた。運動過多や水分不足などあったが、
下半身の冷えというのが原因の1つだった。これだな。
短パンになるのが早すぎたか。なんだ、やっぱり冷や水かぇ。

てなわけで、長いトレナー穿いてるよ。
鬱陶しいけれどねぇ。
明日は、けっこう歩く予定なので........................

14519-mn03.jpg

昨日の朝、基地からF-15 戦闘機が飛び立っていった。
聞くところによると、サミット警戒のために配置されていたようで、
平和ボケした脳味噌がなるほどと納得した。

原爆投下が戦争を終わらせた。
だからオバマは謝罪してはならない。日本が真珠湾攻撃を謝罪したか。
米軍の大義名分である。

2発の原爆が一般市民を大量虐殺した。
加えて、生き残った人やその子孫にまで後遺症被害をもたらせた。
これは何代にもわたる無差別攻撃ではないのか。

戦後に育ったわれわれは、アメリカ文明に歓喜した。
狡猾にまるめこまれてきたのかもしれない。
心のなかに、ちっちゃなわだかまりがある。

14519-mn09_201605290851590ed.jpg

たとえば、おなじように人世に戸惑っている人がいても、
そっと見守ってあげたり、一緒に振り返ってあげることはできる。
けれども、それ以上は踏み込んではいくことはできない。

傷心だからこそ、デリカシーの壁はある。
ここが肝心なのだ。
静かに見守ることで、その共鳴の余韻を消さずにいけたら、それでいい。

踏み込みすぎると、ときに不協和音になりかねない。
触れあえそうで、すれ違った人が何人かある。
不協和音には、非情になってもいい。

なぜならば、おのれのハートがいちばん大切だからだ。
それを守るのは、なによりも最優先していい。
そっと逃げる。それ以上は触れあわずに、そっと逃げる。

逃げるが勝ちってこともある。
黙ってりゃ通過していく。
自分が平穏な心を取り戻せればいい。

以前、こう書いている。
久しぶりにランキングへいった。景色がだいぶ変わっていた。
戻ることはないな。そう思った。

14519-mn29.jpg

午後になって眠くってね。
何度も、何度も、マウスもったまま眠ってた。
「ベッドで寝てきたら...........」

通りかかって、項垂れてるのをみつけたパトさんがいう。
うん。ベッドへ転がった。眠れない。
起きだしてきて、またパソコンデスクで居眠りこく。

眠ったという境目の意識がない。
いつの間にか眠ってる。これがすこぶるイイ。
実に非生産的日常だからいいのだ。

居間へいったら、パトさんがゲームの途中で眠ってる。
見てたら、目覚めた。
「よだれ..........」とウソいったら、慌てて口を拭った。

こんな日常でいいんだよな。
あっという間に今年が終わるよ。
来年もこんなでイイ。

14519-mn30_20160529085202413.jpg

まだ、現役バリバリの頃に、
ほんとのところは知らないが、映画で観て脳裏に焼き付いた光景がある。
西欧の老人たちが、軒下の椅子に座り、ぼけぇぇ、と遠くを眺めている姿だね。

そうして、何時間も何時間もぼけぇぇ.............. としているらしい。
海外旅行への興味はまったくないけれど、
たった1ヶ所だけいってみたい場所があるんだね。

映画「バクダッドカフェ」の舞台になった、
砂漠のまんなかのあの店は、いまでもあるのだろうか。
あそこのルーディのチャック・バランスが座った窓際で、ぼけぇぇ.........

Root66を行き交う車を、1時間でいいから見ていたい。
もちろん、頭のなかには、
I'm calling you♪が流れているんだな。



およそ、日本人はこうした時間の過ごし方をしない民族だった。
ま、ちかごろはそうでもなさそうだが、
老人ですら、せかせかと、どこへいくやら歩いてたからね。

それが元気の証しだって迷信があったのかもしれない。
ましてや、ちかごろは体を動かすことが美徳であるという風潮すらある。
やれメタポだとか、大きなお世話だっつーの。

その言葉のうしろに、製薬会社の影がちらちら見えるんだ。
だから、この国で終日遠くをぼんやりと眺めていたら、
恍惚老人扱いを受けかねなかった。

オレは、このぼけぇぇ.......... を早くやりたくてしかたなかった。
だから念願かなったいま、しばしば、ぼけぇぇ....................... をやる。
頭んなかからっぽにして、空ゆく雲を眺めている。

終日というわけにはいかないが、小一時間そうしている。
するとねぇ。少年の日に回帰するのだ。
草いきれのなかに寝転がり、空行く雲を見上げていたあの頃に戻るのだ。

満天の星に包まれて宇宙の果てに思いを巡らせた、あの頃にである。
夢が沸いては消え、消えては沸いてきた。
とくに、ごん少年は妄想のなかを、毎日彷徨っていた。

男はいつでも子供の頃に戻りたがる。
誰がいった言葉かは忘れたが、
ちかごろ、とくにその思いが強くなった気がする。

「あなたってシアワセだね」とパトさんがいった。
ぼけぇぇ................................. としていられるシアワセを、
やっと彼女も知ったようだ。ただ、いまは忙しすぎるね。

そして、若山牧水がいったように、
なぜみんなそんなにオレを見ているのだ??
といっておさらばしたい。

さてと、どこいくんだっけ?? おーい。
ほなあした........................................

20chaplin_20131128081945c5b.gifゆぁ・はっぴー?
 
コメントをどうぞ!!
朝フォトのまとめ
ひとりごとです
パトさんのごはんブログ

パトさんの写真ブログ

*ごんべの「写真ホームページ」です
 

お暇なときにどうぞ !!
←文中の5行詩と駄句を収載しています      
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://10pora.blog70.fc2.com/tb.php/4432-3634de6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

峠の狐に抓まれたはなし «  | BLOG TOP |  » しばらくマグロ三昧だな

Pictlayer

写真は画像クリックで拡大
オリジナルサイズでどうぞ


ADMIN

It is when now?

ブログパーツ時計

でじかめ倶楽部

新規メンバー募集中

メールフォーム

 管理人への連絡はこちら
 要返信はメアドご記入下さい

 

twitter

 Twitterボタン
Twitterブログパーツ

写真アルバムへゆく

*アルバムを観る
 

Counter

  total
  today
  yesterday

ただいまのお客様は

Other

 

 
 テンプレ/レンタル









ご訪問に感謝!!

プロフィール

ごんべ

Author:ごんべ
またの名をGombessaとも
ただ単に ごんべとも称する

すべての更新情報

 
 ごんべのWeb siteすべて
 の更新情報はこちらです

LINK



 

 

 ♪ネットラジオ

 radiko.jp


*自分史エッセィ
 
*写真のブログ
 
*写真ブログの過去ログ
 
*飛行機写真だけのブログ
 
*フィッシング サイト
 

*自然を愛するカメラマン
 

 

プルダウンリスト

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する